年収800万円のライフプランシミュレーション。お金を使うために把握する。

170106マネープラン-min

同僚と話をしていたときに「ライフプランシミュレーションしてる?」と聞いてみました。

間をおかずに、「いや、していない」という答え。その理由を聞いてみると、

「気持ちが暗くなって、お金使えなくなっちゃうから」

という答えでした。

私は逆の考えで、「お金を使うためにライフプランシミュレーションをしておく」ものだと思っています。

お金を使うことは、楽しく、人生を明るくしていきます。

そのお金をどう使っていくかというのは、悩みどころですが、だからこそ使い方次第で大きな気づきや発見を生むんだと思っています。

でも、正直ね。

ライフプラン(マネープラン)シミュレーションって面倒くさいですよね

エクセルで計算していくのも、忙しい私たちにはそんな時間がないですよね。

ということで、結構簡単にシミュレーションできるサイトのご紹介と年収800万円でのシミュレーションについて。

スポンサーリンク

年収800万円のライフプランをしてみた

年収800万円というのは、ちなみに我が家です。ちょっぴり年収が上がってきていますね。

【モデル】

夫 550万円

妻 250万円

子ども 一人

基本生活費 400万円

というような感じで、今回はあくまで「簡単に、面倒くさくなく」ライフプランをしてみることなので、あまり細かいことは気にせずに、ガンガン進んでいきます。

ちなみに、使ったシミュレーションサイトはこちら。

シミュレーションサイトは使いやすいものを使えばいいんですが、これはそこそこ細かくも設定できて、面倒くさかったら統計データから生活費や教育費、老後資金などを試算できるからです。

要は、勝手に統計データの数字をイチイチ調べなくても入力してくれるんです。なので、割と簡単デス。

あくまで、ここは綿密にするといよりはざっくり把握するということを主眼に置いています。

実際に使ってみる

夫婦の収入や職業なども選べるので、入れていくと、今後どんなふうに収入が上がるのかも試算してくれます。

教育費も調べることなく、統計データを用いて算出してくれます。すべて公立だと、1,211万円くらいかかるそうです。

生のリアルなデータを用いた教育費は、こちらの記事がおすすめです。驚愕・・・。

参考  【リアルでガチなシミュレーション】子どもの教育資金は、いくら必要なのか!?

 

その他もろもろ支出項目についても、入力するか統計データを用いると、収支比較をしてくれます。

ドン!!

約2,365万円の黒字!!

という結果でした。

ここで知りたかったのは、黒字の多寡ではありません。

赤字になっていないかの確認です。

支出が収入を上回っている場合は、

今の生活は贅沢をしている

ということが分かります。分不相応だということです。赤字になっている場合は、早急に対応が必要です。

貯金額の推移も見てみる

高齢者の定義を65歳から70歳にしようという話も出ています。

30代の私たちが年金を受け取るのはきっと70歳からでしょうから、こうしたシミュレーションを丸呑みするのも危険です。

ただ、一定の把握は必要です。

ちなみに、30代の貯金額平均値である600万円をスタートラインにした結果ですが、

退職時に4,000万円くらいの金融資産が積みあがっている(はず)です。

ここで大事なのは、退職時にどのくらい積みあがっているだろう?というのを知るためです。

でも、目安。シミュレーション通り貯められるわけないと思っている。

人生に寄り道はつきものだもの。

それでも、退職時に100万円しかないとかだと、かなり不安。老後の資金がいくらかかるかは、1億円かかるだの、3,000万円必要だの色々言われますが、人それぞれ。

どんな生活をするかによって異なるわけで、今から老後の生活なんて想像できない(想像しているならば、今をもっと楽しむべき)。

お金と向き合い、記録をつける

ライフプランシミュレーションは、いくらお金を使っていってもいいのか?を知るためのツールにもなります。

若いときの10,000円は、年を取ってからの10,000円よりも数倍、数十倍の価値があります。それだけ、いろんな経験、価値、生み出すものがありますよね。

なので、貯めこむばかりはちょっと違う。将来は不安だけど、不安を自分で大きくし過ぎて、今をないがしろにするのはちょっと違う。

もちろんのこと、貯金は必要だし、お金を貯めていくという習慣は身に着けておくべき

いたずらに不安にならない

いたずらに不安にならずに、ちゃんとお金を使っていく。

そのためには、ライフプランシミュレーションは必要だし、たまにやってみるべき。

そのためには、毎月、ざっくりでもいいので、家計簿をつけることがおすすめ

1円単位で記録を付ける必要は全くなくて、


●いくらの収入で

●いくらで生活費が成り立っていて

●どのくらい貯金していけそうか


を知っておけばいいんです。

それをもとに、シミュレーションサイトを使って将来を把握すれば、気持ちよくお金を使っていけますね。

お金では代えがたいものを得るためにも、使うお金を見極めるためにも、お金を使う安心感を知っておくといいですね。

時間があるときに、一度試してみてくださいね!

ではでは。