アクセス分析の一助に。Googleスプレッドシートに自動でデータを落とす方法

Tumisu / Pixabay

備忘録までに、まとめておきます。

ブログをしているとアクセスの動きが気になることもありますよね。

でも、アクセス分析って面倒くさいんです。私も全然していません。キーワード分析すらしていないので、これはちょっとまずいかな?と思い、まずは自分のブログにどれだけアクセスがあるのかを記録することから始めることにしました。

Googleスプレッドシートを利用すると、毎日、自動的に、アナリティクスのデータを保存していくことができますよ。

設定は10分もあればできるので、お時間があるときにしてみてくださいね。

Googleスプレッドシートを使ってみよう

Googleスプレッドシートを立ち上げると、上部に「アドオン」というボタンがあります。このアドオンからアナリティクスのデータを取得することができるんです。

検索窓口で「Google Analytics」を呼び出して、無料ボタンを押せばオッケー。

連携が求められるので、ここはとりあえず「許可」で進んでいきます。

これで準備はオッケー!

Googleアナリティクスとスプレッドシートを連携させよう

一度、連携してしまうと、いろんなアナリティクスのデータをスプレッドシートに落とし込むことができます。

「アドオン」→「Google Analytics」→「Create new report」を選択することで、取り込みたいデータのレポートを作ることができます。

うん、これ、簡単便利です。

今回は代表的な「ページビュー」のデータを取り込むことにしました。

シートの名前は自由に設定できますので、分かりやすい名前を入力して、「Pageviews」→「Date」と設定します。

そこでポチっとすると、

出たっ!!!

これはなかなか感動的ですね。

無事にスプレッドシートにデータを落とし込むことができましたよ。

取り込むデータの日数を変更する

最初は「7日分」のデータでしたので、もう少し長い期間のデータを取り込みたいという場合もありますよね。

私も1か月分くらい見たいなと思い、変更することにしました。

シートを「Report Confiquration」に移ります。

そこで、Last N Daysの欄を「7」→「31」に変更します。

さきほどレポートを出力したように、「アドオン」→「Google Analytics」→「Run reports」を押すと、自動的にデータ取得が始まります。

  

でたっ!!すごいっ!!!

グラフも作れてしまう

この無味乾燥なデータもグラフにして視覚的にわかりやすくするといいですね。

これも10秒もあればパパッと作ることができました。

おおお!!すごい!

なかなかおもしろいですね。

このデータを完全自動で保存しておこう

「アドオン」→「Google Analytics」→「Schedule reports」を設定すると、毎日保存することができます。

最初から設定されている状態で毎朝4時-5時に保存されるようにしてみました。

これでバッチシだ!!

スマートフォンでGoogleスプレッドシートのアプリをダウンロードして、同期しておけばスマホからでも見ることができますよ。

アクセスもたまには気にしながら楽しく続けよう

ブログ運営においては、アクセスは気にしすぎてもそれほど大きな意味を持つわけではないと思います。

ただ、やっぱりアクセスがあると嬉しいですからね。

どんな記事がよく読んでもらえたの?

それは何が良かったの?

ブログの特徴を踏まえながら、PVなどのデータを見つめて考えるのもいいのかもしれません。

ブログを書き続けて2年以上も経っているのに、ろくな分析をしてこなかったのはやや反省・・・。

とりあえず、時間があるときに分析してみたいと思います(と言って分析してこなかったので、データだけでも残していこうと思った次第です)。

年度も新たに、今年度も続けていけるようにがんばろっと。

数字を見だすとあっという間に時間が過ぎてしまうなぁw

自動でデータを取り込みたい方は、ご参考までに。

ではでは。