Google Adsense広告停止報告が多発しています。みなさま気を付けましょう。

このところ、Googleアドセンスの広告停止報告が多発していますね。他人事ではなく、わたしも経験しましたので、その恐怖はよく分かります。

今回、停止処分を受けている方々の理由を見ていると、

えっ?そんな理由で?

ってのが、多かったように思います。ということで、あなたもアドセンス広告停止にならないためにも、今一度ポリシー違反がないか確認しておきましょう。

本日は、最近アドセンス停止から復活された方のまとめです。

アドセンス停止のパターン

google-images-454541_640

アドセンスの停止パターンは、大きく3つあるようですね。

  1. 警告
  2. 広告停止
  3. アカウント無効

このうち、1.警告が一番軽い処分。サッカーでいうと審判から注意ってとこでしょうか。この状態では、広告の停止がされているわけでもなく、一定期間内に修正すれば問題ないようです。

2.広告停止は、イエローカード状態。広告の停止がされているので、アドセンスのところは真っ白な状態になりました。

これは、ポリシー違反のある記事のみが広告停止される場合と、サイト全体の広告停止される場合の2パターンあるようです。ちなみに、私は後者でサイト全体の広告停止になりました(今は審査合格により復活しています)。

最後は、アカウント無効。

レッドカードということで、二度とアドセンスを使うことができなくなるようです。これだけは避けたいものです。

アドセンス停止の理由にビックリ!

さて、今回アドセンス停止の理由を書かれているブロガーさんのツイートを見ていると、

ほとんどみんなじゃん・・・

て、思ってしまいました。

だって、

Googleアナリティクスの管理画面を記事掲載はアウト

らしいですから。

たもつさんが記事にされていますので、ぜひ一読を。Googleからの返信メール内容にも触れられています。

これまで色んな方のアドセンス停止の話を、『大変だなぁ〜』っと思って見てましたが、ついに僕のブログでもやってまいりました。停止期間1週間、再申請は4回。マジでアドセンスで消耗しました。笑今回の記事ではアドセンスが停止した原因と、復活までの対策

「報酬提供サイト」としてアドセンスが停止!原因と復活までの対策(たもトピ)

エルモさんも詳細に記事にされているので、参考になります。是非一読を。

アドセンス停止の理由はPVの公開でした。気を付けましょう。(APLLON)

そういえば、私も同じようなこと指摘されてアウトでしたわ・・・。そのときは、Googleサポートチームからの返信前にアドセンス広告が復活したので、詳細つかめずでしたが、今回ではっきりわかりました。

厳密にいうとアナリティクス画面即アウトではない

ここからは、私の体験談込みの想像ですけどね。

Googleアナリティクス管理画面を記事掲載することがアウト!というわけではないと思います。

理由なんですが、広告停止から復活したパターンに違いがあるからです。

それぞれのパターンで、広告復活しています。(※私が見た限りです。)

  • たもつさん 管理画面スクショ削除+当該記事アドセンス非表示
  • エルモさん 管理画面スクショ削除+当該記事アドセンスそのまま
  • ジン    管理画面そのまま+当該記事アドセンス非表示(※後で追記あります!)

Googleアナリティクスの管理画面を掲載した記事でも、その記事のアドセンスを非表示にしておけば規約違反ではないのかなぁと思ったりします(私が現に復活しているので)。

この点、Wordpressの場合は、記事ごとにアドセンス表示・非表示をすることができるので便利ですね(要カスタマイズ)。

グレーゾーンは削除

ブログのアクセス報告をしているブログは山ほどありますし、Googleアナリティクスの管理画面をスクリーンキャプチャしている記事もたくさんありますが、なぜ、最近になって軒並みアウトになっているんだろうって思いますね。

これからは、ブログの運営報告記事は自粛したほうがいいかもしれません。

わたしもブログアクセス結果記事は、全てアドセンス非表示にしています。それで復活もできているので問題はないだろうと思っていますが、念には念を入れます。

アクセス結果記事のアナリティクスの管理画面スクショはすべて削除

しました。PV数が表示されなければいいのかと思いますが、潔く削除。

グレーゾーンなのか、はっきりセーフなのか、よく分かりません。心配するくらいなら潔く画像は削除することにしました。ちょっと寂しいですけどね。

【追記】アクセス報告記事削除します

まなしばさんは、運営報告記事のアドセンス非表示にしていても停止処分になったようです。

となると、私の場合は審査OKでしたが、いつ再び停止処分をされるか分からないです。ということで、アナリティクスの管理画面スクショの削除だけではなく、

アクセス報告記事を削除

します。ヘッダーメニューにもあった「アクセス結果」も削除しました。うーん、ほんとに寂しいが仕方ありません。

そして、今後、アクセス報告の記事を書くことをやめることにします。

今回のアクセス結果記事をアップしているブログが大量にアドセンス停止されている状況を見ると、もうアクセス結果記事を見ることはなくなるかもしれませんね。

アドセンス広告停止されたらどうする?

まず、落ち着きましょう。なぜ、停止になっているのか原因を確認する必要があります。

原因を確認したあとは、速やかに、記事の削除または記事の修正で対応しましょう。

あとはGoogleからの返事を待つのみです。

記事の削除や修正をする場合は、サイト全体の記事も確認しておきましょう。ポリシー違反の記事のみの削除・修正対応で広告再配信してもらえる場合と、アドセンス非表示にしていてもサイト内にひとつでもポリシー違反の記事があると広告停止になることもあるようなので、注意が必要です。

読んでおきましょう

私の知る限りでは、三十路さんもグアバさんなど有名ブロガーも広告停止されたようです。

三十路さんは停止された経緯を記事にされています。

最近頻繁に起こっているアドセンスの広告配信停止及び、記事内容に対する警告。突然Adsenseから送られてくる恐怖の英語メール。停止から復活させる方法や、担当者に問合わせる方法、規約違反に該当する場所を探す方法など、アドセンス広告配信に関する情報を纏めました。ブログ運営報告や収益報告が規約違反にあたるなら、困りますね・・...

ちなみに、三十路さんもグアバさんも復活されたようです。よかったですね、ほんと。

ハタオトさんも停止された記事を書かれています。

テッテレー。2015年、夏。全国ネットでは、2020年東京五輪の公式エンブレムのデザインを担当したアートディレ&

このところのアドセンス停止報告が多いの受けて、エローラさんがまとめてくれています。エローラさんのこの記事もすんごく参考になります。絶対に読んでおきましょう。

ブログに貼ってあるGoogle AdSenseの広告が表示されない、または停止された原因はいくつか考えられ、多くはコンテンツを改善すれば再び配信されるようになります。おもにポリシー違反に関する実例とその対処法をご紹介します。

ポリシーは定期的にチェックして、確認がほんとに必要ですね。

復活した記事も参考にしておきましょう。

Google AdSense が復活、キャリコ( @calicocatxyz ) ...

まとめ

leave-364178_640

何がポリシー違反になるのか、正直分からない部分もあります。そんなときは事例が役立ちます。

ポリシー違反になる

  • ポイントサイトの比較記事
  • ポイントモールの比較記事
  • アフィリエイトサイトの比較記事
  • Googleアナリティクス管理画面のスクリーンショット

などです。

広告停止後の対応

  • 該当記事の修正
  • 該当記事の削除
  • 該当記事のアドセンス非表示

などが挙げられます。

アドセンス停止されたら、nendとかほかのサービス利用も考えられますが、やっぱりアドセンスがいいと思います。ポリシーチェックですよ!

ちなみに、私が停止されてから復活してまでの詳細はこの記事に書きました。ぜひ、読んで見てください。

恐怖のメールが来た!Googleアドセンスのポリシー違反による広告停止から復活まで。ブロガーは再度チェックを!
恐怖のメールは突然やってきます。ある日、仕事帰りにいつものようにメールをチェックしていたら見慣れないアドレスから・・・・ん?google・・・・?お客様のウェブサイトに AdSen...

では。

コメント

  1. […] Google Adsense広告停止報告が多発しています。みなさま気を付けましょう。 […]

  2. […] Google Adsense広告停止報告が多発しています。みなさま気を付けましょう。 […]

  3. […] Google Adsense広告停止報告が多発しています。みなさま気を付けましょう。 […]

  4. […] Google Adsense広告停止報告が多発しています。みなさま気を付けましょう。 […]

  5. […] います。 Google Adsense広告停止報告が多発しています。みなさま気を付けましょう。|おサイフプラス […]