ふるさと納税は「クレジットカード払い」が絶対おすすめな3つの理由

ふるさと納税 クレジットカード払い

自治体に寄付することにより、寄付先の特産品など返礼品がもらえる「ふるさと納税制度」。

寄付金控除により、税金が安くなるので、自己負担はたったの2,000円です。

ふるさと納税の流れは、5つのステップを踏むだけで、とっても簡単です。


  1. 自分の寄付できる限度額を確認する
  2. まとめサイトに無料で会員登録し、特産品(返礼品)を選ぶ
  3. 寄付手続きをする(クレジットカード納付など)
  4. 自治体から特産品(返礼品)が送られてくる
  5. 確定申告をする(しなくていい場合あり)

今日の記事では、「寄付手続き」について、少し掘り下げます。

ふるさと納税は、所得によって自己負担2,000円で済む限度額が違ってきます。その範囲内で、寄付をするのが賢い方法ですが、所得が分かってくる12月に寄付をする人がめちゃくちゃ多いんです。

所得が分からないうちに、ふるさと納税をしてしまい、自己負担2,000円を超えてしまうとなんだか悲しいですよね。

我が家も年収がほぼ確定し、12月にふるさと納税を実行しますが、年内に寄付金の支払いを完了する必要があるんです。

支払い方法によっては、12月中の寄付金支払いが完了しない・・・という事態もありますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

ふるさと納税の支払い方法は?

ふるさと納税(自治体への寄付)をする場合には、


◎自治体へのふるさと納税の申し込み

◎自治体への寄付金の支払い


と、申し込み+支払いで、寄付(ふるさと納税)が完了です。

当然ながら、「申し込み」だけでは、ふるさと納税は完了しないんですね。

この寄付金の申し込みは、クレジットカード払いや納付書払い(振込など)があります。

ふるさと納税 クレジットカード 

結論!「クレジットカード払い」でふるさと納税すべし

ふるさと納税の支払いは、結論から言いますと、

クレジットカード払い

を選択してください。特に、12月は強くおすすめします。

なぜなら、クレジットカード払いは即時決済なので、タイムラグがありません。

ふるさと納税 クレジットカード払い

先日、モンベルのポイントをもらうために、長野県小谷村にふるさと納税を実行しました。

そのときは、25日(金)に申請、クレジットカード払いをし、28日(月)には決済完了確認の連絡が来ていました。

ふるさと納税 クレジットカード

ふるさと納税 クレジットカード

他の事例を見てみましょう。長野県伊那市に寄付をした際には、

「18:41」申請完了→「18:43」寄付金支払い完了とほぼリアルタイムですね。

ふるさと納税 クレジットカード 伊那市 ふるさと納税 クレジットカード 伊那市

このようにすぐに決済が完了するのが何よりの利点です。

事例でみたように、リアルタイムで着金確認される自治体と、着金確認をする自治体がありますね。

※自治体により考えは微妙に異なります。多くの自治体は決裁手続き完了で平成28年分として取り扱われますが、入金日で判断する自治体もあります。各自治体のふるさと納税HPをみておきましょう。
多くの自治体では、クレジットカード決済12月31日23:59までに済ませれば、今年のふるさと納税として取り扱ってくれます。

あとは、寄附金完了受領書が届けば、確定申告をするだけです。

※ 確定申告不要のワンストップ特例制度を利用する場合は、翌年1月10日までに書類提出(寄付先の自治体に到着)が必要です。これを逃すと、確定申告が必要です。

今年のふるさと納税に対しては、2017年1月10日までです。

納付書払いは時間がかかる

自治体によって多少異なりますが、多くの自治体の営業日はご存知ですか。

12月28日です。

来年、税金の還付や控除を受けるには、12月31日までに寄付金の支払いが完了しておく必要がありますが、実質は12月28日まで、と思ったほうがいいですね。

確定申告に必要な「寄付金受領証明書」が来年届くのは問題ありませんが、寄附金の支払いが年内に完了していないと、今年のふるさと納税実行にはなりません。

納付書払いは、とにかく時間がかかるんです!

流れを見てみましょう。

ふるさと納税 納付書払い

自治体に「申し込み」をすると、自治体では寄付金を支払ってもらうための準備をします。

「納入通知書」と呼ばれるもので、固定資産税の支払いなどで見たことがありますよね(様式は税金の種類などによって違いますが)。

この納入通知書を作成するのに、当然、上司の決裁が必要なわけです。そして、寄付申し込みをしてくれた人に郵送することになりますが、およそ1週間程度かかります。

そして、その納税通知書をもって、コンビニや銀行で支払い手続きを済ませて、市役所に着金が確認されてようやく寄付金の支払いが完了です。

そう。

クレジットカード払いと比べて、納付書払いは、

面倒くさいんです!!

支払う側にとっても、自治体側にとっても。

12月28日に申請しても、「納付書払い」を選択すると、今年のふるさと納税として認められることはありません。だって、『寄附金の支払い完了』していませんからね。

しかも、12月28日に担当職員が休暇を取っていたら・・・?

クレジットカード払いがよい3つの理由

ということで、ふるさと納税をするならば、断然、クレジットカード払いがいいですね。

理由は3つ。


  1. 寄付金の支払い完了が早い!!
  2. 手続きが簡単!!
  3. クレジットカードのポイントが貯まる!! これも嬉しい

クレジットカード払いをするときは、家族カードでもオッケーですが、あなたご自身の名義でしておくのが無難です。

寄付金受領証明書が、申込者と同じであれば、支払者がだれであれ、税金控除は受けれますが・・・、支払名義も統一しておくと文句を言われることはありませんね。

年内の受付を早めに締め切る自治体もあります。自治体ホームページなどで確認をしておきましょう。

例えば、山形県米沢市は12月25日午後5時まで申し込み受付とホームページに記載されています。

そのため、できるだけ早くあなたの限度額を知り、ふるさと納税するほうがいいですね。

Yahoo!公共料金を利用している自治体も多いので、Tポイントが貯まります。Yahoo!JAPANカードなどTポイントが貯まるクレカだとよりお得になりますね。

どこから申し込んだらいいの?

多くの自治体が、ふるさと納税サイトに登録しています。

一番、提携自治体が多いのが「ふるさとチョイス」です。

ほかにも、こんなにあります。

自分が使いやすいサイトを利用して頂ければ一番ですが、ふるさとチョイスでの納税は、セゾンカードインターナショナルを新たに作ると、自己負担2,000円分のポイントがもらえるので実質0円になりますね。

≫≫ ふるさと納税の支払いならセゾンインターナショナルカード

また、特に、年収が高い人は還元率の高い家電(電化製品)を狙うことができます。

年収700万円であれば、家族構成などにもよりますが、10万8,000円が限度額。自己負担2,000円を除いた、10万6,000円の税金は安くなりますよ。

ふるさと納税 ふるなび

例えば、家電で有名な飯山市は、ふるなびでしか取り扱っていません

還元率が高いと言われる、家電を特産品として扱っている自治体は、ふるなび限定でしか取り扱っていないこと(飯山市、安曇野市とか)が多いので、必須のサイトですね。

ふるさと納税で家電を狙うなら、ふるなびで決まり!です。

公式 ふるなび

また、ふるなびでは、20,000円以上の寄付をした場合に「ふるなびグルメポイント」がもらえるんですが、そのポイントを使って、お食事ができるというもの。

寄付額の50%のポイントがもらえるので、還元率50%です。有効期限もありません

東京、大阪、名古屋で利用できる店舗がありますよ。

(※お店はこちら⇒ふるなびグルメポイント)。

狙っている、ほしい返戻品がない場合は、ふるなびグルメポイントを利用しておくといいですね。もちろん、税金控除されますので。

では。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク
スポンサーリンク