子どもに玩具(おもちゃ)を与えすぎるのはよくないことか。

トミカ

いつの日からかトミカ好きになった我が子。2歳になって話す言葉も増えてきました。その成長を見るのはすんごい楽しいです。

ですが、ちょっと良くないなぁと思っていることが子どものおもちゃが増えすぎていること。

親が悪いんですが、「買い与える」ことが子どもにとって悪影響が出ていると感じるようになってきました。

子育てでおもちゃは大切なツールですが、使い方次第ではよろしくない子育てと言えませんか。

スポンサーリンク

子どもにとっておもちゃは大事だけど

トミカ

おもちゃの与え過ぎはよくない。いろんな育児書でも書かれていることです。私もそうだなって思っていました。

最初の記憶はほとんどありませんが、我が家ではトミカを持ったのがおもちゃを買い与えることになった始まりです。

買う頻度は月に1回程度だったのですが、最近はおばあちゃんも買ったりするため、子どもにとっては、「買ってもらえるおもちゃ」という認識がついてしまいました。

●●したら買ってあげる

これって禁句だと思うんですが、ついつい言ってしまいます。

外出した際には、我が子はもう13キロ以上あるわけで抱っこひもをするには重すぎます。ベビーカーに乗ってもらわないと、移動もしんどいわけです。

ただ甘えたがりの時期なので、ベビーカーを嫌い「すぐに抱っこ!」と言って、抱っこすることになるんですよね。お昼寝の時間のとき、あるいは、腕が限界のとき、なだめるとき、こういうときには、ベビーカーに乗らせたいわけです。

でも、全然乗ってくれません。

ただ、おもちゃを渡すとすんなりと乗ってくれることが多いのです。

こういうのがよくないんですよね。親も「その時」のことを思い、おもちゃを買って渡したりしてしまいます。親の我慢が足らないと、我慢しない子どもになっている気がします。

次々におもちゃを買い与えていてはキリがないんですよね。

先日、しばらくおもちゃは買わないでおこう!って夫婦で話をしましたが、その次の日には新しいおもちゃを買っていました。

「なんで?」って聞くと、おもちゃ売り場が子どもの目に入ってしまい、収拾がつかなくなり、買わざるを得なくなったようです。

強烈なダダをこねた姿は、容易に想像はできますが、親の我慢も足らなすぎます。場所は家電量販店。なんで家電量販店にトミカ売ってんだよ・・・って思いました(笑)。

「おもちゃを買ってあげる」を我慢する

トミカ

子どもにとって、大切なことは何だろう?

「我慢」も大事なんですよね。次々と新しいおもちゃが出てくると、古いおもちゃに興味を持たなくなってしまいます。それって、かなりよくない。

我慢する。

モノを大事にする。

大切に使う。

こんな当たり前のことができなくなるおそれがあると思うんですよね。

親がもっとしっかりしなきゃ。ホントに。子どもとおもちゃはホントに難しいです。先日もおばあちゃんが買ってくれたおもちゃ隠しましたもの。直観的にこれはよくないって。

子どもの想像力が働くようなおもちゃがいいんだろうけどなぁ。

最近は、トミカでも「警察」「消防」シリーズでずっと遊んでいます。新しいトミカより、古いトミカに興味を持ちだしてくれたのはちょっとだけ嬉しい出来事。

おもちゃに頼らないこと。

親ががんばらないとね。

では。

この本読みましたけど、うちの子かと思いましたわ。男の子っておんなじなんだろうなぁ。がんばれ、親!子ども!

では。