【2016】ボーナスのルールはどうしてる?気になる使い方/家計ブロガー企画

ボーナス

ボーナスの時期が近づいてきましたね。

まだ、ボーナスの支給明細をもらっていないので、どのくらいもらえるのかちょっとわくわくドキドキの状態です。

さて、

今日は家計ブロガー企画です!

毎月恒例?家計ブロガー企画として、今回は『ボーナス』をテーマにしてみました。

前回よりお一人ご協力いただき、3人の家計簿ブロガーが同じテーマで記事を書きます。

【家計ブロガー企画 執筆者】

●ボバさん「カタテマゴト

●せっかちパパさん「RepoLog]

ほかの家計のボーナスの使い方って気になりませんか?

検索しても、統計的なボーナスのことは出てくるんですが、もっと違う視点のことを書いてみたい!と思い、お二人にお声がけさせていただいた次第です。

今日の記事では、


◎ボーナスの失敗談

◎ボーナスのルール

◎ボーナスの使い方


などを書いています。

「貯金ができないけどどうしよう?」「ボーナスの使い方ってホントはどうしてる?」「投資はしているの?」など、リアルな使い方が分かりますよ。ぜひ、ご参考までに~。それではいってみよう!

スポンサーリンク

ボーナスの失敗ってある?

いきなりですが、ボーナスの我が家のルールをお話しする前に、「失敗談」について、お話させてください。

というのは、その「失敗」があったからこそ、ルールができたようなものなんです。

我が家のボーナスの失敗

恥ずかしながら、我が家は消費体質でした。いまでこそ、少し貯金もできていますが、もともとお金を使うのは好きな2人。というより、節約するのがへたくそな2人なんです。

それは、後悔したお金の使い方ではなかったんですが、さすがに今振り返ると、反省点もあったなというもの。

それは、ボーナス全額を1円も貯金せずに使い切ったことです!

高い買い物をしたんですよね。

しかも、今より若いですので、今よりボーナスは少ないものの、大きなお金であることには変わりません。それをキレイさっぱり使ってしまったんです。

ちなみに、それはパートナーへのプレゼント代です。

birthday_present

めでたく、そのあとは結婚したわけですが、後にも先にもあんなに高い買い物をしたのは、ほかにありません。

ただお金的には、さすがに家計が疲弊しました。貯金もいろいろと新居生活で使い果たしておりましたので、全くない状態。

まさに、緊急時への備えもなく、まさにお金のない恐怖を体験したときだったんです。

もし、何かあったら対応できない。そんな状態だったのです。

ボーナスのルールはありますか?

そんな経験もあってか、ボーナスは消費のためではなく、家計の安心のために必要なお金と位置付けました。

つまり、貯金をメインにしよう!というものです。

貯金を増やしていくことは、もしものときへの対応度を高めますよね。欲しいもの、買いたいもの、こまったとき、そうしたときにも対応の幅が広がっていきます。

我が家のボーナスの貯金率の推移です。

ボーナス 貯金率

失敗からの反省を活かし、ボーナスは平均70%は貯金に回しています。

ボーナスは貯金目標を達成するためにも、がっつりするわけですが、ボーナスが支給されないということもあります。

ボーナスに頼り過ぎるのは、良くないと思って、毎月の貯金も重視しています(あんまりできていませんが)。

ボーナスで必ず払うものは?

貯金メインの我が家ですが、ボーナスで必ず払うものがあります。

それは、


  1. おこづかい
  2. 帰省費
  3. 普段買えないもの

この3つです。

おこづかいは重視

家族への「おこづかい」って、削ることもあったんですが、おこづかいって「元気」になるための処方箋みたいなものなんですよ。

年末くらいはちょっと買い物を楽しみたい!

そんな気持ちが出ても不思議ではないですよね。その欲を満たしてくれるには、普段のおこづかいでは足りない・・・というときには、ボーナスからもおこづかいをきちんと出すようにしています。

おこづかいを渡すことで、やっぱり笑顔が生まれますしね。

≫≫【2016】夏のボーナスの使い道。最も大事にしたいのが『家族へのおこづかい』

帰省費にも充当

我が家は、帰省するのに新幹線あるいはレンタカーを借りています。

宿泊代はもちろんいらないんですが、交通費がかなり高額になります。

一回あたり、5万円以上は使いますので、それはボーナスから払うようになっています。

年間10万円以上は、帰省の際にお金を使いますが、親に会うためなので、楽しみにしながら行っています。昔は、月1万円とか帰省費を積み立てていたんですが、いつしかボーナス頼りになっています。

普段買えないモノを買おう

毎回、なにかを買うわけではありませんが、普段買いたいのに買えないものってないですか。

そうしたものも、ボーナスを使うときもあります。おこづかいの延長みたいになるときもありますが、あまり細かいことは気にしないようにしています。

ボーナスの時にも、ぎゅうぎゅうにしてしまうと、息がつまっちゃいますからね。


【ボーナスでやってはいけないこと】

≫≫便利なんだけどクレジットカード払いをやめたら貯金できる?

≫≫住宅ローンのボーナス払いをすれば毎月の返済額の負担が変わる!


2016年ボーナスはいくら?

2015年冬は42万円

厚生労働省の「毎月勤労統計調査」によると、2015年の事業規模30人以上の平均は「425,438円」でした。

 ボーナス2015冬

事業規模が大きくなると、賞与支給額も増えてきますね。試しに500人~999人規模で見てみると、544,713円と増加していますね。

ボーナス2015冬

年代にもよりますが、今年の冬のボーナスはほぼ昨年並みという調査結果が出ています。それを考えると、40万円~50万円くらいはあるんでしょうか。

大企業にもなると90万円以上にもなるようです。

参考  2016年冬のボーナス徹底予想!大企業は90万円?「出ない」が4割?(ブログ:白金さんちのおそろしい家計簿)

我が家のボーナス推移

ボーナス2015冬

今年の冬のボーナスはいくらかは、まだ給料明細をもらっていないのですが、昨年並みとすると、ざっくり(夫婦で)70万円~80万円くらいとなりそうです。

7割は貯金をするとして、49万円~56万円くらいは貯金にまわりますね。大きな金額です。ありがたや~。ボーナスで貯金ができなくなると、我が家は一気に苦しくなってしまいそうです。

ただ、そうならないためにも貯金できるときに貯金をしたら、残りは盛大に使う!ってことを心掛けています。

だって、貯めてばっかじゃ楽しくないもの!

お金は使ってこそ、意味がありますよね。

ちなみに、貯金のうち、3割くらいは投資資金にします。最近は、ANAの株主優待に興奮するなど、株主優待も楽しんでいきたい!と思っているので、そうした企業を物色中です。

2016年今年のボーナスで買いたいもの

パソコン環境をよくするのに、ディスプレイが欲しいんですよね。いまのところ、買ってくれなさそうですが。

2画面でパソコンをするのって憧れます。

また、最近は仕事帰りにちょっとコーヒーを飲みながら、ネタを考えることもあるので、小さいノートブックも欲しいんです。

タブレット型PCだと安価ですし、まだ買いやすいかな。

この商品は、飯山市のふるさと納税(400台限定!)でもらえるので、実質自己負担2,000円で手に入れることができますよ。

あなたのボーナスの使い方は?

普段、なかなか知ることができない家計のお話。

ブログを通じてですが、ボバさん、せっかちパパさんのご協力により、こうした企画ができました。感謝します。


【ぜひ読んでくださいね】

◎ボバさん「カタテマゴト」NEW 気になる2016年冬のボーナス額と平均額は!?共働き家庭のボーナスに関するルールや使い道を振り返ってまとめてみた。

◎せっかちパパさん「RepoLog」 NEW 3人のサラリーマンブロガーが明かす2016年冬のボーナス支給額&使い道


私のボーナスはこんな使い方するよ!ルールはこうだよ!って方は、ぜひ記事を書いてみてくださいね。この記事でもご紹介させて頂ければと思います。

それでは、次回の家計ブロガー企画をお楽しみに~。

12月はイベントいっぱい!クリスマスに年末!

たまには、お金を使って楽しんじゃいましょう!!

ではでは。

▼前回の家計ブロガー企画▼

夫婦共働き家庭「お金の管理」はどうすれば上手くいく?【家計ブロガー企画】
夫婦共働きの方は、お金の管理をどうされていますか。 それぞれが収入を得て、支出する機会が多いので、お金の管理ってすんごい難しいですよね。 それぞれが財布を持つ場合もあれば、財布...
スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク
スポンサーリンク