満額ボーナスもらってから転職するには、いつ「退職届」を提出すべき?

退職 ボーナス

12月になると冬のボーナス支給日ですね。

年末最後の大きな収入なので、使い方をどうしようかな、と考えている人もいるのではないでしょうか。


【ボーナス支給日】

  • 国家公務員 12月10日
  • 民間 12月上旬

私のボーナスは昨年並みであれば、50万円ほどになりそうです。例年、ボーナスの7割くらいは貯金をしますので、単純計算で35万円くらいは貯金できそうです。年末、最後の追い込みですね。

さて、ボーナスが近づくと、退職する人が出てきますね。

あなたの会社でもいませんか。

最後は、もらうものはもらって退職しようという考えを持つのは普通なので、それについては、何とも思いません。というか、自分が転職をするなら、ボーナスをもらってから辞めようと思いますし。

我が部署にも、退職する人がいます。

業務的には厳しいのですが、ふと、退職をする人ってボーナス支給前に伝えているのだろうか、支給後に伝えているのだろうか。

気になったので、知り合いの社会保険労務士に聞いてみました。

スポンサーリンク

退職届はいつ出すのがいいの?

通常、会社を退職する場合は、会社側に「退職届」を提出し、その退職の意思を表示する必要があります。

この場合、民法上は、退職の意思を会社に伝えてから2週間後に辞めることができますね。

 退職は、労働者の一方的な意思表示により効力が発生しますので、特に会社の承認は必要としません。民法では期間の定めのない雇用契約については、解約の申し入れ後、2週間(但し、月給制の場合は、当該賃金計算期間の前半に申し入れて下さい。)で終了することとなっており、会社の同意がなければ退職できないというものではありません(民法第627条)
 なお、会社の就業規則において、「労働者は1ヶ月前に退職を申し出なければならない」と定められている場合、民法の規定を任意法規と解して、こうした特約が許されるとする見解もありますが、裁判例では、これを強行法規と解するものもあり、見解が分かれています。
 まずは、会社の就業規則の内容を十分ご確認ください。

引用 引用元のリンク 厚生労働省-福岡労働局-

就業規則を確認するのがまず先決です。

何も書かれていなければ民法に習うわけですが、現実問題としては、2週間後に辞めます!というとひんしゅくを買うことになる思います。

やはり、人員配置、業務引き継ぎなどを考えると、少なくとも1か月前には退職の意思を表示すべきですね。

私が転職をしたときには、2か月くらい前に退職届を出したと記憶しています。

ボーナス支給前に退職届

会社のボーナス支給規定を確認するのが第一ですが、なかなか見る機会もないのではないでしょうか。

夏のボーナスであれば、10月から3月の業務成績、冬のボーナスであれば4月から9月の業務成績をもとに支給といった具合に、会社によって違いますので、確認しておくといいですね。

労働条件 ボーナス

例えば、9月まできちんと働いていて、12月上旬の冬のボーナス前に退職の意思表示をした場合。

満額を出してもらえることもあれば、満額を出してもらえないこともあります。ボーナス支給規定にもよりますが、ボーナスは支払わなければならないものではなく、会社の経営状況や本人の査定なども加味されます。

ボーナス支給前に退職を伝えたら、ボーナス支給額を減額された・・・。

社労士の方にお話を聞くと、これは仕方がない部分もあり、不服を申し出ても覆すことは難しいと思ったほうがいいとのことでした。

ベストはボーナス支給後に退職届

ボーナスを満額貰いたい場合は、ボーナス支給後に退職届を提出すべきと言えますね。

さすがに支給後に、返せとは言われないですからね。

当然ですが、ボーナスのことばかり考えて、会社にしこりを残したり、転職機会を逃してしまうことが一番マイナスです。

「何を優先すべきか」は、明確です。お金のために転職をするわけではないですよね。

転職先のボーナス支給はどうなる?

転職スケジュールが合えば、転職前の会社でもボーナスを満額支給され、転職先でも最初のボーナス時期に支給される、ということもありますね。

ただ、これはなかなかうまいこといきません。

私や周りの人の話を聞いていると、「最初のボーナスはもらえない」と思ったほうがよさそうです。もらえたらラッキーくらいですね。

転職後は、一定の試用期間が設けられているもの。この試用期間は、一般的にボーナス(賞与)の算定期間に含まれないことが多いからです。

私が転職したときには、最初のボーナス時期で寸志だけ支給してもらえましたが、これでもラッキーだったのかもしれません。

転職活動はエージェントを利用しておこう

転職活動を会社に分かってしまうと、会社に居づらくなりますので、転職活動をしていることは親しい同僚にも話さずに、活動すべきです。

また、転職活動豊富な友人に話を聞くと、「登録できるものはとりあえず、できるだけしておく」と言うのがいいようです。なぜなら、どの転職サービス会社から、自分に合う転職情報が入ってくるかわからないからです。

転職会社によって、強み、弱みがありますからね。

まず、この2つは登録しておくべきです。

リクルートエージェントは、転職エージェントでも最も有名ではないでしょうか。色々とアドバイスしてくれるサービスを利用している人も多いみたいですね。

こちらの転職サービスも有名どころですね。リクルートとこのDODAをまずは登録していると鉄板ですね。

≫≫ 「転職ならDODA(デューダ)」

最後に。

ボーナスを満額もらってから退職したいと考えている人は、

退職届を申し出るタイミングは、

ボーナス(賞与)支給後がベスト!

です。

では。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク