カブドットコムが主要ネット証券で手数料最安!子ども版NISA口座に使える?

FirmBee / Pixabay

郵政3社の上場が間近ですね。

三菱UFJグループであるカブドットコム証券から申し込みをしていて日本郵政に当選することができました。ラッキーでしたね。

そのカブドットコム証券が、現物の株式手数料を大幅に引き下げを行いました。

本改定は、約定金額50万円以下の少額約定金額帯の手数料を最大約54%引き下げるものであり、これにより約定金額10万円超から50万円以下の現物株式手数料は、主要ネット証券5社*1で最低水準(2015年10月22日現在)*2となります。

引用-カブドットコム証券

2016年からは子ども版NISAも始まる予定ですし、どこかの証券口座を開設してみようかなって考えているあなたにとっては、カブドットコム証券は選択肢の一つとして考えていいと思いますよ。

スポンサーリンク

手数料が主要ネット証券で最安

カブドットコム証券

出典-カブドットコム証券

手数料は単なるコスト。私たち投資する側にとっては安ければ安いほどいいですよね。積み重ねれば重ねるほど、大きな金額になってしまうもの。

カブドットコム証券2

出典-カブドットコム証券

特に10万円以下の手数料は100円を割っています。株主優待狙いなどでも、利回りをちょっとでも上げるためには手数料を抑えることは大事な視点です。

ネット証券はどこも安いですが、今回の改定でカブドットコム証券証券は一段と安くなっていますね。

もちろん、口座管理維持手数料も無料なので、口座を開設するだけならばお金は必要ありません。

三菱東京UFJ銀行やじぶん銀行と相性がいい

カブドットコム証券は、三菱東京UFJグループなのでUFJ銀行やじぶん銀行との相性もいいです。三菱東京UFJ銀行やじぶん銀行からカブドットコム証券の口座に、ネットで振込場合は手数料が無料で利用することができます。

資金移動でイチイチ手数料を支払っていたら、もったいないです。

特に、じぶん銀行はネット銀行の中でもセキュリティが高いサービスも行っていますし、私も口座を開設しましたが使い勝手がいいので重宝しています。auユーザーの方でしたら、特典も多くて持っておきたい銀行ですよ。

じぶん銀行はお金が貯まる銀行!特にauユーザーにはメリット大!特典が満載の銀行です。
docomoのスマートフォンを利用しているのですが、今年で契約してから2年が経つのでキャリアの変更を考えています。 家族の人数が少ない我が家にとっては、docomoが提供している...

IPOの申し込み用にも持っておく

新規公開株(IPO)は、なかなか当選はしないですが、当たるとリターンを得やすいことから人気ですね。IPOに当選するには、たくさんの証券口座から申し込むのが主流のようです。

我が家もそんな感じで、このカブドットコム証券の口座を開設しました。

日本郵政に申し込んでいて、当選することができました。ほかの証券口座は軒並み落選でしたので、申し込んでおいてよかったなぁと思った瞬間です。

ゆうちょ銀行

日本郵政も売出価格が決定!日本郵政の新規上場申し込み結果は?いよいよ3社が上場へ。
今日は、郵政3社上場のうちすでに売出価格が決まっているゆうちょ銀行(1,450円)、かんぽ生命(2,200円)に遅れて親会社である日本郵政の売出価格が決まりましたね。結局、ゆうちょ...

抽選はシステム化しているので完全に公平ですし、少ない資金量でもチャンスがあります。現に日本郵政株のときには、預けている金額は日本郵政株をギリギリ買える金額のみでしたので、資金量に左右されないのは魅力と言えますね。

投資はお金が増える一つの手段

子ども版NISAを開設しようか迷っています。今のところのスケジュールでは、2016年1月1日からスタート、実際に投資できるのは2016年4月1日からのようです。

NISA=お得、というわけではありません。確かに値上がり益や配当に対する課税が一定金額まで非課税になるというメリットは大きいです。

100万円の値上がり益を得たとしても、20万円は税金でもっていかれますからね。そのほか、株式手数料もかかってきます(NISAは無料にしているところもありますが)。

損益通算ができないというのは、よく言われるデメリットです。NISAは負けられない投資でもあるんですよね。

長期の視点を持てば必ず勝てるとは限らない

長期で保有すれば必ず勝てるわけではないんですが、短期よりはリスクヘッジはできると思っています。

株式投資はどこまでいってもリスクは抱えます。そのリスク許容度をきちんと知ることができるかどうか。

子ども版NISAには2つのことを考えています。一つは、子どもの教育費の選択肢として。もう一つは、子どもの投資教育の選択肢として。

後者は意見が分かれそうですが、投資することから得られることは多いんですよね。お金の知識は学校では教えてくれません。でも、大人になってからはものすごく大事です。

その一つとして、子どもと一緒に考える機会にもしていきたいなぁと考えています。まだ1歳6か月の我が子。お金のことなんて何もわかりません。

いつからのタイミングなのかは分かりませんが、まずは算数の知識に触れたころからお金の勉強は一緒にしていきたいと思っています。

それ以降に投資の勉強もちょっとずつやっていきたいという親の妄想。

カブドットコム証券は、子ども版NISAの口座開設ができそうですし、私も口座を保有しているので、口座開設の選択肢として持っておこうと思います。

親が三菱東京UFJの銀行口座を持っていれば、子どものカブドットコム証券への入金の際に手数料もかからないですしね。

これから証券口座の開設を考えているあなたにとっても、持っておいていい証券口座の一つだと思います。

では。