ビッグトゥモロー2016年10月号に掲載されました。取材から掲載まではこんな感じ

ビッグトゥモロー2016.10

ブログを購読しているきびなごさんは常連ですが、Big tomorrow(ビッグトゥモロー)というサラリーマン向けのマネー雑誌の2016年10月号に掲載されました。発売されてから大分経っているので、今更・・・って感じではあるんですが。気付かれた人もほとんどいなかったのではないでしょうか。

実は、この雑誌に掲載させていただくのは2回目なのですが(このブログ経由は初めて)、今回は見開き2ページも割いていただき、とってもビックリ。大変恐縮です。

ということで、ビッグトゥモロウに取材を受けてから掲載までの流れをまとめてみます。

スポンサーリンク

取材はある日突然来る!

メール、スマートフォン

お問い合わせフォームから、ある日突然メールが来ました。

はじめまして。私、月刊「ビッグトゥモロウ」というマネー&ビジネス誌の記者、●●と申します。弊誌の特集企画で、お話をお聞きしたく、取材のお願いでご連絡さしあげました。突然で恐縮ですが、詳細は以下のとおりでございます。

〇特集大テーマ、内容
-割愛-

ジンさまは「会社に頼らない」や「経済的な自立」は意識されていないかもしれませんが、ブログ拝見し、お金についてあれこれ考え、いろいろ実践されているのがとても興味深く、そのあたりのお話をお聞きしたいと思っております。

今回のテーマは、会社に頼らない、あるいは、経済的な自立をされている人が対象だったようですが、全然自立していないわたくしめに白羽の矢が当たったのは摩訶不思議。

雑誌を見て頂くと分かりますが、私以外は家賃収入が年間●千万円とか、株式投資で●千万円とか、次元が違う感じです。

とにもかくにも、まずはメールで取材依頼があるということですね。

取材はどんなふうにされるの?

これは、通常面談による取材をされるようです。私はあいにく、都合がつかなかったので、電話による取材でした。約1時間以上、多分大学生以来だろうと思うんですが、長電話しましたw

電話取材の前には、事前にこんなことを聞きたいです!というシートがメールで送られてきますので、なんとなく回答を考えていたのを答えたって感じですね。

取材後はどんな感じ?

取材を受けた後は、ぱったり連絡がなくなってしまい、「あれ?もしかして騙された?」(失礼!)的な気持ちも芽生えなくはなかったんですが、取材後1週間程度して、追加質問や画像を送ってほしい等の依頼を受けました。

そのあとは、数日すると原稿が送られてきて「明日までにチェックしてください!時間がなくてすいません!!」ってな感じのメールが届きました。こんな感じです。

ジンさま

お世話になっております。
ビッグトゥモロウ●●です。

このたびは弊誌企画にご協力いただきありがとうございました。
原稿ができあがりましたのでお送りします。
文字情報はワード、
デザインはPDF該当部分をご確認ください。

修正等については、
明日●月●日(●)中まで頂戴できますと助かります。

タイトなスケジュールで恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。

出版業界って締め切りに追われているイメージがあるので、やっぱりそうなんだなぁと思いつつ、原稿をチェック。

ここで、修正ができるので、修正箇所はいそいそと打って、メール返信。相手も急いでいるっぽいので、こうした対応はすぐにするといいんでしょうね。

取材を受けると掲載号を送ってくれる

ビッグトゥモロウ2016年10月号が送られてきました!

ビッグトゥモロウ2016.10ver.2

何年か前に掲載してもらったときは、白黒だったんですが、今回はカラーページ、しかも見開きです。とってもビックリ。

内容については、このブログに書いていることばかりで、目新しいことはありませんが、そうしたことを取材していただき、掲載してもらえたことはとても光栄です。ありがとうございます。

コンパクトにまとめる技術ってすごいなぁと思います。ギュッと凝縮されていますので、ご興味があれば読んで頂ければと思います。

取材を受けたことで改めて思う

投資、1人、家計

経済的な自立。

これはとてもとても強く思っていることです。まだその目途は、米粒ほどにも経っていませんが、いつかは、経済的に自立したいという思いを持っています。

会社を辞めたいとかそういうのではなく、安心感、そして、お金に縛られずに行動したりしたいというのが本音です。

ずいぶんと遠回りして、失敗もしてきました。

そうした失敗を踏まえながら、ブログも書いたりしています。このブログを読んでくださる読者の方に同じ失敗をしてほしくないので、その経験をお伝えしたい。

また、経験を書くことで、自分の考えがはっきりとなったり、改めて、気づきがあったりします。今回の取材もそう。聞かれて初めて「あっ。そういえばこんな考えもあるな」「こんな考えもしてたな」というのが、いくつかありました。

アウトプットをすることって大切ですよね。ほんとにこのブログで記事を書くということだけで、より考えがクリアになったり、洗練されたりすることは数知れずです。

まだまだ未熟だし、年齢を考えると随分と出遅れていると思う。ま、焦らずのんびり、やれることをコツコツやっていく。そんな感じでしょうか。

経済的な自由は手に入れる日は来ないかもしれない。その可能性のほうが高いと思う。けれども、その夢に向かって、毎日を過ごし、意志ある一日を進んでいきたい。そう改めて思うことができました。

何はともあれ、このブログを始めて約2年。初めての雑誌掲載という出来事でした。良い経験となりましたので、取材して頂いた方とビッグトゥモロウさんには感謝です。

以上、雑誌に掲載されたよって記事でした。

ではでは。

おすすめ 貧乏なお金の使い方を止めれば、もっとお金は貯まるんだろうができていない現状。

おすすめ 35歳を過ぎて、急にお金持ちになる人は少ない。

追記。いろんな方にお声掛け頂き、嬉しい限りです

ほかにもたくさんの方に、お声をかけていただき、これが一番の財産となりました。ありがとうございました!

ではでは。