フラット35の団体信用生命保険は必要?加入時の年齢で判断しよう。

団信加入 任意-min

住宅ローンを借りるときには、団体信用生命保険に加入することになります。

この保険は、住宅ローンを借りた人が万が一亡くなった場合に、住宅ローン相当額の保険金が下りること、つまり、残された家族は住宅ローンの返済を心配する必要がなくなるというものですね。

団体信用生命保険(=団信)は、民間銀行の住宅ローンを借りる場合には、必ず加入することになります。というより、銀行側が保険料を負担してくれますので、気にすることはないんです。

ただ、今のような超がつく低金利のときには、固定金利であるフラット35も人気ですね。フラット35の団信加入は、任意なんです。

団信加入はするべきか?

スポンサーリンク

フラット35の団信加入はしておくべき?

団信 住宅ローン フラット35-min

繰り返しになりますが、フラット35で住宅ローンを借りる場合には、団信加入は任意で加入することになります。

住宅ローンを借りるときには、最悪の場合を想定しておくべきです。

それは、住宅ローンを返済できない状況になること、ですね。

住宅ローンを借りている人、返済している人が亡くなった場合に、住宅ローンが残っている・・・という場合に、残された家族に返済できるだけの収入があれば別ですが、そうでなければ、その家を手放さないといけないかもしれません。

そうした事態を防ぐためにも、生命保険での対応がいるんです。

具体的にシミュレーションして必要性を見る

フラット35の団信は、住宅ローンを借りるときにしか加入できません。

住宅ローンを借りた後に、やっぱり加入したいと思っても加入できませんので、最初にッ判断する必要があります。

一体いくらかかるのよ!ってのが、一番気になるところなので、具体的にシミュレーションをしてみましょう。

シミュレーションをすると、年間の団信特約料の目安が示されます。

機構団信特約シミュレーション

約200万円くらいかかるわけですが、ちょっとイメージがしにくいですよね。

毎月いくらかかるねん・・・・

ということで、このデータをExcelにインポートします。

そして、この団信がいくらのローンを一瞬でチャラにする能力があるのかを把握する必要があるので、総返済額のシミュレーションをしてみます。

参考  ローン返済(毎月返済)/keisan

こうしてまとめた表がこんな感じです。表中の住宅ローン残高は、1月1日時点を明記しています。

機構団信特約シミュレーション

35歳、1年目の特約料は107,300円ですが、月割にしてみると8,942円です。

住宅ローン残高(総返済額ベース)では、29,942,490円ですので、月額8,942円ので約3,000万円を返済する保険に加入することができているというわけです。

民間生命保険と比較してみる

民間生命保険と比較したらどうなの?

結論から言うと、


× 若いときは団信が不利

◎ 年を取るにつれて団信が有利


私も加入していますが、雑誌の保険ランキングなどでも常に上位に入り、人気の高いオリックス生命でシミュレーションをしてみます。

◎35歳・3,000万円・10年満期

※オリックス生命は、年齢によって死亡保障額の上限額が変わります。

この場合、月額4,637円です。ただし、10年満期なので、満期後に新たに生命保険に加入する必要がありますね。

10年後の住宅ローン残高が2,300万円ほどですが、10年経った45歳の時にはオリックス生命では2,000万円の死亡保障までしか加入することができません。

300万円を補うためにコープ共済に加入することとしました。

こうして、シミュレーションをしていくと、

なんと保険料は、489万円にもなりました!

生命保険料

圧倒的に団信のほうが有利ですね。

ちなみに、3,000万円死亡保障を70歳満期で加入すると、月額10,037円、総額420万円にもなります。

何より月額保険料が1万円を超えるのは、負担が大きいですね。

結論:団信のほうが有利!

と言えますね。

団信のデメリット

団信のデメリットは、生命保険料控除の対象とならないことです。税金が安くならないんですよね。

学資保険などほかの生命保険料控除があれば、控除枠を使い切っている場合もあるので、必ずしもデメリットとは言い難いですが。

収入保障保険も検討してみよう

収入保障保険とは、死亡保険金のように一括で3,000万円という金額を受け取るのではなく、毎月もらう保険です。

例えば、毎月10万円がもらえる保険に加入することができるんです。

この結果、保険料は割安になります。

先の事例では、


◎35年・3000万円の住宅ローン(金利1.2%)


の場合、毎月の返済額は87,510円ほどです。

収入の柱である稼ぎ手が万が一亡くなった場合でも、月に10万円住宅ローンを返済していける等場合には、月額10万円で設定してみるといいですね。

住宅ローン 返済

収入保障保険は、アクサダイレクトの「収入保障2」というものです。そちらのサイトでシミュレーションをしてみると、

保険 アクサダイレクト生命

月額保険料は、5,560円でした。

これを70歳満期に設定した場合、総額230万円と団信と近い保険料となりましたね。

団信加入に対する私の考え

フラット35を借りる場合、団信加入は任意ですが、

団信加入のほうがメリットは大きいです。

住宅ローンを借りるときにしか団信に加入できないので、注意してください。

シミュレーションをするのが手間・・・って方は、団信加入で問題はないでしょう。

次に、団信にはない生命保険料控除やクレカ払いなどによるメリットを受けたい方は、民間の生命保険を選択肢として入れるといいですね。

その場合は、収入保障保険が保険料も割安なので、第一候補としておきたいです。

団信と違って、途中で解約したり、保険料を減らすメンテナンスができるのが民間保険のメリットとも言えますからね。

私は保険を選ぶ際には、まず資料請求をしまくって、資料を取り寄せていました。

≫ アクサダイレクトの「収入保障2」の資料請求をしてみる

フラット35は手数料の安いところを見ておこう

最後に、すでにフラット35で借りようと思っている方や少し迷っている方は、いまのフラット35の金利はものすごく低いというメリットがあることを知っておいてください。

170201フラット35金利

変動金利も魅力的ですが、固定金利で将来の安心を手に入れておくという選択があってもいいですね。

フラット35は、銀行によって金利も手数料も違います。

住信SBIネット銀行であれば、金利は最低金利ですし、返済口座を住信SBIネット銀行に指定するだけで、ぐんと融資手数料が下がります。

住信SBIネット銀行をを返済口座に指定:融資額の1.0%
それ以外の他社口座を返済口座に指定:融資額の1.5% 

また、保証料も無料ですし、繰上返済手数料も無料です。そして、銀行としても使いやすい住信SBIネット銀行なので、メインバンクとして利用したい銀行と言えます。私は使っています。

普段使っている銀行と住宅ローン返済口座が一緒だと、繰上返済のときなど余計な手間がかからず便利ですね。

業界では初めてフラット35で8疾病保障に加入(融資事務手数料に借入金額×0.5%要)することができるので、万が一の際に安心です。

金利上乗せがないので、どれだけのコストを負担すればいいのかも分かりやすいです。

フラット35を取り扱っている銀行では、最低金利を提示している住信SBIネット銀行でまずは、まずはこの機会に事前審査を受けておきましょう。

フラット35でいいのか。

悩ましい選択ですが、答えが出ない場合はフラット35がベターな選択肢です。

住信SBIネット銀行で事前審査を申し込んでみる

では。