ローソンやマクドナルドはdカード利用で実質還元率は5%と驚愕の数字!

dカード,iD,電子マネー

ドコモが新たに発行している「dカード」を申し込んでいたのですが、ついに届きました。

私は今までドコモユーザーだったので、dcmxというドコモユーザー専用のクレジットカードを使っていました。この12月からはdcmxを新たにdカードに変更して、ドコモユーザー以外の方でも作ることができるようになったんです。

このdカードは今までよりも更により使いやすくなっていますね。

そのdカードについてまとめてみます。クレジットカードをどれにしようか迷っているあなたにとっては、有力な1枚になるはずです。

スポンサーリンク

dカードがリニューアル

dカード

3つの機能が一体になって便利度アップ

dカードの特徴は何といっても、3つの機能が一体になっていることです。

3つの機能とは、

  1. クレジットカード機能
  2. 電子マネーiD機能がクレジットカードに搭載
  3. dポイントカード(新しい制度)

このうち、1と2は今までのdcmxと同じ。dcmxの場合は、2のiD機能搭載は選択性でしたので、私が持っているdcmxにはiDは搭載されていませんでした。Androidスマホだったので、おサイフケータイでiDを利用していました。

3.dポイントカードが今回新しくなったポイント制度ですね。

クレジットカードは還元率1%

クレジットカードの機能としては、還元率1%と通常のクレジットカード還元率0.5%よりも高い還元率となっています。これはdcmxでも同じでした。

dカード、dカード GOLDとともに還元率1%となっています。

ポイントは100円の利用ごとに1ポイントが付与されます。1ポイント1円で利用できるので、便利ですね。

dポイント 1p=1円

dカード/GOLDの年会費

dカードの場合は、年会費は初年度無料となっており、次年度以降は1,250円+税がかかります。ただ、1度でも利用すれば翌年度の年会費は無料になるので、実質年会費は無料のカードと言えますね。

家族会員は400円+税で無料になります。年会費無料の要件は本会員と同じです。家族会員が使っても本会員も翌年度の年会費が無料になります。

dカード GOLDの場合は、年会費10,000円+税となっており、家族会員は1枚目は無料。2枚目以降に1,000円+税がかかってきます。

ETCカードはdカード・GOLDともに利用すれば無料となっています。

dカード GOLDは、年会費がかかるもののドコモ通信料金に対して10%もポイント還元してくれます。月1万円の利用で年間12万円。1.2万円お得です。年会費を支払っても、おつりがくるんですね。

dcmxを保有している方は、すぐに切り替え可能

dカード2

dcmxを持っている方は、すぐに切り替えも可能です。また、今のdcmxの更新が来れば自動的にdカードになります。

dカード/dカード GOLDの入会キャンペーンでポイントがもらえるので、切り替えたほうがいいですね。dcmxにはdポイントカード機能がないので、dポイントを貯めるには別途dポイントカードを作る必要があります。切り替えでその手間が省けるのですぐに作りました。

これを機に切り替えしておくといいですよ。ちなみにドコモユーザーであれば問題はないんですが、ドコモユーザー以外の方はdocomo IDを取得する必要があるので、事前に済ませておきましょう。ドコモプレミアムクラブのサイトから登録できます。

切り替え手数料は無料です。

dカード-min

電子マネー「iD」の利用でなんとポイント2倍

dカード2倍id

毎月エントリーするという手間はありますが、なんと今はiD利用でdポイントが2倍貯まります。これはすごいですね。

iDの利用できるお店では、クレカの還元率1%とiD利用の還元率2%が付与されて、3%還元になります。※通常は合計2%

いずれも100円ごとに1%還元です。※iDはキャンペーン期間中2%還元

iDを利用できる店舗は、コンビニやマクドナルド、イオン、Amazonでも利用できて便利です。Gapとかでも使えましたね。店舗検索はこちら

iDが利用できる店舗

ちなみに、ローソンマクドナルドはカード請求時に3%OFFになります。

なんと今なら、

6%OFFという超高還元率

です。すごいですね。

dカードローソン-min

dポイント2倍は、dカードwebサイトでキャンペーンに登録しておく必要があります。ポチっとするだけですけどね。

関連記事 常に3%OFF!ドコモのクレジットカード「dカード」利用でローソンの買い物がお得!

dカード ローソン マクドナルド

キャンペーンにエントリーする必要があるので、さきほどのdカード入会キャンペーンと同様にエントリーしておきましょう。dカードを作成すると、ログインすればすぐにキャンペーンエントリーすることができました。iD2倍は毎月エントリーが必要なので忘れないようにしないと。

dカードキャンペーン

dカード GOLDは毎月10%分のポイントが貯まる

dカードゴールド-min

dカード GOLDであれば、ドコモのケータイ代やドコモ光の料金に対してdポイントが10%も貯まります。驚異的な数字ですね。毎月スマホ代とドコモ光代で14,000円を支払っていれば、年間で21,600ポイント貯まります。年会費1万円を差し引いたとしても、11,600円もお得ですね。

我が家は残念ながらauユーザーになってしまったので、この恩恵は受けることができませんが、ドコモユーザーの方であればGOLDにしたとしても十分元がとれるでしょう。

公式⇒dカード GOLDを見てみる

dポイントは1ポイント=1円で使える

dカードポイント-min

クレジットカードは現金払いではつかないポイントがつくのがメリットの一つですが、そのポイントを使わずに失効してしまったってことにならないようにしておく必要がありますね。

1ポイント=1円で利用することができますし、使える店舗の対象も増えているのでますます便利な存在です。

公式⇒dポイントの詳細を見てみる

クレジットカードを上手に使って家計の節約を

現金払いですることは、使い過ぎにならないのがメリットです。クレジットカード払いだとなんとなく使い過ぎたって経験もあるかと思います。

私も現金払いのほうがいいなぁと思っていたのですが、最近はクレジットカードで支払えるものはできるだけクレジットカードで支払うようにしています。

理由は、クレジットカード払いのほうが家計にとってプラスになるからです。還元率はチリも積もればなんとやらで年間で考えると、数万円は特になります。また、マネーフォワードやfreeeなどクラウド家計簿を利用していると、クレカ払いは履歴を確認できます。つまり、家計簿を作る必要がないので、時間の節約にもなりますね。

もちろん、クレジットカード会社からの明細でも確認できるので、自分で記録を取る必要がありません。

また、クレジットカードで支払うとポイントが貯まるのは意外と家計にとって大きな節約になります。たかだか1%でもチリも積もればなんとやらです。

今回ご紹介したdカードは、店舗によっては3%還元など大きな節約になりますね。iDは後払い式の電子マネーなのでチャージの手間がなく、使える店舗も多いので重宝しています。

新たに全国のタカシマヤ(高島屋)がdカード導入(2016年8月以降)することになりましたので、還元率3%となります。

子どもを抱っこしていると財布を出すのさえ手間になるときもあるので、そうした手間を省いてストレスを減らしてくれる電子マネーは便利な存在です。

これまでドコモユーザーに限定されていたドコモのクレジットカード。

それが、ドコモユーザーに限らず利用できるようになりました。年会費は実質無料で還元率は1%と高いのもうれしいですね。

今ならdカード誕生を記念して、キャンペーンでポイントが数千円単位でもらえますので、あなたのあらたなクレジットカードの仲間に入れてみてはどうでしょうか。

dカード/dカード GOLDを見てみる

では。

⇒関連ページへ ドコモ携帯料金はdカードで支払わないほうがお得な理由とは?