ふるさと納税でテレビまで!電化製品が揃う長野県伊那市がすごいぞ!

長野県伊那市ふるさと納税

今年のふるさと納税の枠が余っているので、ふるさと納税についてどんな特産品(返礼品)がもらえるのか調べています。

ふるさと納税3年目のジンです。

昨年までは、「地方の美味しい物を食べたい!」と思って、食品ばかり狙っていたんですが、生活用品(家電)もいいなと思って、電化製品(家電)を中心に調べているのですが、こんなにあるんだ!と、調べてて驚きました。

この記事では、ふるさと納税でテレビがもらえる自治体をご紹介します。

年収が高い方は、パナソニックの4Kテレビも狙えますので、かなりお得ですね。

スポンサーリンク

ふるさと納税でテレビを扱う自治体

ふるさと納税をすることで、テレビがもらえる自治体は長野県伊那市です。

伊那市にふるさと納税をするには、


カメラ・ハードディスク・掃除機・ドライブレコーダーなど、主に電子・電化製品については、ふるなびで取り扱っています。

これ以外については、ふるさとチョイスで取り扱っています。


このため、家電製品を狙うのであれば、ふるなび」からふるさと納税をするといいですね。

伊那市のほかにパソコンなど家電製品を取り扱う自治体は、ふるなび限定という自治体が多いです。

伊那市は全国6位のふるさと納税

伊那市 ふるさと納税 6位

伊那市はテレビをはじめとする家電製品を多く、取り扱っていることから人気が出ているんですね。今までノーマークでした。

ふるさと納税のまとめ本って主に食材のことが多いので、こうした家電情報は手薄でしたので、知る機会がなかったんです。昨年も家電を狙えていたので、ちょっと残念。

ただ、全国6位の寄付額だったことを思えば、もう知る人は知っているおすすめ自治体だったんですね。

長野県伊那市は、製造業が盛んなまちであるため、多くの家電製品を取り扱っているんです。

パナソニックのテレビがもらえる

寄付額10万円~ パナソニック液晶TV(32インチ)

パナソニックデジタルハイビジョン液晶テレビ「ビエラ」の32インチのテレビが寄付額100,000円で返礼品として取り扱っています。

Amazonでは、約40,000円ですので、還元率は40%程度と高いですね。

ふるさと納税では納税後、税金が安くなるので、実質2,000円でテレビが手に入るということです。

寄付額30万円~ パナソニック4Kテレビ(40インチ)

なんと、パナソニックデジタルハイビジョン液晶テレビの4K対応の40インチのテレビが取り扱っています。

寄付額30万円となると、年収1,400万円以上(※)の高所得者だけの特典なので、かなりうらやましいですね。

※総務省が示している「全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安」を参照

Amazonで見ると、約100,000円ですので、還元率は30%程度となっています。

寄付額50万円~ パナソニック4Kテレビ(49インチ)

寄付額が50万円を超えると、49インチ4Kテレビが手に入ります。すごい・・・。

Amazonでは約16万円ですので、還元率は約30%程度とこちらも高いですね。

長野県伊那市のふるさと納税を見る

このほかにも家電が満載

伊那市ではこのほかにも返礼品として、電化製品がすごく多いです。

今まで見たなかで、一番多いかも。高額所得者であれば、生活必需品が揃いそうな勢いです。

年収400万円では、スチームアイロン(寄付額40,000円)がありました。

掃除機や空気清浄機(ダイソン、パナソニック)

ダイソン

掃除機もたくさん取り扱っていました。

特に、ダイソン、パナソニックと言った有名ブランド品も多いので、返礼品を受け取る側としては安心ですね。


◎寄付額60,000円 パナソニックのふとん掃除機

◎寄付額100,000円 ダイソンコードレスクリーナー

◎寄付額150,000円 パナソニックコードレス掃除機

◎寄付額150,000円 ダイソン空気清浄機付ファンヒーターhot&クール

◎寄付額200,000円 パナソニックロボット掃除機

◎寄付額200,000円 ダイソンコードレス掃除機、ダイソンキャニスター型掃除機

◎寄付額250,000円 ダイソンコードレス掃除機

≫≫ 長野県伊那市のふるさと納税(掃除機)を見てみる


このほか、オリンパスのカメラとかも取り扱っていましたので、

どれだけ家電が多いんだ!

と、見ていて楽しいです。伊那市すごいっす。

ふるさと納税は実質2,000円で返礼品がもらえる

ふるさと納税 仕組み

ふるさと納税は初めてという方は、こんなにお得なのに本当に税金が戻ってくるの?って不安ですよね。

私もふるさと納税を初めてしたときは、本当に税金が返ってくるのかドキドキな状態で実行しました。

ふるさと納税のステップとしては、


◎ふるさと納税ができる上限額を確認する

◎上限額の範囲内でふるさと納税先(自治体)を選ぶ

◎クレジットカードなどで納税するおススメ 楽天カード

◎翌年、確定申告をする

所得税と住民税が安くなる


5つのステップを踏むだけなので、それほど手間はかかりません。

ふるさと納税額の上限額を確認しておこう

特に、上限額の確認は大事です。年収や働き方によって上限額が異なります

総務省が示している「全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安」が参考になりますよ。

給料以外に収入がある場合は、「ふるさと納税は給料以外の収入があった場合にどうなるの?便利な計算ツールを使おう」を参考に、ご自身の上限額を確認しましょう。

確定申告が不要な場合もある

年間の納税先が5つ以内など一定の条件を満たせば、確定申告が不要なワンストップ特例制度をりようすることができます。

私の場合は、医療費控除や株の売却などもあって確定申告をする必要があるため、確定申告をしています。

確定申告が必要な方は、ふるさと納税(寄付金控除)も合わせてする必要がありますが、全然難しくはなかったですよ。

ふるさと納税をした場合の確定申告の書き方。サラリーマンの節税方法は確定申告までして初めて完了

支払いはクレジットカードでしよう

寄付金を支払いは、納付書支払いか、クレジットカード支払いが選べます。

特に納付書支払いは、自治体から納付書が送られてくるのに1週間程度(自治体内で決裁→送付に1週間程度)かかりますし、年末のように繁忙期はさらにタイムラグが発生してしまう可能性があります。

そのため、年内への寄付の完了するためには、時間のかかる納付書払いよりも、タイムロスがないクレジットカード払いをお勧めします

着金が遅れて、年内に寄付が完了しなかったという事態が避けられますね。

家電を狙うなら「ふるなび」を利用しよう

今回の伊那市もそうですが、ふるさと納税の返礼品として家電製品を狙うなら、ふるなびがおススメです。というか、電化製品を取り扱う自治体の多くがふるなび限定となっています。

会員登録は、たったの3分で登録することができました。

ふるさと納税 ふるなび会員

電化製品をふるさと納税の返礼品としてもらいたい!

という場合は、ふるなびに登録しておきましょう。もちろん、家電以外の返礼品を扱う自治体も多く取り扱っていますよ。

私は今回調べたなかで、初めて知りましたが、

長野県伊那市すごいです!

家電製品を調べる際には、真っ先に伊那市をチェックすべきですね。

長野県伊那市のふるさと納税を見てみる

では。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク