実は家計簿って2種類作る必要があるって知っていました?お金の流れを知るメリット

家計、貯金、お金

家計簿って最低2種類作っておくほうがいいって知っていました?

恥ずかしながら、私が社会人になって家計簿をつけ始めたころは、1種類しか作っていませんでした。

ちゃんと家計簿をつけているはずなのに、「お金が貯まらない・・・。」

一体どこにお金が消えているの!!??

むむむ。

これは危機だ。

お金を貯める目的があるのに、これでは目標を達成できないぞ!と、焦り始めたんです。

スポンサーリンク

1種類の家計簿をつけていたとき

多くの方が、面倒くせぇーと思いつつも毎月、家計簿をつけていることと思います。

ここで、よし貯金できている!と思考停止をしてはダメです。

貯金をしていても、その貯金あとから使っていませんか?

いわゆるキャッシュフロー(お金の流れ)を知っておくのが大事だったんですね。

貯金の推移、貯金簿を記録しよう

毎月の家計簿も大事なんですけど、大事なのは貯金の推移です。

家計簿は嘘をついても、預金残高は嘘をつきません。

記帳ちゃんとしていますか?

ネット銀行の場合、毎月ログインしていますか?

持っている銀行口座や証券口座などの金融機関の残高をきちんと記録してみてください。

毎月給料日に家計簿をつけると同時に、この貯金把握もしています。

悲しいかな、家計簿は記入漏れもあるんで、正確じゃありません。クレカで払った支出は正確ですが、現金払いは漏れもあるんですよね。

1円単位で付ける必要性はない家計簿です。そこはざっくりでもいいんです。

Pickup! 家計簿をつける理由は?1000万円貯めたけど、我が家の考え方は参考にならないかも。

複数の銀行口座を持っているので、全部を把握しようとすると、ちょっと面倒くさいですが、

預金がどのくらいあるのか

これが大事です。

貯金ができていても減っていることも

貯金ができている。

毎月、先取り貯金している!

それは立派です。超エライです。

でも、実はその貯金を使っていることってありませんか。

それを家計簿に貯金取り崩しとして計上していますか。

していない家計も多いのではないでしょうか。

そこで大事なのが、貯金把握です。

いわゆる貯金簿ってものですね。

前月比よりどれだけ増えているか?

貯金簿、家計簿

貯金簿をつけることの効果は大きいです。

毎月の家計簿(収支)だけでは、どのくらい貯金が貯まっているかは把握できません。

貯金簿をつけていくことで、実際に自分が貯まっているお金を把握できるんですね。

これが、2つ目の家計簿のお話です。

貯金-負債=純資産も把握しよう

貯金簿を付けるだけではなく、自分たちの負債も見据えて置くことも大事ですね。

負債とは、何も住宅ローンなどの借金だけではなく、クレジットカードの未払金や固定資産税や自動車税など支払い予定があるものも負債として記録しておくといいですよ。

貯金簿、家計簿

住宅ローンを抱えていると多くの家庭で純資産がマイナスになっちゃうかもしれませんので、住宅ローンは外してもいいかもしれません。

純資産を把握する利点は、「支払い予定のあるお金」を差し引いた貯金を把握することができることです。

これを把握することで、固定資産税やクレジットカード未払金などの支払いで慌てることはなくなります。

我が家では、この純資産ベースの貯金簿を取り入れたことで、預金があっても将来支払いのある負債に充当することが一目でわかることになったので、慌てることがなくなりましたよ。

家計簿は2種類つくって記録しよう

家計、貯金、お金

家計簿は、2種類あることが家計を強くしていく秘訣です。

収支を把握するための家計簿

貯金や負債を把握するための貯金簿

どちらかが欠けてもいけません。

収支は基本ですが、貯金から負債を除いた純資産がちゃんと増えているか?ってのは、意識しておきたいところですね。

使うための貯金、置いておくための貯金、そうしたことが一目で分かるようになるんです。

そして、できれば、目的ごとに銀行口座を分ける(住信SBIネット銀行は複数口座を作ることができる)など、目的以外にお金を使わないようにすることも大事ですね。

ちなみに、日銀や公共団体と協力して運営されている金融広報中央委員会「知るぽると」で『家計資産管理簿』のフォーマットをダウンロードすることができますので、自分なりにアレンジして使ってみるといいと思います。

ちなみに、この本は家計とは違って経営のお話ですが、家計にも役立つ考えがまとめられた本です。

数字を読めるようになるのと、なんとかなるだろう、では将来の選択肢が大きく変わっていきますよね。

お金の流れを知っておく。

これだけで随分と違うものです。

大事なことです。

ではでは。