死亡保険でこの3つは要検討!フラット35で団信不加入の場合に見ておこう。

ジンです。 先日の記事にも書いたのですが、団信は住宅ローンを借りる場合には必須の加入です。借主が死亡した場合に住宅ローンをチャラにしてくれるってやつですね。ただし、フラット35だけは任意なのです。

フラット35を借りる場合で団信に加入しない場合は、別の生命保険を入っておくほうが無難ですね。

そこで、生命保険のなかでも収入保障保険について、調べてみました。そのほか、逓減定期保険1年組み立て保険についても見てみます。

photo credit: John Duperly MD PhD via photopin cc

スポンサーリンク

フラット35の場合は団信を不要にした場合には?

団信に加入しない場合は、一般の生命保険に加入しておくほうがいいですね。万が一のためにも。 収入保障保険を調べようと思ったキッカケは、ブロ友の有名ブロガーhanaさんのツイートです。

141226 収入保障保険

hanaさんのブログ「ずぼら主婦ドットコム」 そうかそうか。こういう保険を考えると保険料安くできるかもなーって思いなおしました。団信入らないって決めたので、そろそろ保険も決めないと。

住宅ローン・フラット35の団信(団体信用生命保険)は加入しなくていいの?
ジンです。 住宅ローンを組む場合に加入が必要な団信特約。でも、フラット35だけは任意なんですが、この任意がくせものです。 住宅ローンを組むときに「フラット35」を考えられている...

収入保障保険と言う選択肢

hanaさんは収入保障保険を選択されたようですが、とても賢い選択をされているなぁーと思いました。 年金のように保険金をもらえる保険が「収入保障保険」です。

死亡保険の場合は、被保険者が死亡した場合は1,000万円!と言った具合に保険金が一括でもらえるのが特徴ですね。それを年金受給のように分割して保険金を受け取るのが収入保障保険です。 死亡後に月15万円(例)が60歳ま受給といった具合です。

141226 収入保障保険3

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の「家族のまもり」(保険会社名なげーよ)では、年金のように保険料を受け取りながら、保険料は5年ごとに減っていくという商品です。

141226 収入保障保険4

受け取る保険金を住宅ローンと同等額に設定してれば、万が一の場合も住宅ローンは返済することができますね。

また、保険料も5年ごとに下がっていくので、家計の負担も和らげてくれそうです。 年金のように保険金を受け取るため、「雑所得」となり保険金を受け取る人の総合課税になるので、所得税や住民税、健康保険料が上がってしまう場合もあるので注意が必要そうです。

参考「収入保障保険は死亡時一括請求が有利!

逓減定期保険という選択肢

必要補償額が毎年減っていく「逓減定期保険」があります。これも定期保険に比べて保険料が割安であるため、選択肢として検討してもよさそうですね。

例えば、三井住友海上あいおい生命の逓減定期保険であれば、一般の定期保険よりぐっと保険料が安くなります。

141226 収入保障保険5   いつ亡くなっても保険金で住宅ローンを返済できるように保険金額を設定しておくひつよがありますね。

1年組み立て保険と言う選択肢

毎年、死亡保険料を変更することができる「1年組み立て保険」と言う商品もあります。死亡保険に必要な金額は、毎年減っていくのが普通だと思いますので、それに合わせて保険金を減らしていくという商品です。

子どもが生まれたりして保険金を上げる場合には、健康状態などの条件が必要となりますが。 この保険はネオファースト生命(損保ジャパンから変わってた)が唯一やっているような気がします。しかも、ホームページを見るとすでに受付終了しているっぽい。良い商品なのに。郵送はまだできそうです。

「1年組み立て保険」は資料請求、インターネット申込の受付を終了いたしました。郵送でのお申し込みは2015年2月13日(金)消印有効分まで受付いたします。

我が家は会社の保険で似たような保険があるので、毎年保険金を変更していました。

貯金がないときは保険金1,000万円、貯金が500万円できたから保険金を500万円に減らして、保険料を節約するといった具合です。

保険も合理的に選びたい

死亡保険に限らず、保険会社も多いし、保険の種類も多いですよね。なんでこんなに分かりにくいんだろ・・・。 保険は加入して満足するものではなくて、保険金をきちんともらいたいときにもらえて初めて保険の意味があると思う。

もちろん、過度な保険料は家計を圧迫するし、過剰な保障はするべきではない。過剰な保障ってなんぞや?ってなるので、自分で調べることも大事。 保険はシンプルで、かつ、保険金がどういうときにもらえるかすぐにわかるもの、がいいと思います。

特約とかぐちゃぐちゃな保険はそれだけで距離を置きたくなる・・。 フラット35を借りるにあたって団信不加入にしたわけなので、保険も決めていこう。今日書いた3種類から選ぶことになりそうですね。

では。

住宅ローン「フラット35s」が人気!手数料を抑えて賢く借りよう
長期固定金利の住宅ローンの代表格である、フラット35。そこから金利優遇幅は0.3%下がる「フラット35s」が人気です。 これは特例なので期間限定です。今だけの優遇金利ですね。 ...
スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク