JR九州は申し込んだ?株主優待が魅力的なので申し込んだら2万人以上も

JR九州,株主優待

JR九州が新規上場をします。仮条件は予想よりも上がって、2,600円(26万円が必要)となりました。売出価格も仮上限の上限で決定することでしょう。

我が家も総出でこのJR九州の新規上場に申し込みました。マネックス証券で申し込むと20,000番台だったので、すでに2万人以上の方が申し込み済・・・。

もう申し込み期間は終わっています。

当選はちょっと難しいかなという状況かなと思います。

我が家は、JR九州の株主優待狙いで申し込むことにしたんですが、株主優待狙いの株式投資ってどうですか。

スポンサーリンク

JR九州の株主優待

JR九州,株主優待

JR九州は、ほかのJRと同様に株主優待を設けていますね。

毎年3月末の株主に対して鉄道料金が割り引かれる鉄道株主優待券とJR九州グループ内で利用できる優待券の2種類です。

年度末の株主対象なので、今回当選しても年度末時点で株を保有していなかったら(途中で売却して買い戻さなければ)、株主優待の権利がないので注意が必要です。

JR九州の株主優待

運賃:片道乗車券 料金:特急券、グリーン券(個室を除く)、指定席券を鉄道株主割引優待券1枚で、一人50%引きとなります。

100株~1,000株未満
・鉄道株主優待券1枚(100株ごとに1枚)
・JR九州グループ株主優待券:5枚

1000株~10,000株未満
・鉄道株主優待券10枚(超過分は200株ごとに1枚)
・JR九州グループ株主優待券:5枚

10,000株~20,000株未満
・鉄道株主優待券55枚(超過分は300株ごとに1枚)
・JR九州グループ株主優待券:5枚

20,000株以上
・鉄道株主優待券100枚
・JR九州グループ株主優待券:5枚

鉄道料金、特に新幹線は高額なので50%引きとなるのは、かなりお得と言えますね。交通費を抑えることで旅を楽しめるという一面もあるので、優待欲しいですね。

JR九州の業績や事業方針はこの記事が詳しくまとめてくれています。

JR九州の新規上場(IPO)は買いか?株主優待の導入も明言!

JR西日本の株主優待券

ちなみに、同じJRでも株主優待の内容は違うんですが、JR西日本が似たような株主優待を設けています。JR九州がJR西日本を参考にしたというほうが正しいでしょうね。

JR西の株主優待

運賃:片道乗車券 料金:特急券、急行券、グリーン券(個室を除く)、指定席券を鉄道株主割引優待券1枚で、一人50%引きとなります。

100株~300株未満
・鉄道株主優待券1枚(100株ごとに1枚)

300株~500株未満
・鉄道株主優待券1枚(100株ごとに1枚)
100株でも3年以上保有で1枚追加

500株~1,000株未満
・鉄道株主優待券1枚(100株ごとに1枚)
100株でも3年以上保有で2枚追加

1,000株~1,100株未満
・鉄道株主優待券1枚(100株ごとに1枚)
100株でも3年以上保有で3枚追加

1,100株~10,100株未満
・鉄道株主優待券10枚(1,000株超過分 200株ごとに1枚)
100株でも3年以上保有で3枚追加

1,0100株~20,000株未満
・鉄道株主優待券55枚(10,000株超過分 300株ごとに1枚)
100株でも3年以上保有で3枚追加

20,000株以上
・鉄道株主優待券100枚
100株でも3年以上保有で3枚追加

こちらも鉄道料金、特に新幹線は高額なので50%引きとなるのでうれしいですね。JR西日本のほうが、JR九州よりも鉄道網、新幹線網も広範囲なので使い勝手はいいかもしれませんね。

当たり前ですが、JR西日本の株主優待券はJR西日本管内、JR九州の株主優待券はJR九州管内しか使えないので、注意が必要です。もちろん、JR東海、JR東日本管内とかも不可。

参考  JR東日本の株主優待

参考  JR東海の株主優待

株主優待狙いの投資

これまで株主優待狙いの投資ってどこか引け目を感じていました。なんか、違うんじゃないかって。

投資の醍醐味は、リターンと配当です。それに加えて、日本株の場合は、企業によっては株主優待を設けています。長く保有してもらいたい、そんな思いがつまった優待制度。

3月末と9月末は株主優待が多い時期ですね。年度末である3月決算の企業が多いからですね。半年に一回の楽しみの時期とも言えます。

次は12月末、3月末が優待のねらい目の時期ですね。

鉄道株と航空株に

最近、株主優待の投資もありなのかなと思い、株主優待銘柄にも興味を持っています。そのなかでも、特に興味を持っているのが鉄道株と航空株

子どもができて、子どもと出かけるところを増やしたい、思い出を作っていきたいという今までになかった思いが芽生えています。

そんなときにネックなのが交通費、ですね。特に遠出をするときには、交通費がかさむと家計にも影響が出ます。

ということで、先日は9月末でANAの株を購入してみたんですが、株主優待が使いやすいものだったら、これから徐々に増やしていきたいと思います。

子どもと遊べるってのは10歳くらいまでとか言いますが、ま、時間があるので、ゆっくり育てていきたいですね。

参考  JALの株主優待

参考  ANAの株主優待

➡ 3月株主優待。国内線50%引きの優待もらえるけど、JALとANAとどっちが買い?

IPO申し込みに必要な証券会社

ちなみに、ここからはプチ情報ですが、今回のJR九州のようにIPO(新規上場株)する企業に投資する場合は、まず、「私この株、買いたいです!」と証券会社を通じて、意思表示します。

それで、「当選」したら、株を買う権利が得られるわけです。マネックス証券では2万台だったので、かなり厳しいと予想しています。

この「私この株、買いたいです!」と意思表示をする際には、ほとんどの証券会社で、

「それだったらその意思の証拠としてお金預けてちょ」ってなります。今回のJR九州であれば26万円が必要ということです。(もちろん、落選したらそっくりそのまま返ってきます)

当選確率を上げるため、IPOはたくさんの証券会社から申し込む必要があるんですが、なかなか資金を用意できないものですよね。

岡三オンライン証券は、申し込み時に資金不要、当選したときに資金を用意したらいいというIPOを狙うには必須の証券会社です。

今回も岡三オンライン証券からも申し込みました。資金不要ですし。申し込みはタダですし。

証券 IPO

【追記】すべて落選しました!!人気銘柄のようです!

JR九州が売出価格を2割も上回り上場!鉄道事業は29年赤字。今後は保有しておく?
JR九州がついに上場しました。 公開価格2,600円に対して、初値は3,100円、終値は2,990円と約2割も上回る結果でした。 7月に上場したLINE(3938)に次ぐ大きな...

JR九州は当選するか分かりませんが、株主優待で遠出の交通費を抑えるってのはちょっとプチ投資方針としてもっておきたいです。JR九州は観光する際にもいいなぁと思います。久しぶりに九州に行きたい!

私が保有していて、IPOでお世話になっている証券会社はこちら。もう開設している人も多いですよね。まだの方は、開設しておきましょう。

➡ SBI証

➡ マネックス証券

➡ 岡三オンライン証券

お金をかけずに、IPO申し込みをやってみたい!という方は、証拠金不要でIPOへの申し込みができる岡三オンライン証券がベストですよ!

岡三オンライン証券の口座を開設してみる

ではでは。

※投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク