子どもの教育費はどうやって貯める?学資保険が正解?それともまだ学資保険?

By: Kevin Dooley

子どもの教育費ってどうやって貯めていますか。

同僚には子どもを持つ割合も多いのですが、お金の話ってほとんどしません。お金って大切なんだけど、情報交換できないデリケートなことらしいですわ。

自分としては、せっかく同じ子育て世代なんだから、家のお金どうする?子どものお金どうやって貯めてる?とか、話があってもいいものだけど。全然ない。

ということで、気になる教育費。あなたはどうやって貯めてますか?足りていますか?
By: Kevin Dooley

スポンサーリンク

子育て・教育費はこんなにかかる

子どもを育てるのってお金がすごいかかります。文部科学省「平成24年度子どもの学習費調査」によれば、これだけかかります。単位は円。

ステージ 公立 私立
小学校・6年間 1,830,000 8,530,000
中学校・3年間 1,350,000 3,880,000
高校・3年間 1,160,000 2,900,000
大学・4年間 5,180,000 6,900,000
合計 9,520,000 22,210,000

参考サイトはこれ→http://lify.jp/contents/insurance_point/p18.php

保育園や幼稚園の費用は省いていますが、オール国公立で行っても最低限1,000万円はかかるというらしい。オール私立だとその倍以上・・・。

教育費ってすんごい高い。

教育費はどうやって貯める?

教育費って聖域な気もしますが、それはさておき最低限貯金したい金額ってあると思います。

我が家の想定は大学卒業まで。大学に行くかどうかは知らないけど、「行きたい!」って言われたときに行かせる貯金はしておきたいと思っています。世の中お金じゃないなんてキレイゴト、言いません。だいぶとお金が大切。

教育費を貯めるときに考えたいのが、

確実に貯めること

だと思っています。

確実に貯めるって?

大学初期費用

このサイトによると、大学入学時にとりあえず必要なお金はざっくり

150万円くらい

いるってこと。まず、これは確実に貯めたい。

18年間で貯めようと思うと、年間85,000円くらい。月7,000円くらいです。コツコツ貯めればできる金額。

まずはそれを目標にしましょ。

確実に貯める方法

では、貯金を確実に貯めていく方法、というか我が家が実践していること。

児童手当に手をつけない

現行制度が続けばと前置きで、中学校卒業するまで支給されますね。3歳未満とそれ以降で支給額が異なりますが、計算すると

  • 3歳未満まで月額15,000円×24月=360,000円
  • 3歳以降中学卒業まで月額10,000円×13年(156月)=1,560,000円

となりますので、何も手を付けないでひたすら貯金をすると、子どもが高校に入るころには、

192万円っ!!

ハイ、目標達成ですね。我が家はまず、児童手当に手を付けない戦略で進んでおります。

児童手当の支給日はいつ?共働き夫婦は所得制限に注意して、コツコツ貯めて教育費にしよう
児童手当が初めて支給されました! 金欠の我が家にとってはありがたい収入です。たかだか月15,000円って思うなかれ。積もれば大きな金額になりますよね! 実際には赤ちゃんがいる生...

学資保険は加入すべきか?

私が周りにヒアリングをしたところ、大体半々です。半分は学資保険に入ってて、半分は学資保険には入っていません。そんなもんか。親には学資保険に入れって言われましたけど。

じゃあ、学資保険に入ったほうがいいの?

ってことなんですが、答えはどっちでもいいんじゃね?ってことです。

我が家は学資保険に加入しました。保険マンモスの無料保険相談など保険を複数取り扱う店舗が最近増えていますね。そういうところでも相談しました。

決めたのは、ソニー生命です。

返戻率といって利息がつくわけですが、それが高かったからです。当時は一番(1年前)

あたりが有名ところだと思いいますが、富国生命、日本生命、ソニー生命は返戻率が高いです。かんぽ生命は一番有名で安心どころですが、返戻率が低いのでおすすめしません。

フコク生命の学資保険 みらいのつばさは、兄弟割引があるので、兄弟がいると保険料を抑えることができていいですね。キティのパンフレットで思い出しますが、人気の商品です。

我が家がソニー生命を選んだ理由は2点。


  1. 10年満期を選べたから
  2. 利率が高かったから

これだけです。学資保険って通常18歳まで積み立てると思いますが、我が家はその選択肢を取りませんでした。なぜなら、18年間お金を拘束されるのに違和感を覚えたから、です。満期が短いほど返戻率も1年あたりで計算すると高くなります。

我が家は10年満期。毎月の保険料が18年満期より高いのがマイナス点ですが、11歳以降さらに貯金できる余力を作れるので選びました。

児童手当とソニー生命の学資保険で中学卒業までには、300万円以上貯金できている計算です。

学資保険は生命保険料控除にもなるのでちょいと節税にもなりますね。

10年満期にした理由

学資保険のデメリットは、途中で引き出せない。途中で解約すると元本割れするってことです。

そのリスクを下げるために、一般的な18年満期ではなく10年満期にしました。

10年後は何にでも使える最強のお金、貯金に変わってくれます。

10年満期だと、年率換算で1%超の利率。定期預金より高い利率なので、そこそこいいのかなって思ってます。

その他の選択肢

じぶん銀行の定期預金

定期預金ってのが王道ですが、じぶん銀行の定期預金でauユーザーだと金利上乗せがあるのでネット銀行のなかでも高金利になります。

我が家は(たまたまですが)auユーザーへの機種変更を考えているので、このメリットを活かせそうな気がしています。

公式 じぶん銀行

じぶん銀行はお金が貯まる銀行!特にauユーザーにはメリット大!特典が満載の銀行です。
docomoのスマートフォンを利用しているのですが、今年で契約してから2年が経つのでキャリアの変更を考えています。 家族の人数が少ない我が家にとっては、docomoが提供している...

物価連動国債

国債って個人が買えないって思っている方もいらっしゃいますが、バリバリ買えます。

そのなかでも、物価の変動に応じて元金が増減する国債(物価連動国債)も選択肢のひとつです。物価が日銀の思惑通り上がれば(今のところ全然上がっていないけど)、金利も上がります。インフレ対応に適した商品とも言われていますね。さきほどのじぶん銀行と相性がいい(同じ三菱UFJグループ)、カブドットコム証券で買うことができます。

投資信託もありますしね。口座維持管理料は無料なので、保有していて便利な証券会社です。しかも、手数料がガバッと下げたので、ネット証券でも最安です。

三菱UFJ銀行との相性もいい(資金移動が楽ちん)ので、保有しておきたい証券口座のひとつです。

コツコツ積立が基本

お金ってドンと一気に貯まってくれるとうれしいのですが、そうはいきません。コツコツ貯金をしていくのが最適な行動なんだなって思います。

必要額の貯金ができれば、それを置いておいてセゾン投信などのリスク資産に投資をするのもありかもしれませんが、あくまで教育費とは別の運用手段としてするほうがいいかなって思います。

セゾン投信の利回りは上昇!貯金以外の選択肢として持っておく投資方法とは?
久々に投資の話です。 最近、投資の方針お考えています。 投資って言うと敬遠する方も多いとは思いますが、お金を増やしていこうと考える場合には外せない選択肢です。預金金利だけでお金...

貯金はする

それも毎月。

それがあなたの子どもを守るお金となるんだと思います。

我が家は中学卒業までに300万円。児童手当と学資保険でほぼ確実に貯まっているはず。

ということで、倍の600万円は大学入学までに貯金したいなぁ。

コツコツ貯金。手段を迷っていてもまず行動!!

利用したことがありますが、保険マンモスの無料保険相談だと客観的なアドバイスをもらえたりするので、無料相談を受けてみるのも手ですね。話を聞いてもらえますし、不安も和らぎます。貴重なライフプランシミュレーションです。

自分でやるよりもヒアリングを受けながら、作ってもらえるとすごく参考になりますよ。

また、フコク生命の学資保険 みらいのつばさは、兄弟割引もある学資保険なので、兄弟がいると強いですね。

では。

家計簿を簡単にする無料アプリマネーフォワードの使い方とは?
家計簿をつけるのって面倒くさくないですか? 家計簿ブロガーなのに、面倒くさがり屋です。今年に入って、家計簿アプリ「 マネーフォワード」に出会ってからはスン語句時間短縮できています。...

関連記事子どもの教育費はいくら必要?貯め方はどうしますか?

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 私も学資保険に入っていて、相方が積み立てています。

    さすがに大学入学金は一括に払うのは難しいですからね。

    知り合いが結構県外の私立などに進学させていますが、さすがにうちでは無理(-_-;)
    県外の国公立でも厳しいので、県内の国公立大学を希望しています(*^_^*)

    本県は比較的人口が少ないので、学科を選ばなければ、倍率も低いのですが・・・

    それが無理なら、県内私立大学で我慢してほしい(*^_^*)

    もの凄く出来が良かったら、県外の国公立大学へ行かせることも考える必要が出てきますが、今のところその心配はなさそうで安心?したいところです(*^_^*)

    • ジン より:

      しらいさん

      大学入学金は高額ですね。一括はとてもじゃないが無理です。うちも県外の私立となると交通費、一人暮らし費用のことを考えるとかなり厳しいです。できれば自宅から通える国公立が理想的ですね。
      教育費だけはコツコツ貯金をしていくほか選択肢はないですね。リスク資産も必要額が貯金できたならば考えたいですが、当分は貯金一本でやっていきたいと思います。

  2. たかみん より:

    こんにちは、初めてコメントします。
    我が家も、大学進学用として、児童手当と学資保険を貯めておくつもりです。
    来年からは、子供版NISAも始まるらしいので、その活用方法も模索しようと思ってます。

    て、ジンさんの記事を読んで、私も我が家の場合を確認してみました…。
    それなりに貯まるはずですが、まだまだ足りませんし、我が家もコツコツ貯金、頑張ります!

    • ジン より:

      たかみんさん
      はじめまして!
      同じですねー!ウチもNISAは検討してます。
      お互いコツコツ貯金がんばりましょー!
      ブログも読みましたー。読みやすくて好感持てました!!今後ともよろしくお願いします(^^)