【2016】夏のボーナスの使い道。最も大事にしたいのが『家族へのおこづかい』

投資、お金
stevepb / Pixabay

夏のボーナスは、6月下旬から7月上旬が多いようですね。うちもこの時期に支給されます。価格コムの調査によると、昨年の夏ボーナス支給額61.6万円から60.9万円7千円ほど下がったようです。

参考  2016年夏のボーナス

なんか新聞報道で読む限りは、大企業を中心に上がっている様子でしたが、まだまだ中小には波及していないんですね。

って他人事みたいになっていますが、うちもです。(むしろ給料も下げられている・・・ぶつぶつ)

この夏のボーナスが支給される方、あなたはどんなボーナスの使い方をされる予定ですか。

スポンサーリンク

2016年夏のボーナスは60.9万円

2016夏のボーナス

価格.comの調査は毎年見ているんですが、ボーナスが支給されない人が約4割いるんです。ボーナスが支給されるだけでもありがたいと思わないといけませんね。

100万円を超える人もいるので、それはそれでかなりうらやましいですね。

年代別のボーナス支給額

2016夏のボーナス年齢別

ちなみに私と同じ30代の平均は48.0万円の支給額となっています。支給なので手取りではなく、税引き前の金額ですね。

別の情報では、

  • 国家公務員 634,800円(MURC調査、中小企業も含めた民間企業規模5人以上)
  • 大企業   927,415円(経団連発表)
  • 中小企業  358,409円(MURC調査、中小企業も含めた民間企業規模5人以上)
  • 中小企業  258,672円(大阪シティ信用金庫調査 PDF)

となっています。

参考  三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)「2016年夏のボーナス見通し」PDF

一方で、ボーナスの支給が「ない」というのが51%という調査もあります。

参考  凸版印刷 Shufoo!お買い物動向レポート Vol.9 「2016 年夏のボーナスに関する主婦の意識調査」

ボーナスはまず貯金

価格.comの調査によるとボーナスの使い道は「貯金」「商品・サービスを購入する」となっており、昨年と変わらずですね。

  • 貯金
  • 商品・サービスの購入
  • 旅行・外出
  • ローン返済
  • 子どもの教育費
  • 金融商品(投資信託など)
  • 新規ローンを組む

うちの場合は、ボーナスで何かを買うということが少ないんです。貯金するか、旅行にいくか、です。

ボーナスはまとまったお金が入るので、財布が緩みがちになりますが、我が家は一度そうした反省もあって、ほぼ貯金です。大体手取りの8割は最低貯金しています。

投資にも振り向けよう

ボーナスは、投資資金としても今年は振り分けようと思います。

高値掴みをしないように下がったところで投資をするスタンス。

投資信託など金融商品への金額は118,026円と昨年より約3割もダウン。年初から株安が続いていますので、投資からお金を引き上げているんでしょうね。

むしろ安くなった時に買うのが投資ではいいんですが。

高値掴みしないために

高値掴みしないためにも、ドルコスト平均法と呼ばれる積立投資がおすすめです。

ドルコスト平均法とは?

例えば、月に100円、120円、80円と変動するものを買うと平均100円。

あるときに一気に買うよりも、時期を分散して買うことでコストが平準化される投資手法

長所としては、毎月一定額を『積立投資』することで購入単価を平準化できるため、高値掴みを回避できるのがドルコスト平均法の長所と言えます。

投資入門書として有名な「ウォール街のランダム・ウォーカー」で著者のバートン・マルキール氏やあのバフェットも個人投資家向けの投資スタイルとして勧められた方法です。

ドルコスト平均法をしやすいのが、投資信託です。特に、セゾン投信ひふみ投信がおすすめです。どちらも人気の高い独立型の投資信託です。

ドルコスト平均法のおすすめ!

まずは資料請求をしておきましょう。



この夏の投資デビューとしても、まず開設しておきたいところ。ぜひこの夏に口座を開設してみてください。マイナンバーも必要になります。

私はすでに口座を開設していますので、貯金のうち一部投資に回していきます。

参考  セゾン投信の利回りは上昇!貯金以外の選択肢として持っておく投資方法とは?

最も大事にしたい『おこづかい』

geralt / Pixabay

geralt / Pixabay

自分自身のおこづかいは辞退する予定ですが、

毎月のおこづかいでは買えないモノを買えるチャンス!

でもあります。

やっぱり買い物は物欲を満たすことができるので、自分の満足感をアップさせるいい機会ですね。そういう意味でボーナスというのはありがたい存在です。

特に、家族へのおこづかいは大事。我が家の場合は、夫40万円、妻20万円くらいのボーナスを予定しています。夫婦で60万円くらいでしょうか。

我が家の場合は、おこづかいは10%と決まっていますので、6万円がおこづかい予算。夫4万円、妻2万円とそれぞれの手取りに対する10%ではなく、世帯単位で考えています。要は、内訳は自由に決めるってことですね。

いつも、妻手取り10%+@にしています。そうすることで、普段買えないモノを買ってもらったりしてストレス解消にもつながるようです。

家族への感謝のお金を振り分けよう

普段、月々の給料のなかではカツカツなので、なかなかプレゼントを買ったり、サプライズをしたりというのは難しいかと思います。

夏のボーナスはしっかり貯金をする。それはそれで大事なんですけど、そのうえで、家族への感謝のお金、サプライズボーナスにも振り分けるのもいいですよねっ!

梅雨時でじめじめした日々が続きますが、夏のボーナスは支給間近です。家族への気持ちを伝えるいい機会にしたいですね。

では。