日経ヴェリタスを読むと郵政IPO・かんぽ生命が3社で収益安定?配当利回り2.55%、PBR0.67倍と割安

郵政上場関連です。先日、ゆうちょ銀行にはブックビルディングの申し込みを済ませました。

この前、日経ヴェリタスという日経が出している投資専門誌を購入して読んでみました。

今回上場するのは、親会社である日本郵政、子会社であるゆうちょ銀行かんぽ生命の3社です。そのなかでも、ゆうちょ銀行が良さそうだなって思っていたんですが、いやいや、かんぽ生命も良さそうですね。

スポンサーリンク

かんぽ生命は個人保険シェアトップ

日経ヴェリタスに気になるくだりが・・・

「郵政3社の中では相対的に事業モデルが民間に近く、将来像が描きやすい」

お、そうなのか。確かに今期の収益予想では、唯一の増益予想(郵政IPO3社の中で)。

かんぽ生命は、学資保険のヒットもあり、個人保険のシェア国内首位だそうです(年換算保険料ベース)。2014年度末時点では、かんぽ生命14%(旧簡易保険含むと24%)で、2位は日本生命の13%のようです。

ちなみに、かんぽ生命の貸借対照表を見てみると、有価証券は66兆円もあります。すごい金額だな、おい。資産運用収益は、3,500億円前後あるようですし、含み益はなんと8,000億円程度あるようなので、安定性が高いというのもうなづけます。

かんぽ生命

1株当たりの配当は56円

2016年3月期の配当予想は56円。最低単元株100株を購入すれば、年間5,600円(税引前)を受け取ることができますね。

配当利回りでいうと、2.55%~2.95%(仮条件1,900円~2,200円の場合)となっています。上場平均が2%未満なので、それから見ると高い部類にはなりますね。

※仮条件は2,200円で決まりました!

配当性向は30%~50%の目標となっています。

郵政3社新規上場!ゆうちょ銀行・配当利回り3.45%、かんぽ生命3.10%らしいのでぜひとも欲しいです
【この記事は、郵政3社の上場について書いたもので、8万人以上の方に読まれた記事です。その後も読んでいただく方が多いので、上場後の動向も追加しています。】 11月4日に新規上場する...

かんぽ生命の3つの懸念

日経ヴェリタスによると、かんぽ生命には3つの課題があるようですね。

1つ目は、旧簡保の契約満了です。民営化する前の契約分のうち、2割がかんぽ生命に入る構造のようですが、契約満了とともに、かんぽ生命の保険契約とならない場合があるからです。当たり前ですけど、他社製品、あるいは保険に加入しないという選択肢もあるわけなので、必ずしもかんぽ生命の収益につながらない、ということですね。

2つ目は、国内市場の縮小です。最近は、保険会社が相次いで海外保険会社を買収して、海外に活路を見出そうとしていますね。

確かに、私みたいに医療保険入らない!って考えの方もいますし、保険を入らない選択肢が広がっているようにも思えます。かんぽ生命は、学資保険が強いですが、学資保険はドアノック商品とも呼ばれ、収益性が低いのも特徴。

学資保険をキッカケに、ほかの保険にも加入してもらえる営業体制を強化していく必要がありますね。

最後3つ目ですが、利益率の高いがん保険などに参入していないことです。アフラックのがん保険は受託販売していますが、直接参入するにはどうやら政府の認可が必要みたいですね。ゆうちょ銀行同様、いろいろ規制があって、自由に動けないのが痛手です。

魅力は販売網と配当利回り

全国に郵便局は約24,000もあるみたいです。

セブンイレブンが約18,000店舗、ローソンが約12,000店舗、ファミリーマートが約11,400店舗程度ですので(2015年8月)、その多さが分かりますね。

もちろん、過疎地域とかにもあるので、直接収益につながっていくような店舗もないかもしれませんが、それでも、数が多いというのはそれだけ販売チャネルが多いということなので、収益チャンスの芽はあるはずです。

また、繰り返しになりますが、配当利回りは22万円(仮条件上限)の場合は、2.55%となっています。PERは15.7倍PBRは0.67倍の予想です。

(ちなみに、日本郵政は仮条件上限14万円の場合、PER16.4倍、PBR0.41倍、配当利回り3.29%)

(ゆうちょ銀行は仮条件上限14.5万円の場合、PER17.0倍、PBR0.47倍、配当利回り3.45%)

配当利回りやPBRで見たときには、割安で高利回りですので魅力と言えば魅力。今後、医療保険にも直接参入していけることができたり、また、国内生保のようなMA能力も身についていけば楽しみかもしれません。

この前口座開設した岡三オンライン証券(ブックビルディング申込時に資金不要)や以前から保有しているカブドットコム証券の口座を持っているので、こちらから申し込んでおこうかな。もう時間もないですしね。※郵政3社の新規上場の申し込みは終了しています。

地味に考えているのが、口座開設をすると日経新聞が無料で読むことができる丸三証券からも申し込んでもいいかなと思います。2年間取引ないとサービス停止があるみたいなので、ここらで使ってみようかと。丸三証券自体の配当利回りは5%超えているので、こっちも魅力ですけどね。

ゆうちょ銀行のIPO人気?実際に申し込んでみたら、すごい人数が申し込んでました
日本郵政3社が11月4日に新規上場します。それに伴って、現在、申し込みを受け付けしていますね。いくつか証券会社に申し込んでみたんですが、もうすごい人数が申し込んでいるようです。ネッ...

金融2社(ゆうちょ銀行・かんぽ生命)は、魅力的かなっと思います。

まだ、申し込み時間までは(10月16日(金)まで)、多少考える時間があるので、もうちょい悩んでみます。

余談ですけど、日経ヴェリタス初めて読みましたが、面白い記事が満載ですね。高いだけはあります。

申し込み結果はこちらに書きました!

ゆうちょ銀行・かんぽ生命の新規上場申し込み結果は?意外と厳しい結果?
郵政株の上場は注目を集めていますね。 売出株のうち8割弱は国内の個人投資家向けになります。およそ970万口超とのこと。 郵政3社のうち、ゆうちょ銀行・かんぽ生命はさきにブックビ...

では、また。

コメント

  1. しらいゆうき より:

    お久しぶりです。

    今日が締切日だったんですね。
    郵政3事業に全部申し込みました。

    先日の為替危機?ではメインのオセアニア通貨が20円近く暴落して瀕死の状態でしたが、かろうじて生き延びて復活(*^_^*)

    資金の余裕も出来ました。

    買えたら、そのまま売ろうと思います。

    • ジン より:

      しらいゆうきさん
      ご無沙汰しております。
      資金の余裕ができてよかったですね。うらやましいかぎりです。
      私も結局3社すべてに申し込みしました。
      当たればしばらくは持っておこうと思っています。さて、どうなるやら。