教育資金を貯めるのに学資保険は必要?利回りが魅力なら学資保険もアリです。

edar / Pixabay

子どもの教育資金をどうやって貯めていますか?我が家は学資保険を活用していますが、このところ学資保険の加入する人が増えているみたいですね。

教育資金は、住居費の次に大きなお金ではないでしょうか。

なにせオール国立で進んだとしても、大学卒業までに1,000万円は必要なのが教育資金。ま、すぐにその金額がいるってわけでもないですから、コツコツ毎月貯金で対応していけばいいですね。

一番お金が必要なのは、大学の入学金や授業料が発生する大学入学時とすれば、その時点でどのくらいの金額が必要なのか。我が家の場合は、高校時代の塾代なども考慮して、中学卒業時に300万円という目標を設定しています。

学資保険は銀行預金よりも利率が高いので、教育資金の積み立てとしては、いい方法だと思っていますが、学資保険は必要?学資保険はどこで加入するのがいいの?

スポンサーリンク

学資保険は必要なの?

geralt / Pixabay

結論から言うと、必要なお金さえ貯めればいいので、学資保険が必ずしも必要ではないですね。貯めるツールとして、学資保険を選択するかどうかって話なので、教育資金=学資保険で貯めるって意識はなくてオッケー。

たまに、学資保険入ったほうがいいの?って聞かれたりすることもありますが、学資保険でしか貯められないことってないので、「そんなことないよ」といつも答えています。

学資保険の特徴とは?

学資保険の特徴で、一番大きいのは積立期間中に契約者が亡くなったり、障害を負ったりすると以後の保険料が免除されることですね。その場合は、保険料を支払わなくても、満期には学資保険が下りるので、預金よりはリスクヘッジになるわけです。

預金の場合は、契約者が亡くなったりした場合は、積み立てができなくなるので、必要な教育資金を貯めることができない可能性があるわけです。

そして、高い戻り率。銀行預金は、定期預金で高くても年率0.3%程度なので、決して高いとは言い切れません。

また、学資保険は一般生命保険料控除の対象になるので、年間6万8,000円まで控除を受けることができます。年末調整等で所得税と住民税の節税になるので、そういう点でも預金よりお得であると言えます。

メリットばかりのように思いますが、一方で当然デメリットもあります。それは、途中解約すると元本割れすること。あくまで満期まで積み立てることを前提とした商品なので、途中で解約すると損することになります。

なので、契約時には保険料が毎月の家計から負担のない金額かを考える必要があります。これだけ満期時に欲しい金額で考えるよりも、支払える金額前提で考えましょう!

例え、満期に200万円欲しいと言っても、払えない保険料だったら家計にストレスがでます。それは生活にも影響しますからね。収入は今と同じではなく、上がることもあるので、その時に預金で積み増せばいいんです。保険料は固定費になっちゃいますので、ここは注意。

住信SBIネット銀行を使えば、簡単に家計簿を作ることができます。可視化もできるので、ぜひ登録して家計からねん出できるお金を把握しておきましょう。

我が家が学資保険に入った理由

我が家は、ソニー生命の学資保険に加入したんですが、入った理由は単純。戻り率が高かったからなんです。あと、保険料といういわば強制貯金になるので、途中換金できないデメリットはあるものの、勝手に貯まるメリットを重視しました。

さきほど書いたように、150万円を満期に考えていましたが、保険料負担がちょい家計とのバランスを見てしんどいかなって思ったので、満期は140万円にしました。

学資保険でおすすめはどこ?

学資保険もいろいろと資料請求したり、調べましたが、どこでもいいってわけではありません。シンプルに考えるといいです。お金を増やすための商品として、学資保険を選ぶわけなので、一番は戻り率です。

我が家が検討したときは、かんぽ生命の学資保険は戻り率が99.9%と元本割れ必須の商品だったんですよね。なんでそれを加入するのかが理解できなかったですが、今はかんぽ生命は戻り率が105.9%と向上しています。お金増えないんだったら、学資保険って選択肢を取る必要はないでしょう。

保険会社 日本生命 富国生命 ソニー生命 アフラック かんぽ生命
商品名 ニッセイ学資保険 みらいのつばさ Ⅱ型 夢みるこどもの学資保険 はじめのかんぽ
保険料免除条件 死亡 死亡、高度障害、身体障害 死亡、高度障害、身体障害 死亡、高度障害、身体障害 死亡、身体障害
契約できる上限年齢 69歳 70歳 50歳 65歳
満期金 1,000,000 1,000,000 1,000,000 1,000,000 1,000,000
戻り率 110.0% 110.1% 109.1% 105.2% 103.5%
年率換算 0.6% 0.6% 0.5% 0.3% 0.2%
備考 兄弟割引あり

なんとなくイメージでは、学資保険は「アフラック」や「かんぽ生命」って感じもありますが、返戻率で見るとそこまで良い商品ではありません。なので、我が家は選択肢から外しました。

兄弟割引のある富国生命は、兄弟がいること、あるいは、兄弟が生まれることを予定していると保険料の節約につながるので良い選択肢です。あとはやっぱり返戻率で判断かな、と。

学資保険はいつから加入すべき?

特に決まりはないので、加入したいときに加入すればオッケー。

出生前から加入することができる商品がほとんどなので、安定期を超えてから加入するのもひとつですね。そのあたりは、家計とのバランス重視で。

早く始めれば始めるほど良いのは、月々の負担が小さくなります。

教育費積み立ては、早く始めるほど良いので1歳までには加入しておくといいと思います。

学資保険のちょっとした注意点

ここはちょっと読み飛ばしてもらっていいですが、学資保険の隠れたデメリットも知っておくといいと思います。

学資保険はドアノック商品とも呼ばれて、保険会社からすると収益の出ない保険です。学資保険をキッカケに、ほかの保険(死亡保険や医療保険など)に加入してもらいたいのが本音のところです。

学資保険では対面での加入しかできないことも多いので、それはほかの保険商品を紹介する機会を設けるためでしょう。うちも、ソニー生命で学資保険を加入したときは、対面のみでした。そして、外貨建ての終身保険を勧められました。もちろん、加入しませんでしたけど。

営業では、「みなさん」加入されていますよ、とか、「貯金より有利」ですよ、とか言われます。そのときは、「みなさんってどのくらいの人ですか?」って具体的な数字を聞いておきましょう。多分、答えられませんが。

また、外貨建て終身保険や、投信と組み合わせた保険を勧めてこられた場合、「ほとんどの方がお金増やしています」(←この営業されたのはウチ)と言われて、「終身保険を満期で受け取った方はいるんですか」「どのくらいお金増えたんですか」っていじわるしようかと思いました。だって、営業の方が接した人で満期になっている人って限りなく少ないでしょうからね。

学資保険の検討をしているのであれば、いったん、学資保険の加入だけ検討するといいですよ。保険は不安商品。あれもこれもと保険に入ってしまうと、家計が圧迫されるだけです。

学資保険のみではなく、毎月コツコツが基本

TCartdesign / Pixabay

学資保険はあくまでツール。

要はお金が貯まればいいので、学資保険を必ずしも使う必要はありません。終身保険を活用する家庭もあれば、貯金だけの家庭もあります。どれかが正解ではなく、どれも正解です。

いつまでに、どのくらいのお金を増やしたいのか、貯めないといけないのかは、シミュレーションしておくといいですよ。

自分でシミュレーションが面倒くさい場合は、FPによる保険相談等を活用してもいいでしょう。どうせタダですしね。客観的なコメントをもらえたりすると勉強になります。

教育費のことはいろいろと悩むもの。話を聞いてもらって、客観的な判断をしてもらうとすごくためになりますよ。

FPによる保険の見直しで、節約できるかも・・・

さきほど紹介したマネーフォワードでは、ライフプランシミュレーション機能も無料で使えるのでそういったツールを使うのも一つの手です。

参考までに、我が家の教育資金積み立てプランを書いておきます。

年齢 方法 金額 備考
10歳まで 学資保険 140万円 10歳満期
15歳まで 児童手当 192万円
18歳まで 貯金 216万円 1万円×12月×18年
合計 548万円

学資保険は10年満期にしているので(その分利回りが高くなるから)、それを定期にしておく予定。児童手当は手を付けずに強制貯金です。じぶん銀行など普段使う銀行とは別の銀行で分類しています。

公式 じぶん銀行

中学卒業までには最低300万円と思っていますので、今のペースだと十分できる予定。

子どもの選択肢をつくる。

毎月の貯金にはそういった親の気持ちが込められているんだと思います。

フコク生命の学資保険 みらいのつばさは、兄弟割引もある学資保険なので、兄弟がいると強いですね。

では。

関連記事 大学までの教育費の貯金はそれで大丈夫?15年後に1.7倍にアップしても乗り切る術

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク
スポンサーリンク