固定資産税とは?nanaco(ナナコ)で支払って税金を安くする方法を解説

マンションを購入して1年。ついに来ました固定資産税

不動産を所有すると、毎年課税されるのが固定資産税です。その固定資産税を少しでも安くしたいところなので、nanacoを利用して節税しようと思います。

マンションに限らず、マイホームを購入すると必要になる固定資産税。わたしの同僚でマイホームを購入したはいいものの、固定資産税の存在を知らずに資金計画で痛い目を遭ったという話を聞きましたが、マイホームは住宅ローンだけではありません。税金もかかってくるんですよね。

本日は、固定資産税とnanacoを使って税金を安くするお話です。

スポンサーリンク

毎年1月1日所有者が基準

固定資産税を支払う人は決まっています。

毎年1月1日現在の所有者に対して、課税されます。これは、固定資産税の課税団体である市町村が1月1日現在の所有者を調べて、税金を納めてよ~と課税するからです。

中古物件やマンションの場合は、1月1日現在では売主に所有権があるので、その残りの期間を日割りで計算し、固定資産税の負担を求めるのが慣習となっていますね。

課税金額はいくら?

マイホームを買うときは、大体固定資産税がいくらぐらいになるかというのは確認しておくと無難です。毎年支払うお金なので、資金繰りに影響しますからね。

計算方法ですが、

課税標準額 × 固定資産税1.4%(※ +都市計画税0.3%) = 税額

都市計画税というのは、市街化区域の土地・家屋についても課税されます。

市街化区域というのは、簡単にいうと「住宅や工場などを建てていく区域」ということです。うちの周りは基本的にすべて市街化区域です。区域によって、用途地域といっていろんな制限が決められています。例えば、住居の隣に工場があったらいやでしょ?そうならないために、行政は様々な制限をかけているわけです。すべては住みやすい、働きやすいまちづくりのためですね。

市街化区域以外ってあるの?ってことですが、あります。それが「市街化調整区域」というもの。基本的には農地とか自然を残しましょうという区域です。

ちょっと脱線すると、市街化調整区域では原則として建築物の制限ができず、いろんな制限があるので、市街化調整区域の物件は買わないほうが無難です。

固定資産税の軽減措置とは?

我が家にきた納税通知書を確認すると、約13万円ということでした。新築物件の場合は、軽減措置が設けられており、税金がある一定期間安くなりますね。軽減措置がないと仮定すると20万円以上の固定資産税なので、新築による軽減措置は大きいですね。

これは、土地・建物ともにあります。

新築された住宅や分譲マンションなどの居住部分の固定資産税が軽減されますが、表にまとめると概要はこうなります。

種類 ①新築住宅 ②新築された認定長期優良住宅
要件 ・居住部分の床面積の割合が2分の1以上
・1戸当たりの居住部分の床面積が50㎡以上280㎡以下
軽減内容 固定資産税額×1/2(1戸当たり120㎡まで)
一般住宅 3年間 5年間
3階建以上の(準)耐火構造 5年間 7年間
申告 不要 翌年1月31日までに申告要

我が家は、マンションなので5年間の軽減措置を受けることができますね。単純計算でも、8万円×5年間=40万円の税優遇があるわけです(※我が家の場合)。

このほか、次の場合にも固定資産税が軽減されますので、対象かどうか迷ったら市町村税務署へ相談しておきましょう。

【改修工事をした場合】

  1. 耐震改修工事
  2. バリアフリー改修工事
  3. 省エネ改修工事

これらの工事をしたら、まずは問い合わせてみることですね。

固定資産税の評価額を確認できる方法とは?

最近は、固定資産税の評価誤りで自治体が税金を取り過ぎた!という報道が多いですね。年度初めの4月から5月上旬まで(自治体による)は、「固定資産の価格の縦覧制度」があるので、一度は利用するといいかもしれません。

私も平日、お休みが取れれば行ってみようと思います。

nanacoで節税しよう

ナナコ2-min

セブンイレブンが発行しているnanaco(ナナコ)カードで税金を支払うことができます。nanacoは電子マネーとして利用できるカードで、現金やクレジットカードでチャージすることができます。

税金を支払って節税につながるのは、クレジットカードを使うこと。これがミソですね。

イメージはこんな感じです。

nanacoで支払い

固定資産税に限らず、住民税や自動車税などコンビニ払いができるものは、節税することができます。私は以前、住民税を支払う際に利用して、節税に成功しました。税金はあなただけではなく、配偶者名義の税金でも支払いができますよ(配偶者以外でもできますが)。

nanacoで節税する方法

用意するのは、nanacoカードクレジットカードです。nanacoカードは、セブンイレブンやイトーヨーカ堂で発行できます。発行手数料に300円かかりますが、すぐに元が取れますよ。

【nanacoで税金を支払うまでのステップ】

1.nanacoチャージするためクレジットカードを事前登録する

  • nanacoカードの場合入会から10日後の朝6時以降、nanacoモバイルは登録後4日後の朝6時以降に登録が可能
  • 事前登録後24時間経過しないとチャージすることができない

2.チャージできるようになったら、nanacoにチャージする

  • 1回のチャージは29,000円まで。
  • 1枚のnanacoカードのチャージ上限は50,000円まで
  • 税金の支払いでnanacoポイントがつくわけではない

3.セブンイレブンに行って支払う

大きくは3ステップですが、重要なのはクレジットカードの事前登録です。

全てのクレジットカードがnanacoにチャージして、クレジットカードのポイントが貯まるわけではありません。

nanacoでポイントが貯まるクレジットカード

代表的なのは、以下のクレジットカードです。

カード ブランド 還元率 年会費
リクルートカード VISA/JCB 1.2% 無料
楽天カード JCB 1.0% 無料
Yahoo!JAPANカード JCB 1.0% 無料
セブンカードプラス VISA/JCB 0.5% 無料(年間5万円以上)
漢方スタイルクラブカード VISA/JCB 0.25% 1,500

今までは漢方スタイルクラブカードの還元率が高くて良かったのですが、1.75%から0.25%に改悪されたので、それ以外のクレジットカードがおすすめです。

最近では、最強であったリクルートカードプラス(還元率2.0%、募集停止)がnanacoへのチャージを還元率0%にすることを発表されています。

➡ やっぱり改悪!リクルートカードプラスがnanacoやモバイルsuicaへのチャージ対象外に!

これからもこういうことはあると思うので、nanacoチャージ用を2枚持っておくのが無難かと思います。

nanacoにチャージ

クレジットカードの事前登録が完了すれば、あとはチャージです。1回で最大29,000円なので、29,000円チャージします。

nanaco3

ここで、nanacoには50,000円までチャージ可能ですが、残りの21,000円をチャージする方法です。最初の29,000円は、「センター預かり」となっており、このままではまだ使えません。

セブンイレブン(セブン銀行)で残高確認

そこで、セブンイレブンに行って「レジ」か「セブン銀行のATM」で残高確認をおこなってください。すると、センター預かりになっている電子マネーが使えるようになります。

nanaco5

そして、もう1度、nanacoにチャージします。今度は21,000円ですね。

nanaco6

あとはもう1度残高確認をすれば50,000円までが可能です。固定資産税であれば、通期分を支払うのは困難ですが、1期分は支払えると思いますので、4回に分けて支払うことになります。1度に支払う裏ワザもありますが、大変面倒くさいので、4回に分けて支払うほうが簡単です。

1枚のnanacoで10万円まで支払い可能

10万円までであれば、1枚のnanacoカードで支払うことができます。

方法は、50,000円をnanacoにした状態で、50,000円をセンター預かり分の状態にしておくこと。

レジで支払いの際に、50,000円支払い後すぐさま「店員さんに残高確認をしてください」と言えば、センター預かり分が反映されますので、この50,000円を利用して支払うことができます。

私は今回は33,700円の支払いでした。29,000円+21,000円(センター預かり)の状態で支払いに行きましたが、店員に最初「(29,000円なのでお金が)足りません」と言われましたが、「センターに入っているので残高確認してください」と言って支払うことができました。

あわせて読んでみる ⇒ nanacoカード1枚で10万円まで税金が支払える!nanaco活用術

nanacoで節税できる

今回の納税額は、全期で13万円です。1期当たり33,700円。nanacoへのチャージは、リクルートカードを利用しました。還元率が最も高いですからね。繰り返しになりますが、チャージでポイントがつかないクレジットカードがあるので注意が必要です。

年間だと約130,000×1.2%=約1,560円安くすることができます。これで、スタバ3回分くらいは特になりましたね。

ナナコ-min

毎年かかってくる税金なので、税金はnanacoで支払うことを実践していけば、相当な節税金額となりますね。

チャージするクレジットカードが決め手です。再掲します。

カード ブランド 還元率 年会費
リクルートカード VISA/JCB 1.2% 無料
楽天カード JCB 1.0% 無料
Yahoo! JAPANカード JCB 1.0% 無料
セブンカード・プラス VISA/JCB 0.5% 無料(年間5万円以上)
漢方スタイルクラブカード VISA/JCB 0.25% 1,500

税金の支払いがある方は、nanacoを利用して節税しましょう。チャージできるクレジットカードを持っていないと使えないワザなので、これを機に作っておくといいですね。

我が家ではリクルートカードにお世話になっております。

リクルートカード還元率1.2%!年会費無料・家族会員も無料

クレジットカード雑誌では持っておきたいカード第1位になるなど、今大人気のカードですね。

また、安定した人気があるのは、楽天カードのようですね。

今は楽天カードがキャンペーンでポイントプレゼントを実施していますので、nanacoチャージ用としてもカードを作るいい機会です。

では。

次のページへ ⇒ 1枚のnanacoで5万円以上の税金を支払って節税する方法とは?