夫婦共働き家庭「お金の管理」はどうすれば上手くいく?【家計ブロガー企画】

家計、共働き、お金

夫婦共働きの方は、お金の管理をどうされていますか。

それぞれが収入を得て、支出する機会が多いので、お金の管理ってすんごい難しいですよね。

それぞれが財布を持つ場合もあれば、財布を一本化にしている家庭もありますよね。我が家は、財布を一本化にしているんですが、一番の悩みはパートナーの無関心

『お金のことは任せる』というのはある意味うれしいことでもありますが、孤独でもあります。

あなたはどのようにお金の管理をしていますか。やっぱり、情報共有って家計でも大事ですよね。

ほかの家庭はどうやっているんだろう・・・と、思って「4人の家計簿比較で見えた!子育て30代のリアルなお金事情が明らかに!」でもお世話になった同じ30代の家計簿ブロガー ボバさんに話を持ち掛けたところ、心よく記事にしてくれるとお返事をもらえました。

以前、共通のテーマで書くという企画ができたらおもしろいねっ!という話があったので、ドキドキしながら相談したんですが、執筆いただけるのでとっても楽しみですね。

【アップされました!】

【コラボ企画】家計の貯蓄を加速させるには夫婦でお金の情報共有することが重要。我が家が行っている情報共有するための3つの方法は。

それでは、共働き家庭の我が家が実践している「お金の管理と情報共有」です。

スポンサーリンク

夫婦共働きのお金の管理

夫婦共働き家庭が周りに多いので、何気なくお金の管理について聞きだしたりしています。いろいろあって、これが意外におもしろいんです。

【夫婦共働きのお金の管理】

(1)夫婦別財布(費目ごとに分担)

(2)夫婦別財布(毎月一定額を家族口座に入れて、残りは自由)

(3)おこづかい制

大きくはこの3パターンに分かれましたね。

我が家は、結婚以来、この(3)おこづかい制を利用していますが、聞いていると多かったのが(2)夫婦別財布で毎月10万円なら10万円を家に入れて、あとは自由!という回答が多かったです。

こうした夫婦共働きのお金の管理は、お金を貯めていける方法であれば、お互いがストレスのないやり方が一番です。

お金は貯まっても、ストレスが溜まって、夫婦喧嘩・・・ってのは、お金で揉めているようなもんなので、決してしあわせとは言えませんしね。

夫婦の家計管理で大事なことは「共有」

相手任せ・・・というのは、任されたほうはちょっとしたストレスに感じるものです。

というのは、お金のことってお互いが使ったりしますので、夫婦で同じ方向を向っていないと結局はうまくお金も貯まらないということになるんですよね。

まずは、一番大事なことですが、『お互いの収入を把握』することです。私の周りでは、「相手の収入はどのくらいか知らない」という家計も多かったんです。

収入の多寡によって、支出割合を考えるべきなので、把握しておくってのは大事なんですよね。我が家は、もちろんフルオープンにしています。

どうやってお金の情報を共有すればいいの?

お金の共有って実は、すんごい面倒くさいです。相手が無関心であればなおさら。

いままで、我が家はマネーフォワードという家計アプリを利用していました。というか、いまも利用しています。これは、お互いが見えるようにしているんですが、

パートナーに聞いてみると、

「見てない」

という答えでした。理由は「(アプリを立ち上げるのが)面倒くさい」「どこ見ていいかわからない」というものでした。私だけが情報共有していたつもりだったんです。

そのあとは、dropboxにエクセルで作っている家計簿を入れていたんですが、これも「家計簿が複雑すぎて見る気にならない」という痛烈な意見をもらいましたので、共有の仕方に迷っていました。

紙で打ち出すのがベストですが、わざわざ出すのも面倒くさいのと過去にやっていたんですが、続かなかったんですよね。

家計簿をシンプルにして共有

クレジットカード、家族カード

最近、ブロ友であり、貯金率30%超の家計簿ブロガーボバさんが作られたエクセル家計簿を利用しています。

シンプルで見た目も分かりやすいので、これなら見てくれるのでは!と思い、若干カスタマイズをして、共有することにしました。実際、「見やすいし、分かりやすい!」というパートナーの声をいただけました。

方法は簡単。エクセルで作った家計簿を、当月分だけPDFデータにして、Googleドライブにアップします。Googleドライブだと共有で見ることができるんです。

家計管理

ここまでだと、以前と同じですが、月に1度夫婦のお金管理会議を3分持つようにしました。わずか、たとえ3分でも我が家のお金の流れはこうなっているよ!というのを知ってもらうんです。

今は便利ですね。タブレットを持っていれば、パソコンを立ち上げずに、パパッと見てもらうことができます。スマホでもいいんですけどね。たまたま、持っていたんで。

家計管理

ここで意見を出し合えたのがよかったんです。

家計簿 2016年10月

「インフルエンザを受けるから1万円くらいいるよ」

「子どもの靴が小さくなっているから、買わないと」

など、意見が出てそれを予算に計上。

お金の管理は夫(妻)がしているとしても、夫婦で推進していくという共有ができるわけです。今月は、レジャー費は3万円ね。どこに行こう?というように、具体的に話し合いができるのがいいですね。

聞いているほうも、自分で見に行かないと情報を知ることができないという状態から、マネー会議の場で収入や支出が把握できるというので、良さそうです。

お金の情報共有の目的

お金,家計,共有

ボバさんの記事もアップされましたら、このブログで紹介しますので、楽しみにしてくださいね。

【記事がアップされました!】

・予算は袋わけで管理

・2か月に1度、貯金額を公開

・高額出費は報告

これらを実践することで、毎年200万円の貯金を実現されています。

「夫婦が同じベクトルを向いていないと、健全な家計は生まれませんし、片方だけに負担が掛かってしまう不健康な家庭」というのが印象的な言葉ですね。

【コラボ企画】家計の貯蓄を加速させるには夫婦でお金の情報共有することが重要。我が家が行っている情報共有するための3つの方法は。

お金の情報共有をすることの目的は、「お金に関する価値観のすり合わせ」をすることでもあります。何に、どうお金を使っていくのか、それをしていくためにも、価値観がずれていてはどちらかがストレスに感じたりしてしまいます。

また、情報共有することで、「自分はお金のことは知らないから」「教えてもらっていない」などの気持ちを小さくすることもできますね。

収入や貯金がいくらあるかを把握しておくと、いざというときの目安がお互いに芽生えるものです。

知らないと考えることもできませんが、知っていると「意見を出せる」わけなんです。

お金の管理はいろいろと悩みどころですが、夫婦がいっしょに前を向いてお金を貯めて、楽しく使えるように、『お金の情報を共有する』ことが大事ですね。

もっといい方法があるよ!ウチはこんな方法でうまくいっているよ!って方は、ぜひおしえてくださーい。

以上、共働き夫婦のお金の情報共有でした。

ではでは。

我が家も封筒管理で家計を運営しています。

➡ 子育て30代でもお金を増やしていくちょっとしたコツ。生活費は封筒で管理。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク