固定金利の住宅ローン・フラット35が低金利で魅力!フラット35Sの金利優遇はいつまで?

ClkerFreeVectorImages / Pixabay

このところ長期金利も低位安定していますね。マイホームの購入を考える際には、住宅ローンの金利ってものすごく気になるところです。

家を買うタイミングは人それぞれなので、金利だけを見て買うってのはなかなかないとは思いますが、家を買おうかどうか迷っているあなたの場合は、この低金利である今はまたとないチャンスであることは間違いありません。

住宅ローンは、変動金利と固定金利と大きく分かれていてが、固定金利の代表がフラット35です。そのフラット35には「フラット35S」というフラット35よりも金利優遇されている商品があります。

これから新築マイホームを購入される方は、住宅ローンを借りる際にフラット35を検討してみはどうでしょうか。

スポンサーリンク

フラット35って何?

フラット35はCMでも流れていますし、あなたも耳にしたことがあるかもしれませんが、フラット35は全期間固定金利の住宅ローンです。住宅金融支援機構が民間の銀行など金融機関をサポートして、それぞれの金融機関から提供されています。

フラット35aaa

1点注意点は、フラット35はいろんな金融機関で取り扱っているんですが、それぞれの金融機関で金利や事務手数料が違うことです。フラット35のサイトでも調べることができます。

例えば、A銀行では金利2.0%、B銀行では金利1.5%という場合があるんです。

同じフラット35という商品でも、取り扱う金融機関によって異なってくるので注意が必要です。例えば、極端に事務手数料(例えばゼロ円)が安くても、実は金利が高いということもあります。

住宅ローンは借入金額も大きな金額なので、たった0.1%の金利でも利息の支払い額が変わってきますよ。この記事では、フラット35で取り扱う金融機関で最も低い金融機関しか記事にしないので、その点はご安心ください。

フラット35を借りる条件

フラット35を借りる場合には一定の条件を満たしておく必要がありますよ。自分で確認するのは、面倒ですのでマイホーム販売会社に必ず確認をとってもらいましょう。一般的には下記の要件を満たしておく必要があります。

借りる人は?

申し込み時の年齢が70歳未満で、年収に占める返済負担の割合が一定基準以下である必要があります。

  • 年収400万円未満 30%以下
  • 年収400万円以上 35%以下

が条件です。ただ、年収に占める割合では25%以下に抑えた住宅ローンを組むことを強くお奨めします。実際には可処分所得(手取り)で考えるといいんですけどね。

35%いっぱいいっぱいまで借りてしまうと、手取りでいうと概ね44%くらいになりますので、そんな住宅ローンを組むと生活が破たんしちゃいます。

教育費があったりすると、まず貯金できなくなりますので、年収の25%以内(手取り概ね31%)、もっと欲を言えば手取り年収の25%くらいに抑えると生活は楽になると思います。

夢のマイホームなのに、住宅ローンの返済で生活が苦しくなる、楽しめないなんていうのは本末転倒ですからね。

借金=悪ではない。住宅ローン3,000万円でも、次へのステップに活かす資産になりうる。
30年ちょっと生きてきて、今年初めて借金をしました。 今まで、車を買ったこともなかったので、印鑑証明書も作ったことがありませんでした。今回の借金で初めて作りました。 借金ですが...

物件の条件は?

フラット35を借りる場合には、マイホームにも条件が課せられています。新築、中古とそれぞれ基準が定まっているので、販売会社に確認をしておきましょう。

フラット35のサイトでも確認できます。

販売会社に確認で、というのはわたしたちのような素人には分からないからですね。

フラット35Sってなに?

フラット35にはフラット35Sという一定期間金利優遇される商品があります。

これは新築物件に限らず、中古物件でも条件を満たせば利用することができますよ。ただ、住宅ローンの借り換えには利用できないんです。

住宅ローン借り換えに「フラット35S」は利用できるの?
同僚にフラット35Sだと金利優遇引き下げが0.3%となっているので、フラット35Sはお得って話を、同僚としていましたら、 「フラット35Sに借り換えってできるのかな?」 ...

フラット35Sをイメージにするとこんな感じです。

フラット35

このうち①金利優遇期間は、金利Aプランの10年間と金利Bプランの5年間と2種類あります。

フラット35a

そして、金利優遇を受けることができますので、非常にお得な商品です。

フラット35aa

通常は金利0.3%優遇ですが、現在は0.6%優遇が期間限定でされています。

フラット35はこのところ全期間固定金利1.5%前後で推移していますので、1.5%で借りるところを当初5年間または10年間が金利0.9%で借りることができるんですね。

金利優遇期間が終了したあとは、元の金利に戻って以後金利変動はありません。

10年間固定金利との違い

当初10年間に限れば、10年間固定金利という商品があります。

これは銀行によっては金利0.5%など変動金利よりも低い金利で借りることができるので、正直なところ、めちゃくちゃ金利は低いのでメリットは大きいんですね。

毎月でいうと、3,000万円借りる場合に0.5%だと月々77,000円くらいですが、0.9%だと83,000円くらいなので、フラット35よりも有利であると言えます。

10年固定金利の注意点

ただ1点注意点があります。

フラット35の場合は金利優遇期間が終了すると、そのあとはずっと固定金利です。

一方、10年固定金利の場合は金利固定期間終了後は、変動金利となります。変動金利は0.7%前後の銀行が多いんですが、10年固定金利を選んだ場合は、当初から変動金利を選んだ場合よりも金利優遇幅が小さいので、10年後は変動金利で1.6%くらいになります。

つまり、10年間でがっつり返済できて早期に返済できる場合はいいんですが、それ以外の場合は目先の11年目以降は変動金利という金利上昇リスクを負いながら、高い変動金利で借りなければならないというリスクがあります。

この点がフラット35との違いですね。

フラット35Sの0.6%金利優遇はいつまで?

終了しています

フラット35

フラット35Sは住宅ローンを新規で借りる場合の限定ですが、0.3%が0.6%に金利優遇幅が拡大しています。戸建ては今から建てようと思うと、多分ギリギリ期限には間に合わなさそうですが、中古戸建やマンションであればまだ可能性はありそうですね。

その期限ですが、

2016年(平成28年)1月29日(金)までに申込受付分まで

です。

多くの新築マンションは3月引き渡しが多いので、難しいかもしれませんが、すでに建設が終わっている新築マンションで販売継続中であれば、フラット35Sの優遇を受けることができます(繰り返しになりますが、フラット35Sは住宅要件があります)。

逆算しておきましょう!

ということは、1月29日が申込みをする最終日です。この日までに本審査をパスしておこうと思うと、1月20日頃までには遅くとも事前審査をパスしておく必要があるかと思います。

本審査をパスしてもすぐに契約できるわけではありません。約2週間くらいはなんだんかんだでかかります。

住宅ローン・フラット35の審査時間とどこで借りるのが一番いいか?
30代で家族を持つと考えるのがマイホームですね。 一生に一度の買い物だから、住宅ローンで失敗したくない!そんな気持ちの強いあなたは、いろいろと住宅ローンのことを調べられていると思...

ということはですよ。当たり前なんですが、年内に事前審査をパス、本審査申し込みくらいは済ませておかないととてもじゃないが間に合いません。

中古物件専用のフラット35は金利優遇0.6%

中古物件に優遇金利!フラット35リノベとは?
中古住宅を買って、省エネ性や耐震性などいずれかの基準を満たすリフォームをすることで、フラット35の借入金利が最長で当初10年間が、年0.6%下がるのが「フラット35リノベ」です。
詳細記事はこちら➡リノベ中古はなんと金利0.6%引き!中古希望者はお得!
注意点)2017年3月31日までの期間限定です。
公式「フラット35リノベ」

フラット35Sを借りる際に審査を受けるべき銀行

フラット35は、さきほど言ったように金融機関によって金利など条件が違います。

次は取扱している中でも、最低金利を提示している銀行です。どうせ借りるなら、一番低い金利で借りるほうがあなたにとってもメリットです。

楽天銀行

楽天銀行はフラット35を取り扱っています。ネット銀行でも使い勝手の良い銀行ですね。

そして、楽天銀行で住宅ローンを借りることによって、融資事務手数料が1.08%(楽天銀行返済口座指定)と低いのがメリットです。通常の半値です。3,000万円借りる場合は、32.4万円ですね。

住宅ローンを受けるに必要な事前審査(仮審査)について、最短、翌日に審査結果を出してくれます。まずは、事前審査を受けておきましょう。

楽天銀行の口座を持っていなくても借りることができます。

住信SBIネット銀行

ネット銀行では最強だと思いますが、フラット35の取り扱いを開始しました。これまでは、フラット35を取り扱っていなかったんですよね。

そして、嬉しいことに現在、取扱いスタート記念キャンペーンとして、事務手数料2.0%のところが1.3%となんと0.7%も引き下げられています(税別)。3,000万円借りる場合に、65万円ほどかかる手数料がいまなら42万円ほどと23万円も安くなります。

※ キャンペーンは終了しています

現在は、返済口座を住信SBIネット銀行にすることで借入金額×1%+税となっています。それ以外は1.5%。

住信SBIネット銀行のもう一つの特徴は、8大疾病保障がついていることですね。万が一のときがあったときに、月々のローン返済されるなど、心強いところです。

住信SBIネット銀行であれば金利上乗せではなく、借入金額の0.5%の事務手数料でこの保障をつけることができます。普通は、この手の保証は金利上乗せなので継続的に保険料がかかりますが、住信SBIネット銀行の場合は、借りるとき1回のみの支払いで保障されます。借入金額にもよりますが、金利上乗せよりもいいですね。

これを機に事前審査を受けて住宅ローンの選択肢を増やしてみてはいかがでしょうか。

公式 住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローン

公式 住信SBIネット銀行のフラット35の金利は業界最低水準

イオン銀行

イオン銀行もフラット35を取り扱っています。融資事務手数料は1.7%(税別)となっています。

3,000万円借りる場合は、約55万円ですね。イオン銀行で住宅ローンを借りると、毎日イオンでの買い物が5%OFFになったり、定期預金の優遇やゴールドカードの発行など特典がいっぱいついてきます。

近くにイオンがある方は、特典を享受できそうですね。

公式 イオン銀行

全期間固定金利という安心

住宅ローン選びはとても頭を悩ますと思います。

今は低金利が当たり前になっています。これ以上金利が下がる余地というのはほとんどないでしょう。ということは、金利上昇の可能性のほうが高いということです。

日銀緩和のおかげでしばらくはないでしょうけど。

金利は読めません。だからこそ、低金利の今は固定金利で借りるほうが、安心は安心ですね。短期返済を考えているかたは変動金利がいいと思いますが、金利上昇のリスクを考えたくない!って方は、全期間金利固定フラット35を考えてみてはどうでしょうか。

楽天銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行は住宅ローン一括審査申込を利用することで一度で3つの審査を受けることができます。

フラット35

すべてWEB上で完了するので、これからマイホームを考えている方は、受けておきましょう。私もこのサイトを利用して、住宅ローンの事前審査は受けました。

複数受けることで、自分に選択肢が持てたのと、色々調べて勉強になったのがよかったです。住宅ローンで迷っているあなたにとってもよい方法になると思います。

住宅ローンは比較して決めるべし

審査を受け、実際の借り入れ条件での比較ができるので、時間の節約もできて、比較もできて、住宅ローン選びがスムーズに行きました。

まずは事前審査を受けないと始まりません。今すぐこの機会に受けておきましょう。

公式 住宅ローン一括審査申込み

では、また。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    1月29日までに本申し込み書類が受領されていればsは0.6引き下げられます。
    実行日ベースではありません。