子どもが突然嘔吐!親ができることは精神的なケアも必要よね。

この1週間に、子ども(2歳半)が嘔吐を繰り返して、ばてばてになっているジン家です。

この年末の忙しいときに、保育園に預けることができないので、夫婦で交代で仕事を休みまくっているので、やや精神的にもしんどいです。仕方がないとはいえ、休みが多いと「悪いなぁ」という気持ちが芽生え、膨らんでいきます。

それよりもはるかに大きな気持ちが、「早く治ってほしい」というものです。

今日は単なる雑記です。

スポンサーリンク

嘔吐の原因は分からない

週末にみんなで朝食を食べていたときに、なんか変だなと思ったのです。

普段であったら絶対「もっとちょーだい!」というメニューだったのに、全然食べない。

そしたら、突然「頭が痛い」と言い出して、子どもも頭が痛くなるものなのかというなんだかのんきなことをぼんやり思っていたら、いきなり嘔吐・・・!!

子どもが嘔吐をしたのは、赤ちゃんのとき以来だったので、びっくりしました。

ノロなどの感染症のほかに、頭に原因があるときにも嘔吐するみたいです。うちの子は、どっちか分かりませんでした。なぜなら、職場でノロウィルスが流行っていたので、もしかして私から?(私はなっていませんが)と思ったからです。

お子様の急な発病、けが・事故への対処方法を小児科医がまとめました

吐いたあとは突然元気に

吐いた後はすっきりしたのか、元通りに(いつも以上に)元気になっていたので、しばらく様子を見ていました。

熱を測っても特になかったですし、前の晩ごはんをたらふく食べていたので、食べ過ぎていたのかな程度に思っていたんです。

週明けからは「単なる甘えた?」

週が明けると、保育園に仕事。また、忙しい日が始まります。

ただ、子どもの様子をみるとなんだか元気がない。

熱を測ってみると高熱というほどでもないにしろ、熱がある状態でした。水分補給をこまめにしながら、仕事も保育園も休み、お家でのんびり。

結局、休んだら休んだらで元気になるという感じで「単に甘えたかっただけなのかな?」とも思っていました。

熱→嘔吐の繰り返し

次の日。なんだ結局、元気なのかとほっとしていたんです。

保育園にも行っていたし、元気そうだったし、食欲もあるし。

仕事から帰ると、また、今度は元気がなくなっている。普段であれば「絵本読んでーーー!!」と元気いっぱいですが、絵本の時間にもなんだかぐったりしていて、「早くベッドに行こう」と珍しく遊びもせずに、寝ることに。

ベッドに行って寝かしつけようとした瞬間、嘔吐!

子どもにはかからず、私は子どもの嘔吐まみれ、ベッドも嘔吐まみれと悲惨な状態でした。

このときは、ノロウィルスかもしれない!と思って、着ていた服やベッドのシーツは残念ですが、捨てることにしました。完全に消毒できるかどうかわからなかったからです。

昔、ノロウィルスになったことがあり、その強烈な感染力としんどさは知っているので、早め早めの処置ですね。

精神的なケアも必要

医療的な措置は、専門家の記事を検索してみてください。知識もなくここでは書けませんので。

参考  子どもの嘔吐にはどんな対処法がある? 家庭でできる看病(ホームケア)のポイント

嘔吐をするなど、子どもが初めての体験の場合は、子ども自身がうろたえています。とにかく、落ち着かせ、安心させることも大事だと感じました。

いつも以上に甘えん坊さんになっていましたので、優しい言葉をかけ、包み込むように抱っこしていると、そのまま眠っていました。

眠っている顔はいつも以上にほっとしている感じで、かわいかったですが(親ばかすいません)。

いつ休むんでもいいように仕事をしておけ

子どもが生まれてから、特に、保育園に預けるようになってからは、子どもが理由で仕事を休むことがしばしばあります。

上司からは「いつ休んでもいいようにしておけ」とか言われていますが、それは分かるんですが、明日休むかもしれない前提で毎日過ごすのはかなりしんどいです。

というか無理です。予兆があれば、準備しますけどね。

とりあえず病院は正解

お医者さんに診てもらうのが一番です。

ウィルス性胃腸炎かもしれないですし、単なる食べすぎかもしれませんし、原因がわからないときには、とりあえず病院に行って先生に診てもらうことで、親も安心しますしね。

また、家には消毒アイテムを置いておくのは必須だな、と思いました。

パートナーがAmazonで探してきて、これ、良さそうですね。

ウィルバス

捨ててしまったパジャマとシーツを買いに行かないと。

非常に気温が下がって寒くなってきます。

みなさんも体調にはくれぐれもお気を付けくださいませ。

ではでは。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク
スポンサーリンク