LINE上場いよいよ。実態はゲーム会社だし、赤字なのでパスかな。

LINEアプリ

あのLINEがいよいよ上場ですね。7月15日(金)です。日米同時上場です。

ブックビルディング期間は7月8日(金)までとなっていますので、まだの方はお早い目に。今年、上半期の最大の新規公開株(IPO)案件となっています。

仮条件も100円上げて、2,900円~3,300円に引き上げました!なかなか強気ですね。

【追記】3,300円、東証一部上場に決まりました!時価総額6,900億円です。今年最高の上場案件となりました。

新規上場する!って報道が出たときは、とりあえず申し込もうかなと思っていたんですが、財務諸表を何度か読んでいると、う~ん。。。

全然魅力的じゃねー!

って思っちゃいました。と、私が思ったからきっと初値は上がると思います(笑)。

【追記】先行して上場したアメリカでは、公募価格に対して28%も上がりました!そのあとも上げ幅を広げていますので、日本の上場も期待できますね。

スポンサーリンク

LINEのPBRは5倍以上と割高です

株価の割安を判断するのに、PERとPBRという指標がありますが、LINEは赤字会社なのでPERは分かりません。PBRは純資産192億円(3月末)に、IPOで調達する約1,000億円を加味すると、大体PBRは5倍を超えています。

LINE利益

集計は厳しいものがありますね。ずっと赤字というわけではないんですが、収益は安定していないという感じです。

  • 2013年度 売上395億円 純損失▲63億円
  • 2014年度   863億円 純利益 20億円
  • 2015年度  1,206億円 純損失▲79億円

黒字になっている2014年度も、純利益率はわずか2.3%でなんとか利益が出てよかったという感じでしょう。

参考記事  LINEが新規上場決定!LINEは赤字会社だったんですね。さて申し込む?

LINEの実態はゲーム会社

LINEの

LINEコンテンツ

出典:新規株式発行並びに株式売出届出目論見書 LINE株式会社より

LINEの15年12月期のスマホゲームなどコンテンツ事業の売上は492億円と売上収益全体の4割を占めています。

実態は、スマホゲーム会社に近いですね。

その主力であるコンテンツ事業でしっかりと利益を出しているのか見ようと思ったら、セグメント別の収益は公開されていませんでした。なんだか勘ぐってしまうんですが、気になるところです。というか、ここが大事でしょう。

スマホゲーム市場ってどうなの?

スマホゲーム市場は、栄枯盛衰と言う感じですが、実態はどうなっているんでしょう。

LINE スマホゲーム

出典:矢野経済研究所

グングンと伸びている!って思ったんですが、ちょっと頭打ち感がありますね。

スマホゲームは4年も経つと飽きてしてしまうので、ユーザー離れによる課金収入の減少になるところも多いです。私自身は、一度もスマホゲームをしたことがないのでその魅力は分かりませんが、ハマるんでしょう。

ファミコン時代(古い!)は、ドラクエやFFにハマっていたのでゲームの楽しさは分かりますが。

ゲーム会社は投資対象?

LINEをフェイスブック(Facebook)やツイッター(Twitter)のようにソーシャルコミュニケーションの会社と見るか、ゲーム会社と見るかでも投資するかどうかの判断にもなりますね。

LINE(ツイッターとフェイスブックの株価)

フェイスブックのように広告事業が好調であれば、業績とともに株価(上場来3倍!)も上がりますが、収益が出ていないツイッターはボロボロです。

LINEも前期は、1,200億円の売上に対して79億円の赤字ですから、要注意と言えば要注意です。ツイッターとの違いは、LINE POPなどコンテンツ事業があることですが、そこで利益を出せないとしんどいですね。

ゲームは、開発費用と広告宣伝費の2大先行投資がかかってきますので、収益に貢献するまでに時間がかかります。

ゲーム会社と比較

ここ最近、ヒットに恵まれたのは、

  • ガンホー「パズドラ」
  • ミクシィ「モンスターストライク」
  • コロプラ「魔法使いと黒猫のウィズ」「白猫プロジェクト」

この3社はですね。最終損益を見てみると、

  • ガンホー 434億円(前期比▲30%
  • ミクシィ 610億円(前期比85.1%)
  • コロプラ 194億円(前期比49.2%)

となっています。スマホゲームって稼げるんですね。でも、LINEのように赤字会社も多いんですよね。

  • グリー ▲103億円
  • gumi   ▲32億円(赤字転落)
  • ドリコム ▲5.3億円

などなど、個人的にはゲーム会社は一発芸人のようなイメージがあって、投資対象としづらいです。スクエニとか任天堂とか、老舗ゲームメーカーのほうが、安心感もあるし、昔からのキャラが愛されていますよね。マリオとか今でも好きですもん。

LINEへの投資はパスしようと思います

LINEスタンプなどはSNS事業として安定すると思うけど、日本では飽和状態だし、海外では評判悪いし、頭打ち感ありありな気がします。また、収益の4割を叩き出すゲーム事業については、当たり外れの大きい分野。

んで、最後にしっくりこない部分がこれです。

LINE 役員報酬

役員おひとりさまに52億円もお支払されています。あれ?LINEって赤字会社だよね。利益剰余金▲192億円と利益貯まってないのにね。

いや、それでもLINEに投資しようって方は、証券口座の開設が必要です。

幹事会社はこちらです。

  • 野村證券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券(カブドットコム証券委託)
  • ゴールドマンサックス証券
  • JPモルガン証券
  • みずほ証券
  • 大和証券
  • SMBC日興証券
  • SBI証券
  • 東海東京証券 
  • マネックス証券

カブドットコム証券マネックス証券など主要なネット証券会社は口座を開設してLINEの新規上場に臨みましょう。

私はパスすることにしましたが、投資は自己責任でお願いしますね。

初値は上がるんでしょうけど、2016年上半期最大の上場案件ですが、不安感いっぱいですね。

では。

LINEの上場は48%も上がりました!!

LINE上場、初値48%上昇!時価総額は1兆円!買おうと思ったけどやめた理由
無料通話アプリを提供するLINEが日米に上場しましたね!日本では東証1部に上場し、公開価格3,300円に対して、初値は4,900円と公募価格を48.4%を上回って上場しました。初値...

コメント

  1. らいむ より:

    こんばんは。
    ブログいつも拝見しています。
    コメントは2回目ですが…
    財務諸表の見方なんか、メチャクチャ難しくて尻込みしちゃうんですが、jinさんの分析、わかりやすいしユーモアもあって面白いです☆
    一念発起して株を買った翌週の、まさかのEU離脱できっちり含み損をかかえて投資意欲を削がれていますが…
    これからも更新楽しみにしています。

    • ジン より:

      らいむさん
      こんばんわ。先日に引き続きコメントありがとうございます。
      含み損はでるもんですが、長い目で保有するのがいいと思います。私も3年前に100万円以上の含み損が出ている銘柄が
      ありましたが、持ち続けて含み益になったのもあります。
      財務諸表を読むのはおもしろいですね。確かに難しい部分もありますが、分かりやすく解説できればと思います。
      こちらこそ引き続きどうぞ宜しくお願いします。