保険を見直そ。「安心料」というお金を払っているといつまでも不安は消えない。

By: anton petukhov

普段、日経新聞を読んでいます。朝かもしくは昼休みには電子版もチェックするのですが、昨日、こんな記事がありました。

参考医療保険は安心料? 消費者が惑う「不幸の物語」

お金に対する不安というのは、大なり小なり持っているもので、「私は不安ないよ!」って方はなかなかお目にかかれません。

不安、それに対するお金を支払うと更に不安は増幅するんじゃね?って最近、思い始めています。

お金に対する不安を解消するためにやれることとは?一緒に実行しましょう!

By: anton petukhov

スポンサーリンク

お金の不安はどこから来るの?

金融商品は、基本的に不安な気持ちをついた商品が多いと思います。その代表例が保険。日経電子版にもありましたが、医療保険はその最たるもの。60歳からでも入れます的なCMはガンガン流れていますよね。

CM代を支払っても、それ以上のリターンがあるからです。

医療保険を考えてみよう

ここで質問です。

  • もしものために、医療保険の検討は加入を考えられてはどうですか。月々たったの2,000円で加入できる医療保険です。
  • もし、万が一、あなたが病気になったとき、貯金を取り崩すことになったら不安ではありませんか?医療保険に加入していると、1日あたり1万円の入院給付金、手術の際には20万円が支給されます。一度、検討してみてはどうですか?

このへたくそなセールストークでも、あれこれ統計資料も出されると結構グラッと来るのではないかな、って思います。

一方、これはどうですか。

  • 出るか分からない医療保険の手数料として、月々2,000円です。年間48,000円。10年間で48万円の手数料を安心料としてお支払ください。
  • その代わり、入院すれば入院給付金をお受け取れます。1日1万円、10日で10万円です。入院手術給付金で20万円もお支払します。

これだと、誰も入らないですよね。”現実”の数字を見ると、支払う気なんてでてきません。不安なときだからこそ、保険料を支払う人が多いのだと思います。

日経電子版の記事では、こんなことが書かれています。

病気やケガで入院するとお金がかかる→貯金で対応できるとしても、貯金を取り崩す不安は拭い難い→何とか救われたい→保険に入っておこう――という流れ

妙に納得。これがすべて。

医療保険=悪いわけではないけど、私は基本的に医療保険は不要派。医療保険の保険料を貯めていれば、なんにでもなる万能貯金ができます。

医療保険を入る前に考えて!加入する前に知っておきたい3つのこと
photo credit: 401(K) 2013 via photopin cc 医療保険に加入していますか? 新聞の広告欄やCMにもよく報道されていますね。「1日5000円...

逆質問が効果的

私も保険のセールスがひどかったころが10年ほど前にありました。昼休みになるたびに営業をしてくるセールス。もうノルマがあるのだから、仕方ありません。

あまりにも熱心に営業をしてくれるものだから、こう聞きました。

「あなただったら、この保険は入りますか?」

顔見た瞬間に分かりますよね。そこには「入るわけねーじゃん」って顔に書かれていました(笑)。

お金との付き合い方を考える

医療保険を例に出しましたが、お金に対する不安を感じている時に、それを解消する商品が目の前に現れたら?

手を出してしまう可能性はグッと高くなると思います。

私もお金に対する不安は解消されたことがありません。

でも、不安という気持ちを解消するためのお金は支払わないことにしています。その気持ちってなくならないから。

具体的に考える

抽象的な言葉を聞くと、不安な気持ちって大きくなるのですが、そこで具体的に置き換えるって作業はすごく必要なんだと思います。

例えば、先ほどの医療保険の例で言うと月々2,000円の医療保険という手数料を支払うか、貯金するか、どっちを取ります?ってことです。

安心だから、便利だからってのについついお金を支払ってしまいますし、わたしも支払ったことはありますが、それって支払ったときだけの満足で終わることって多いなって思いました。

ホントに大事なのは、必要な時にその不安解消に対して効力が発生するか?

ってことなんだと思います。

医療保険は私も悩みました

私も医療保険に対しては考えました。悩みました。ホントはいるんじゃないか?って。

でも、入院=保険金が出る、ってわけではないんですよね。保険会社の査定が入るわけで。私は、入院という不安な状況で、出るかどうかも分からない保険を待つ不安を持つほうが嫌だなって思いました。

公的保険は充実していますし、高額医療費制度や、会社の福利厚生もあるので、うーーん、じゃあ、医療保険いらないんじゃない?って結論に至りました。

不安に打ち勝つ行動

繰り返しになりますが、お金に対する不安はなくなりません。

介護のことや、もし自分が働けなくなったら?など、例を挙げるとキリがありません。

単純なことを考えました!

怒らないでくださいね。

お金が入る仕組みづくりをする。

私が出した結論はこれです。

どういう仕組み作りにするかは、これからやりながら修正しながら考えます!

不安になったら、まず、

  • 具体的に不安な点は何か書き出す

そして、

  • インカムの流れを作る

を実践していきたいと思います。

お金の不安は消えませんが、一緒にがんばりましょう!

不安がある場合は、一度保険ショップで相談してみるといいかもしれません。相談無料ですしね。

⇒ 保険のビュッフェで相談してみる