クレジットカードは、高還元率カードを選んで使うのが果たして正解なの?

クレジットカード

クレジットカードは、種類が多いので、正直どれを選ぶのがベストか分からないですね。

ここは、シンプルに還元率が高いクレジットカードが一番だ!と、思いたいところですが、そうではないこともありますよね。還元率が1.5%と高くても、年会費が3,000円するカードであれば、クレジットカードの年会費は払いたくないという方にとっては、ベストとは言えません。

私は、クレジットカードを10枚以上保有して、10年間でいろんなクレジットカードを試してきましたが、クレジットカードの使い方ひとつで、損もするし、得もするなというのが正直な感想です。クレジットカード選びはどうしたらいい?改めて考えてみる。

スポンサーリンク

当たり前だけど、生活習慣に合ったカードを

クレジットカードは使えばポイントが貯まります。そのポイントを使って、買い物ができるので、現金で払うよりもとってもお得ですね。

当たりまえ過ぎてあれですが、自分の生活習慣に合ったカードを使い倒すというのが、

いっっっちばん!いいクレジットカードの使い方です。

ライフに月に1度しか行かない人が、誕生日月はポイント5倍だよ!って言われても、ライフのクレジットカードを(LCカード)作る意味はありませんよね。

ポイントがたくさんもらえる月はあるかもしれないけど、そもそも使わないんだったら意味がない。

楽天で買い物しない人が、楽天カードを持っても、そのお得度は半減してしまいます。

ポイント還元率が高くても、そのポイントが使いづらいものであったら、まるで意味はありません。

私のように滅多に飛行機に乗らない人が、マイルが貯まるカードを持つ理由はないのと同じです。

お店によって使い分けは、管理が面倒

私は一部、お店によってクレジットカードを使い分けをしていますが、基本的にこれムダ!です。

面倒くさいし、ポイントは1枚のクレジットカードに集約させるのが、効率よくて便利ですね。

ポイントは分散させるよりも効率性を求めたほうが、管理も楽で、節約もできていいことづkめですね。

家計を楽にしたければ、クレジットカードは1枚にまとめなさい

ただ単に還元率が高いクレジットカードを選ぶべき?

我が家は、還元率1.5%のクレジットカードを保有しています。漢方スタイルクラブカードです。電話、電気、スマホ、保険料など固定費の支払いはこのカードに集約させています。

最近は、この還元率が高いだけという理由でカードを選んでいいものか?と、ふと疑問に感じることがありました。

それは、還元率1.5%は確かに魅力的ではある。あるんだけど、ボーナス的なポイントが漢方スタイルクラブカードの場合、年間120万円くらい使って1,750円分のポイントが余分にもらえるので、お得なんです。

ただ、でもそれだけなんですよね。

期間限定ポイントは意外に使える

普段、楽天市場での買い物が多い方は、楽天カードを持っていないという方はいないのではないでしょうか。

それくらい、楽天カードは魅力的なカードです。

年会費無料で、還元率は1.0%もあります。楽天市場では、常にポイント2倍になるなど、使えば使うほどお得ですね。

私は、nanacoチャージでもポイントが貯まるカードとして、リクルートカードを利用しています。このリクルートカードは、年会費無料であるにもかかわらず、還元率1.2%と非常に高いのが特徴的。

そして、なによりも期間限定ポイントがもらえたり、割引券をもらうことがあります。割引券は、ポンパレモールと言って楽天市場のような、リクルートが運営するショッピングモールのことです。

ポンパレモールやじゃらんなどで使えるリクルートポイントの期間限定ポイントがもらえたりして、かなりお得です。

リクルートポイント

リクルートカードは一例ですが、ポイント還元率がやや劣ったとしても、期間限定ポイントやショッピングでのポイントアップなどを、うまく活用すれば、カードの還元率1.2%をはるかに超えるお得さということが言えますね。

我が家は、税金支払い用にリクルートカードを使っているわけですが、今年は10万円くらい利用して、ポイント利用は5万円くらいあります。

還元率50%?笑(たまたま期間限定ポイントをたくさんもらえたからであって、50%が常時あるわけではないですよ)。

参考  固定資産税とは?nanaco(ナナコ)で支払って税金を安くする方法を解説

先日は、保有しているdカードでも、期間限定ポイントをもらえたんですが、期間限定ポイントをたくさんもらえるカードを選ぶ方がお得なんじゃない?って思います。

もらったポイントの範囲内で、消費すれば無駄遣いもしなくて済みますしね。

参考  dポイントをローソンで使ってみた。あまりにも簡単にポイント利用できる

生活習慣に合ったカードを選ぶ

還元率にこだわりすぎず、自分がどこで、カード代金を支払うことが多いのか、これを知っておくだけで、カード選びはずっと楽になるはずです。

毎日のようにローソンに行くって方は、dカード常に3%割引に加えて、iD利用でdポイントが2%分つくので、お得なカードと言えます。

普段の買い物傾向を把握して、そして、それに合ったカードを持つのが王道と言えそうです。

昔は、複数枚所有して、お店によってカードを使い分けていましたが、全然ポイントが貯まらないので、結局はよく使うお店などに対応したクレジットカードがベストなんですね。

クレジットカードは、持っておくと買い物が便利になり過ぎて、無駄遣いする恐れもあるんですよね。「無駄遣い20%アップ?クレジットカードを使わないほうが貯金増える」も参考にしてくださいませ。

選ぶとすればどんな1枚?

クレジットカードは、打ち出の小づちではありません。

でも、家計の節約対策になりうる代物です。ただ、支払いを現金ではなく、クレジットカードにするだけですからね。

あなたにとってどんな1枚がいいのか、まずは、買い物が多い場所をピックアップして、それに合ったカードを選ぶといいですね。

私は、リクルートカードは、nanacoへのチャージでもポイントが貯まるし、ポンパレモールで常に3%ポイント付与されることなど貯まるカードです。

特にnanacoカードへのチャージでは、漢方スタイルクラブカードやp-one wizなど、高還元率カードが軒並み改悪されていますので、リクルートカードは最強になってきています。

最近、クレジットカードの雑誌をいくつか見たんですが、持っておきたいカード第1位に選ばれることが多くなってきていますね。

あなたも理想のクレジットカードに出会えるといいですね。

クレジットカードの支払いで家計に節約をもたらしてくれますので、上手に向き合っていきたいものです。

ではでは。

リクルートカード還元率1.2%年会費無料
スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    ライフカードってライフのカードじゃないのでは??

    • ジン より:

      恐れ入ります。
      正しくは、LCカードでした。修正しました。
      失礼しました。ご指摘ありがとうございます。