貧乏なお金の使い方を止めれば、もっとお金は貯まるんだろうができていない現状。

お金の使い方

お金の使い方次第で、一生って左右されると思うんですよね。

自分のお金の使い方を振り返ってみて、今現在も含めて、こんなお金の使い方をしていると貧乏なお金の使い方だなって思うときがあります。

この記事では、貧乏な人のお金の使い方についてではありません。実際、貧乏って定義がよくわからないですし、貧乏人について何か書こうというわけでもありません。あらかじめ、その点は誤解なきよう、ご理解いただければと思います。

貧乏なお金の使い方。それは、要は無駄遣い、衝動買い、無意味な買い物・・・・そんなところです。そんなお金の使い方をしていれば、貯まるお金も貯まらない。

スポンサーリンク

貧乏なお金の使い方

「2点買えばさらに10%割引!」

「あと30分だけ、3点以上買えば30%割引!」

私たちは、割引に弱いですよね。

あっ!10%割引だから今買っておかないと!!そんな感じの発言がパートナーから出ることもあります。私の場合は、ほしいものは1点なのに、余分にモノを買って割引10%になると・・・数百円得して(10%割引)、数千円損している(買わないで済む2点目)というのを頭に思っちゃうので、こうした割引セールにはあんまり反応しません。

ドライですか?

我が家の貧乏なお金の使い方

お金の使い方

我が家がやっている貧乏なお金の使い方があります。これ、直すともっと加速度的に貯金も貯まるんだろうけど、なかなか治りません。

2つあります。

1つは、外食代。

共働きをしているので、どうしても疲れが溜まったり、時間がなかったりすると、外食に頼ることが多いです。平日は、基本的にお昼はお弁当、晩御飯は自炊なのですが、その反動で「土日くらいはゆっくりしたい」という感じで、外食になることもしばしば。

もうね、一週間オール自炊の家庭とか尊敬できます。結婚してから、一週間自炊ってのはほぼ記憶にありません。必ず、外食や惣菜に頼る日があります。

たまにはいいんでしょうけど、毎週毎週だと結構お金もかさむんですよね。心の平穏は保たれますが。

2つ目は、旅行の時のお金。

旅行など出かけると、「せっかく来たから買っておこう」的な感じの買い物。

一度、旅行の際に予算を設定して、それを達したから買い物しません!って言ったら、「せっかく旅行に来たのに楽しめない」とのクレームもあって、それもそうだなと思い、旅行の際には基本的に大ざっぱな予算しか決めていません。

結果、財布が緩くなるという現象に陥っています。旅行に限らず、帰省の時もそうですね。

こうした、非日常的なときのお金の使い方は、かなり貧乏なお金の使い方だなと感じます。

 価格だけで買い物をしない

最初のセールの話に共通するんですが、「価格だけ」を見て買い物をすることで、安物買いの銭失いになった経験も数知れず。

マイナビニュースの記事にも同じように思う人がたくさんいました。

・「安いからという理由で質のよくないものを買ってしまうことがあるため」(33歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「欲しいものがあるけどどれを買ったらよいかよくわからないため、一番安いものを買って様子見するつもりが安物買いの銭失いとなってしまう」(31歳男性/教育/IT関連技術職)
・「収入が少ないので価格で商品を選択してしまい結果的に損をする」(42歳男性/専門店/販売・サービス関連)

価格だけを見て、安いから買う。ユニクロに行ったときにそんな買い物をしてしまうときが、今でもあります。

「500円か、安いね」的に。

こうした価格だけで判断する買い物を減らせば、お金はもっと貯まるんだと思う。

お金の使い方に満足を加える

せっかく自分で稼いだお金だからこそ、使ったときの満足感ってほしくないですか。

最近、特にそう思うんですよね。

私はパンが好きなので、パン屋さん巡りをすることもあるんですが、スーパーやコンビニで食パンを買うことはありません。ほとんど値段は変わらなくても、パン屋さんのほうが圧倒的においしいからです。

時間がないとき以外は、コンビニで買い物をすることもあんまりないんです。商品もスーパーに比べて値段が高いのもありますが、店員の接客態度ですね。せっかく買ったのに、「ありがとうございます」も言えない店員にあたることもあるし、買い物したこと自体を後悔することもあります。

唯一ローソンの店員は、どこの店舗に言っても接客態度がいいので、コンビニを利用するならローソンに行きます。dカードを使えば、ポイントと割引で5%お得ですしね。

参考  あえて100円、200円高い物を買う。年を取るとともに変わるお金の使い方。

お金持ちは質素である

日経ヴェリタスという専門誌に、億万長者の特集がありました。

高い年収というよりも、支出を抑えることは基本というような印象を受けました。つまり、お金の使い方を考えるということだと思うんです。

浪費をしないこと。

自分たちのお金をどうどこに振り分けるのか、彼らは分かっているんですね。まさに、この点は見習いたいことです。

収入の範囲内で生活をする。

この超大原則を守り、お金の満足感を得ることが豊かな人生を送ることになれるんでしょうね。

我が家は、我が家の貧乏なお金の使い方を減らすことが、まず第一歩です。

あなたの失敗したお金の使い方はありますか。

ではでは。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク
スポンサーリンク