お金の価値観は夫婦で築くことで最強家計をめざしていく。ストレス溜めないお金の貯め方。

夫婦のお金

最近「それ、もったいないんじゃない?」という言葉が家庭で出ています。

今までは、「これ欲しいんだけど?」とパパ、ママどちらかが言っても答えは決まっていました。

「買ったらいいんじゃない?」

夫婦で家計を動かしていくには、どちらもアクセル(使う)、あるいは、どちらもブレーキ(使わない)では、うまくいくものもなかなかうまくいきません。

分かっているだろうという思いが、ときにコミュニケーション不足を生みますが、夫婦だからこそより密な情報共有が必要なんだと思います。

スポンサーリンク

お金の価値観を夫婦で合わそう

夫婦の家計簿3

経験から築かれたお金の価値観は、人それぞれです。

5,000円の買い物が安いと思う人もいれば、高いと思う人もいます。もちろん、モノ、場面によっても、それは変わってきますよね。

Pickup! ラーメン一杯にいくら払う?金銭感覚がお金の満足感を上げてくれる。

我が家の家計は、予算に対してきっちりというよりは、ゆるふわな家計です。最終的には、トータル(年間)で黒字になればいいというのが最低限のスタンス。

ギスギスするよりも、ずっといいと思うからです。

これも、超厳格な家計を過去にして、ギスギスした思いを経験して、失敗だったなと思うから今があります。

夫婦のお金の価値観の最終ゴールは?

人生を楽しむ。

これ以上のゴールはないと思いますが、そのためには、いくらかの貯金が必要です。

この必要な貯金は環境によって変わるものですが、貯金をしていくためにも、夫婦のお金に対する価値観を擦り合わせて、お金を使うことが大事です。

それはね。

納得いく、満足いくお金の使い方がずれていると、「なんでそんなものにお金使っているの!」って不満に思っちゃうんですよ。

結局は、お金の価値観、相手を認める価値観、敬うことが必要なんだなと思うわけです。

そうでなければ、夫婦で協力して貯蓄していくことが難しいんですよね。

支出のゆるみを作らない

夫婦の家計簿3

我が家は、ギスギスした家計から不穏な空気が家庭内に生まれてしまっていたので、ガチガチ家計から、ゆるふわ家計にシフトしていきいます。

お互いの支出に干渉しすぎない家計です。

何に使っているかを知ってしまうと、自分のモノサシでついついそれがいい買い物なのか、お金の使い方を測ろうとしてしまいます。

これがよくありません。

相手にとって、とってもいい買い物をしたと思っているかもしれないからです。

そのため、相手の買い物に必要以上に干渉せず、家族で使うものはお互い意見を出し合って、いいものを買うという、振り返ると当たり前の家計運営に至りました。

しかしっ!!

相手に干渉しすぎないと、これまた失敗も生まれてきます。

要は、支出の緩みです。

人間ってなんて不思議なのでしょう?

国の税金も、余ったキャッシュを持つ企業も、「監査」という外部チェックがないとすぐに使ってしまうのです。

国レベルでも、家計レベルでも、我が家でも、それは同じw

干渉しすぎないけど、支出のゆるみを作らない仕組みが必要なんです。

支出のゆるみを作らない仕組み

夫婦の家計簿3

近すぎず、遠すぎずの関係を良しとするならば、なかなか家計への監査という観点は、望ましくないですね。少なくとも、我が家はそうです。

そこで、我が家が取ってみた方法!

偉そうに言うほどでもないですが、

今月の使えるお金をきちんと伝えて、お互い認識しておく!

これだけですわ~。

我が家は毎月必ず30万円は出て行きます。生活するコストです。

収入は毎月40万円前後あります。

毎月5万円を積み立てていますので、42万円の収入があれば、7万円の余剰があるけど、今月使えるお金は「4万円にしよう」、もしくは、38万円の収入があれば、「3万円」が今月使えるお金です。

という感じで、きちんとライン引きをするというのを心掛けているわけです。

使えるお金の天井を示しておくというのが大事なんですかね~。

ちなみに、今月使えるお金とは、外食やレジャー、被服費などです。

お金の価値観が夫婦で合うと最強

お金の価値観のズレって、放っておいてもズレが解消されるわけでもありません。

家計に対する意識を作ってもらうことが、お金の価値観を擦り合わせる手段です。

お金の価値観が合ってくると、どちらかが「もったいないよ」という『ブレーキ役』になってくれます。アクセル(使う)ばっかりでは、お金が増えるどころか減るばかりですからね。

価値観を合わす秘訣は、

●夫婦で話し合って、お金のゴールを明確化しておく

●家計簿は毎月見て、話し合いをする

●ここまでは自由に使っていいよ!というラインをきちんと引く

こうしたことを続けれていければ、お金の価値観は近づいてきますよ~。

気付けば、あなたの家計の貯蓄も一歩ずつ前進して増えていくことでしょう。

いくつかの失敗を経ると、夫婦の家計って強くなっていくんだと思います。

夫婦でケチケチしすぎずに、お金を増やしていきたいですね。

ではでは。