年収が前年比25%と大幅に減った!年収が下がったときの対策とは?

photo credit: Daniel Neagu via photopin cc

ジンです。 今年(2014)の給料もすべてもらいましたので、年収確定です。

お金的にもいろいろありましたけど、一言で言うと、

厳しい

そんな年でした。お金以外では赤ちゃんが無事生まれてくれましたので最高の年でしたけどね。 年収が減った場合にどうすればいいか?やるべきことはたったの2つです。

photo credit: Daniel Neagu via photopin cc

スポンサーリンク

世帯年収は大幅減になった今年

141220-2 世帯年収

エクセルでつけている家計管理ですが、我が家はマネーフォワードで把握してエクセルに落とし込む作業をしています。暦年で見るにはエクセル管理が便利です。 今年は育児休暇に入ったこともあって、世帯年収は大幅減

25%減

というすごい数字になっております。セールじゃないよー。 この年収は純粋に働いたお金です。ですので、出産手当金とか育児休業給付金は含めていません。別勘定です。

年収減への対策

今年は昨年末に作ったライフプラン表で年収が大幅減になることは予想していました。やっぱり対策は必要で、今年に入って改めてしたことと、新しくしたことがそれぞれ1つずつあります。

クレジットカードの見直し

photo credit: MoneyBlogNewz via photopin cc

photo credit: MoneyBlogNewz via photopin cc

今まで楽天カードをメインに据えていましたが、メインのクレジットカードを変更しました。

参考クレジットカードを選ぶときの基準・注意したこと

理由は、クレジットカードの還元率です。楽天カードも一般的な還元率より高いですが、より高い還元率のクレジットカードに変更しました。金額で見ると大した金額ではないかもしれませんが、ちりも積もればで、いつか大した金額になります。

我が家は還元率が1.75%とめちゃくちゃ高い漢方スタイルクラブカードに変更をしました。

※ 還元率1.75%→1.5%に改悪!漢方スタイルクラブカードもREXカードも下がります

変更したことで5,000円もファーストプレゼントでゲットすることもできましたし、家計にはプラスに働いています。

公共料金や携帯料金など継続的に引き落とされるものでできるものは、すべてこのクレジットカードに集中させましたので、今後は今まで以上の節約が期待できます。

ほんのささいなことかもしれませんが、するとしないとでは家に残るお金が違うので変更して良かったと思います。

漢方スタイルクラブカードのほかに、還元率の高いリクルートカードにしても節約はできたと思います。クレジットカードの目的をしっかりとさせてポイントを集中させることができれば、家計にはメリットとなりますよね。

参考  家計を楽にしたければ、クレジットカードは1枚にまとめなさい

クレジットカードを複数枚持っているジンが言うのもあれですが、1枚のクレジットカードにポイントを集中させることができるとより効率よくポイントを貯まることができます。この当たり前のことを実践することが家計にやさしいです。

ブログからの収入

photo credit: wordcamptokyo via photopin cc

photo credit: wordcamptokyo via photopin cc

今年はほとんどありませんが、「ブログから収入を得ることができる」ってことを知っただけでもよかった年となりました。これまで、無料ブログでいわば家計簿の記録だけアップさせていたのですが、

アドセンスってあるでー!

誰かしら教えてもらって、そんなのあるんだーってやり始めたのが今年の夏くらい。もっと早く知りたかったぜぃ。 また、A8.netバリューコマースアクセストレードを代表とされるASPのことも知ることができました。 当ブログはアクセスも多くないので、収入ってよべるほどのものはありませんが、働くこと以外に、

収入を得る手段

こういうものがあると精神安定剤にもなります。収入の分散化は考えておく必要があるなーって思っていましたけど、まさか、ブログがそのような手段になるなんて夢にも思っていませんでした。 いかに家計に入るお金を増やすことができるか、それを考えたときに働くだけでは限界があります。

その限界を超えることができるのは副収入をはじめとする収入の分散化に着手することですね。

節約だけを考えない

年収が減ります。

そう思ったとき、あるいは、現実にそうなったとき。きっと、多くの人が節約に走るのではないでしょうか。 それは決して間違った選択ではありません。

我が家も還元率が1%以上と高いクレジットカードに変更しました。家計にプラスになっています。

カード名リクルートカードdカード楽天カードYahoo! JAPANカード
国際ブランドJCB、VISAVISA、MasterJCB、VISA、MasterJCB、VISA、Master
年会費無料1,250円×税(初年度無料。年1回以上利用で翌年度無料)無料無料
還元率1.2%1.0%1.0%1.0%
貯まり方利用額×1.2%100円→1p100円→1p100円→1p
貯まるポイントリクルートポイントdポイント楽天スーパーポイントTポイント
ポイントが付く電子マネー楽天edy・スマートICOOCA(VISAのみ)、モバイルsuica、nanaco、Quickpayなし楽天Edy、モバイルSuica、nanaco(JCBのみ)モバイルSuica、nanaco(JCBのみ)
家族カード無料400円×税(初年度無料。年1回以上で次年度無料)無料無料
旅行傷害保険(国内)1,000万円(利用)なしなしなし
旅行傷害保険(海外)2,000万円(利用)なし2,000万円(利用)なし

節約だけでなく、収入を増やす。このことに意識を向けることもすんごく大事だと思う。 節約に走ると、リバウンドと同じで節約反動による無駄な消費をしてしまうことがあります。過去に我が家は何度も経験してきました。

それよりもその節約意識を持ちつつ、収入を増やすことを考える。これはものすごく意識しておいて損はありません。

淡い簡単な儲け話はありません(儲け話は他人から来ることはないので、騙されちゃダメよー)。

自分で収入を増やし続けていく。

これはモチベーションを維持するためにも、少しでも家計を助けるためにも、ブログの資産化をめざしていきたい。 節約ばかりではなく、収入が増えていくようになれば、日々のモチベーションアップは間違いないですね。

年収減でやるべきことはたったの2つ

①節約すること

②収入を増やすこと

来年(2015)は、ちょっと弱音を吐く時期も想定されているのです。できるだけジン家の収入見込みなどを確認し、リスク変動に備えていきたいと思います。

転職や子育て休暇による年収減の場合、子どもの積み立てを厳守すれば、節約ばかりではなく収入を増やすことも選択肢に持っておきたいですね。

セゾン投信ひふみ投信など、優良投信にコツコツ積立が基本です。

転職も考えていますが、この場合は、パートナーが使っていたエージェント登録は必須ですね。

【リクルートエージェント】

お金を貯める。これは諦めずに続けようと思う今日この頃・・・ はい!年収が減っても楽しく貯金!家計管理!をしていきますよ。

大事なことは攻め(収入を増やす)の姿勢を忘れないことだ!慌てずに常にミニマム家計を目指すことです。

保険などの固定費を見直すのも、家計改善では大切なこと。保険のビュッフェのように専門家であるファイナンシャルプランナーに相談してもらうのも良い手段です。というか1度は行っておくべきですね。

では!

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 私が投資を始めた理由も収入源が原因でした。

    実際、斜陽産業なので、30年後には10分の1になるとか言われていますが、想像以上に来てますね(-_-;)

    そこで、私の業界では、法律対策・税金対策・資産運用のが受けるので、業界専門のコンサルを副業でしようと思って全く知識のない資産運用分野を勉強し始めたのが最初です。

    最初から資産運用で儲けようとは思わなかったですが、想像以上に資産運用は難しいですね(-_-;)

    さらに言えば、人に勧めるのは難しいし、知識のない人に説明するのは危険ですね(*^_^*)

    3年ほど前に投資の話をした人に最近再び投資の話したら「まだ、やってるんですか」と半分馬鹿にされましたし、相方は「投資など貧乏人がするものではない」とずっと決めつけています。

    ただ、最近読んだ本にこんなことが書いてありました。

    日本ではリスクを取って自由競争の社会になりつつあるので、努力しても報われるとは限らない。ただ、そういう社会だからこそ、成功するのは努力した人間である。

    「パソコンの電気代と座っている時間を時給換算したら赤字」と文句言われてますが、頑張ります。

    • ジン より:

      しらいさん

      資産運用は難しいですね。でも、私は続けていこうと思っています。

      投資など貧乏人がするものではないとの決めつけはウチも同じです。ただ、その意見にはずっと反対しています。

      働いた労働収入だけではやはり不安です。定期的に入る労働収入を確保したうえで、資産運用をしていくことはいいことだと思います。

      人に勧めるつもりはないですけど、自分でやろうと思った時が始め時のように思いますね。しらいさんはうまく行ってる方じゃないでしょうか?私ももっと強い意志と忍耐を持ち続けて資産運用とは向き合っていきたいと思っています。

      師走ですねー。一年の見直しをしないと。

      • >しらいさんはうまく行ってる方

        そうでもないです(;一_一)

        これで勝てると思ったら、翌日はその方法では負けることが発覚するという繰り返しですかね?(;一_一)

        実際、相方の指摘通り投入時間と費用を考えたら恐ろしく効率は悪いですし、特に他のブロガ―さんと比較すると自分だけ負けているように思いますね(;一_一)

        将来、投資金額が大きくなったら費用対効果も上がるはずと信じているんですが、
        どうでしょう?

        年齢的にも若ければ失敗しても大丈夫ですが、私など後が無いだけに苦しい展開です(*^_^*)

        • ジン より:

          しらいさん

          投資金額が大きくなる=利益が出ているだと思うので、費用対効果も上がると思います。

          わたしも色々と失敗をしてしまったので、今後はゆっくりのんびり時間をかけて利益を積み重ねたいと思います。

          短期は損気。短期で勝てる可能性はほとんどないと思っています。自分だけかもしれませんが、私には短期で勝とうとしないことを肝に銘じています。

  2. 若木祐子 より:

    わが家は、こどもいないので取りあえず、お金の心配は、ないので、夫も61才で昨年の12/26で会社を退職し今は、仙台にいる母のところに月一で通って何かと面倒見ています。私も実母と二人でお互いに親子水入らずで暮らしています。