年収1,000万円から500万円へ凋落。収入が減る前にやるべき2つのこと。

お金、家計

父と話す機会があったので、お金のことを聞いてみた。まだ子ども一人でもひーひー言っている我が家。それに比べて、実家は途中から母はパートに出たけれど、しばらく専業主婦だったし、子どもも多かったのにどうやって生活をしていたんだろうと疑問に思っていたんです。

子ども3人を私立大学に行かせたのは、すごいことだと思う。

聞くと、バブル前後は、年収1,000万円以上あったようだ。まだ、父が30代の頃の話です。今の私の年収と比べると、同じ年代でも倍ほどあるわけで。

そこから父は失敗の話をはじめました。年収が高かったからこその失敗。そこから学ぶことがあります。

スポンサーリンク

収入増といっしょに支出増

国税庁の民間給与実態調査によると、2015年の給与所得者の平均給与は420万円と、前の年よりも1.3%増えたようですね。増加は3年連続で、420万円台は2008年以来だそうです。

参考  平成27年分民間給与実態統計調査結果について

私はこの間、給与は減り続けているので、世間様とは真逆を行っている状態。

父の話に戻すと、父の給料も右肩上がりだったようです。バブルすげーって感じですが、バブルよりも、自分の営業成績が良かったと懐かしそうに話していました。

気付けば、年収は1,000万円を超えていたとのこと。なんともうらまやしい金額です。子どもが多かったので、自分たちに使えるお金は少なかったでしょうけど、いつかは年収1,000万円というのを達してみたいものです。

ここから父は重要なことを話し始めました。

年収1,000万円が続くと思っていた

上がる年収。続く年収。

そう、その収入が続くと思っていたようです。恥ずかしながら、私も収入はゆるやかに右肩上がりするものって思っていたので、収入が減ったときには衝撃的でした。

当然、入ってくるお金が多いと、使えるお金が増えるわけです。

使えるお金が多いということは、買えるものが増えるということです。

あなたなら、収入が増えたときにどうしますか?使いますか?貯めますか?

もちろん、父も貯金を増やしていたのだろうけど、「年収によって生活コストが上げてしまったのが最大の失敗の要因だ」と言っていました。

私は、基本的に年収が上がっても生活コストを上げないようにしていると言ったことに対して、しょんぼりしながら「それが正しいわな」と一言ぼそっとつぶやいていました。

典型的な貧乏父さん

お金、家計

私が20歳のこと、今から15年ほど前の話ですが、当時就職活動のこともあったので、話を聞いていると、母には内緒では1,000万円以上保有していたと言っていました。子どもの学費に耐えながら、母に生活費を渡したうえで貯めていたんだから、意外にも堅実家だったのかもしれません。(そうは見えなかったけど)

それから数年後、取締役まで務めた父は、会社の業績が傾いたのに伴い、責任を取って降格。年収は1,000万円どころか、半分の500万円まで下がってしまいました

ちょうど、弟が進学するときだったのですが、現金で必要な学費を用意できず、保有していた株を損切りして現金化し、準備したと言っていたのを思い出します。

お金で大切なこと

Money お金

StockSnap / Pixabay

ちょっとグダグダ書いてしまいましたが、父の言葉からお金に関する重要な2つのことを読み取ることができますね。

①将来の収入増加をあてにした生活をしないこと

②必要な資金(学費や頭金など)は現金で用意すること

年収1,000万円にあぐらをかき、生活コストを上げてしまったことは父の失敗とも言えます。年収が上がると、うれしいし、使いたくなる気持ちも分かります。

我が家も年収は右肩上がりでした。しかし、2014年にガクンと年収が下がり、まさに我が家のバブルは崩壊したわけです。

家計簿

また、数年内に必要な学費、あるいはマイホームの頭金などは、値上がりが狙えるリスク資産よりは、現金で用意しておくほうが無難です。というかしたほうがいいですね。父に理由を聞いてみると、下がった年収を株(の利益)で補いたかったとのこと。

なまじ投資できる現金があったから投資した結果、学費が必要になった時に損切りする状態になってしまい、現金を減らしてしまったわけです。(アベノミクスが始まる前に、株価が上がるぞ。株を持っておけと予想し、見事的中しているので、取り戻しているかと思う。このアドバイスをスルーした私は残念なことに。。)

収入は将来どうなるか読めないと知っておく

支出は簡単に増やすことができますが、収入は簡単に増やすことができませんよね。

先日、「30代平凡サラリーマンでも貯金1,000万円を貯めるためにやったことを全力でまとめてみる」でまとめてみたんですが、多くの方に読んでいただきました。ありがとうございます。

まとめてみると、やはり貯金を増やしていくには、まず支出を減らす努力が必要だということですね。そして、収入、収入の口を増やす努力も必要です。

20年前に戻り、父に一言伝えれるならこう言いたい。

収入が増えても支出を増やすことに使うのではなく、資産が増えることに使おう

家計 資産

配当を狙える株やセゾン投信などの投資信託にコツコツ投資をしていれば、また違ったお金人生だったかもしれません。父の反省を活かし、収入が増えたとしても、それに合わせて支出を増やすようなマネはしないようにしていきたい。

ではでは。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク