フリーランス・副業のふるさと納税。住民税減額を確認するには?

住民税 一括

ふるさと納税をすると、所得税の還付と住民税の控除、あるいは、住民税の控除という形で税金が安くなります。

サラリーマンの場合、給与所得がありますので6月に住民税(市町村税・都道府県税)の特別徴収税額の決定・変更通知書を確認すれば、住民税が安くなっていることを確認することができますね。

参考 ふるさと納税。住民税の減額を確認して節税できているか見ておこう。

では、副収入が年間20万円を超えている場合やフリーランスの方は、確定申告をしていますね。この場合、住民税の減額はどこで確認すればいいの?

スポンサーリンク

住民税税額決定通知書を確認しよう

6月には「市民税・県民税税額決定納税通知書」というものが送られてきます。これは、住民税の納付を「普通徴収」にした場合ですね。

普通徴収とは、特別徴収のように給与天引きではなく、市町村が個人に対して納税通知書を発行し、個人は一括または4分割(6月、8月、10月、1月)に分けて支払う納税方法のことを言います。

副収入が年間20万円を超える場合には、多くの方が普通徴収を選んでいることと思います。

確定申告(雑所得)

確定申告の際に「自分で納付」を選べば、普通徴収となりますね。我が家も今回、この形で住民税の通知が来ました。

この通知書の構成は、次の通りです。

  • 課税明細
  • 納付書

この課税明細を確認すれば、税額の内訳が記載されています。

課税明細には何が書かれているの?

課税明細には、

  • 課税標準額
  • 税額控除前所得割額
  • 税額控除額 ← ココでふるさと納税した場合の減税額を確認!
  • 税額控除後所得割額
  • 均等割額
  • 減免額
  • 差し引き税額
  • 年税額 ← 納める税金

となっています。この中の税額控除額の欄を見ていただければ、ふるさと納税により住民税が安くなっていることが分かります。

給与所得の場合、特別徴収納税額の決定通知書で確認できますね。

ふるさと納税 税額控除

参考  ふるさと納税しても住民税は還付されないよ。控除されるのはいつ?

税金を納める方法

普通徴収の場合、繰り返しになりますが、給料からの天引きのように12か月にわたって支払うわけではありません。

一括払い or 4回払い(6月、8月、10月、1月)

となっています。どちらを選択しても構いませんが、納期限までに支払うことは必須ですので、納期限は守りましょう!

一括払いで支払う

住民税 一括

一括払いは、文字通り、一括で支払う方法です。納期限は6月30日までとなっています。通知が6月に来るので、支払いまでに時間がないですね。納税額も大きくなる場合、きちんとお金を準備しておく必要がありますね。

一括払いを選択したからと言って、税金が安くなるわけではありません。

分割払いで支払う

住民税 四分割

分割で支払う場合は、4分割で支払うことになります。

  • 1期目 6月30日まで
  • 2期目 8月31日まで
  • 3期目 10月31日まで
  • 4期目 翌1月31日まで

としている自治体が多いですね。一括払いと比べて、1回の納税額が小さくなりますので、こちらのほうが支払い安いかもしれません。

納税はnanaco払いがお得です

納税額が30万円未満の場合は、コンビニ納付が可能です。納税通知書にバーコードがついていればオッケーです👌

ふるさと納税 住民税 バーコード

出典 小田原市

コンビニ納付ができるのであれば、nanacoで支払うのがお得です。

nanacoでは税金を支払うことができるんですね。

いろんな雑誌でも書かれているので有名な方法です。nanacoは「現金チャージ」と「クレジットカードチャージ」とどちらかの方法で、チャージして電子マネーnanacoとして支払うことができます。

この「クレジットカードチャージ」を利用すると、 クレジットカードのポイントが付与されますので、その分、税金を安くすることができるって話です。

1点注意点が。

どんなクレジットカードでもnanacoへのチャージでポイントが貯まるわけではなりません。

以下は、nanacoへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードです。

電子マネーカード還元率年会費(税抜)
nanacoリクルートカード1.2%無料
楽天カード(JCBのみ)1.0%無料
Yahoo!JAPANカード(JCBのみ)1.0%無料
セブンカードプラス0.5%無料
ファミマTカード0.5%無料
漢方スタイルクラブカード0.25%1,500円
ライフカード0.25%無料

個人的には、リクルートカード楽天カードdカード還元率1%以上でポイントの使いやすいクレジットカードを作成しておき、税金支払い用として持っておくといいですね。

30万円支払えば、3,000円分もポイントがもらえますからね。

では。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク
スポンサーリンク