夏のボーナス平均額はなんと61.6万円!昨年より10%増。ボーナスの使い道決めてますか?

By: Tax Credits

もうすぐ夏のボーナス支給日ですね。

もう支給された方もなかにはいらっしゃるでしょうか。 その使い道は考えていますか。初めてのセゾン投信などの投資信託に挑戦してみようって方もいるかもしれませんね。夏のボーナスは、甘えがでちゃう時期にちょうど支給されます。半年がんばったんだから・・・。

その自分へのご褒美は大切ですが、ボーナスを機に考えておきたいこともあるんです。

我が家はボーナスで失敗をしたから、余計に思います。 あなたのボーナスの使い道はどんな感じですか?家計に対してプラスになっていますか? 今年の夏のボーナス平均支給額と我が家が失敗から学んだ夏のボーナスの使い方について、まとめてみました。

By: Tax Credits

スポンサーリンク

夏のボーナス平均支給額は61.6万円らしい

価格コムの調査によると、今年の夏のボーナス支給額は、平均で61.6万円。昨年から5.8万円も増えたらしいっす。なんともうらやましい限り。約1割もアップしているんですね。 春闘でもベースアップや賃金上昇がさかんに新聞報道されているのを見てうらやましがっていた記憶がよみがえりました。

夏のボーナス

なかには100万円以上のボーナスをもらえている方もいるんですよね。それだけのことをされているんだと思いますが、私には縁のない金額です。年間でもなさそうですわ。

夏のボーナスで自由に使えるお金は?

夏のボーナス2

夏のボーナスから自由に使えるお金は?っていうと、割合が大きいのは、5~10万円。妥当な金額な感じですね。 基本的に我が家の場合は、「自由に使えるお金」=「おこづかい」とした場合、10%で計算しています。 今年だと4万円くらいでしょうか。それが我が家が使えるお金です。

夏のボーナス使い道は?

夏のボーナス3

ボーナスの使い道で多いのは「貯金」!ですって。ボーナスは貯金金額をアップする大事なときでもありますよね。年間目標貯金額にぐっと近づける機会でもあると思っています。

ローンの返済も代表的な使い方なんですね・・・。 約20万円と大きな金額です。

夏のボーナスに対する考え

我が家はボーナスで失敗しています。ボーナスをあてにした消費をしたこと。これが失敗です。結婚した当時、最初のボーナスで大きな買い物をしました。

今振り返るとそれはそれで、当時はまだ20代でしたしいい思い出とはなっていますが、同時に、私の中にボーナスをあてにした消費するべからずという強い気持ちが生まれました。

贅沢は敵になることもある

ボーナスは臨時収入。そういう位置づけだと考えるようになりました。ボーナスをあてにした消費をすると、消費力が上がってしまうんです。

消費力が上がるというのは、いわゆる贅沢をしちゃうってことです。 我が家のボーナスの額はしれているかもしれませんが、それでも、我が家にとっては貴重な収入源。 いつもの給料よりも多い金額を受け取るわけですから、多少なりとも気が大きくなったりするのです。

そんな気持ちのまま、行動に出てしまうと必要のない贅沢をする羽目になります。 必要のない贅沢は家計にとって毒のようなものです。そして、必要かどうかの判断を鈍らせて買ったものは結果、あとで後悔します。

使ってはいけない支出項目

それと、ボーナスであてにしないものの一つに固定費の支出を考えています。 住宅ローンを組むときに、マンション販売会社からはボーナスを組み込んだローンシミュレーションの提示を受けました。

なぜ、販売会社は必ずボーナス返済を組み込んだシミュレーションをするのか。それは、毎月の返済額を小さく見せることができるからです。このくらいだったら返せるかって思わせるためですね。ボーナスで10万円返済するくらいだったらいいか、なんて思い始めたりします。

住宅ローンを組むときにボーナス返済は反対です。ボーナスは臨時収入。固定費の支払いを充てていると、支給されなかったときに途端に家計のダメージが大きくなります。

実際、そうして困っている人もいるのですから。 住宅ローンに関する記事はこちらがおすすめです。

住宅ローンは変動金利?固定金利?借りるときは結局どっちがお得なの?
我が家は来月いよいよ住宅ローンを借りるので、長期金利の動きには敏感になっています。 融資実行日の金利が適用されますが、融資実行月前月の金利は、銀行各社が金利を決定するのに重要な要...
9割の人が得する住宅ローン借り換えは、いつするべき?
日銀のマイナス金利を受けて、住宅ローンの借り換え申し込みが前年同月比と比べて2月は2.5倍にもなっているようです。固定金利の指標である長期金利は▲0.1%と過去最低を更新しています...

基本は貯金。プチ贅沢。

我が家はボーナスは基本貯金。大体、約7割は貯金にあてるようにしています

。最低でも。9割の時期もありました。その貯金をきちんとしたうえで、プチ贅沢を楽しむ。それが我が家にとって、後悔のないお金の、ボーナスの使い方です。 これが正しいかは分かりませんが、少なくとも我が家にとっては正しい選択でした。

ちょっとの我慢。それが家計への助けになります。 この前、マンション購入のときに頭金でだいぶ使ってしまいましたけど・・・。 

住宅ローン「フラット35s」が人気!手数料を抑えて賢く借りよう
長期固定金利の住宅ローンの代表格である、フラット35。 そこから金利優遇幅は0.3%下がる「フラット35s」が人気です。 これは特例なので期間限定です。 今だけの優遇金利です...

貯める意識を夏のボーナスから始めよう!

ボーナスは貯金意識を作るとき。我が家が結婚した当初、初めてのボーナスで貯金ができなくてとってもしんどい思いをしました。

楽天銀行じぶん銀行は、キャンペーン時にほかよりも高い金利を提示しますので、ボーナス専用銀行口座として保有していてもいいですね。我が家も銀行別にその用途を分けています。

公式 じぶん銀行

分けると管理が大変ですが、家計簿アプリ・マネーフォワードを使えば、管理は容易にできます。大事なことは貯金額を把握すること、ですので。

あなたもこの夏のボーナスから貯金をしてみませんか。5年後、いや、3年後にはちょっと通帳を見てにやついてしまうあなたがそこにいるはずです。 目の前の消費を少し我慢した見返りは、思ったよりも大きいものです。

ではでは。