こっそり教えます!我が家が5年間給料手取りの30%を貯金し続けた特別ルールのこと

photo credit: topher76 via photopin cc

ジンです。 家計簿をつけていくにあたって独自ルールはありますか?

我が家はこんなルールがあるよ!いやいや、我が家だってオリジナルなんだから!ってのが聞こえてくるとジンはなぜかうれしくなります。

趣味・お金のことをさり気に聞くこと(←きもい)。忘年会シーズンなのでどんなおもしろ家計ルールが聞こえてくるか楽しみです。

さて、我が家は5年間手取り30%を貯金し続けてきました。

photo credit: topher76 via photopin cc

スポンサーリンク

手取り30%を貯め続ける

141205 家計ルール

上記が我が家の手取りに対する貯金比率です。今年は赤ちゃんが生まれた(今は片働き)ので急降下していますが。

我が家は共働きのため、貯金しやすい体質ではあると思いますが、それでもバリバリ2馬力よりはちょっぴりというか結構低め。

共働きでは下の部類かと思います。

実は最初からこんな貯金体質ができたわけではありません。 最初からうまくいく人なんていません。失敗があるからこそ新しい発見があって成功への道が生まれるんです。

我が家が成功しているって言いたいわけではなくて、また成功しているとも思っていないので誤解なく。

夫婦喧嘩が流れを変えた

お金に関しては結婚当初・・・

かなり揉めました!

今思うとちょっと引くくらい。まだまだ今よりは若かりし頃。家計管理に目覚めつつあったジンとお金に関心のない相方。 認識が違うことを埋めるのは並大抵ではありません。

だから喧嘩もよくしました。思うように貯金できないわたしはイライラもつもり・・・。

でもある時気づきました!

貯金貯金貯金貯金・・・・・・・・・・・・・・・・・これはうるさいわ。

そうです。

家族がしあわせになることができない家計管理なんてクソの意味も持ちません!!

そう!

家計管理は家族のしあわせを作るための土台、基礎、縁の下の力持ち!家族という家を建てるために必要なものですが、その家をボロボロにしてしまうのであればないほうがマシです。

あえて貯金比率を下げる

そこで我が家がやったことはたったひとつ。

貯金やーめた!

です。厳密にやめたわけではないですが、一部の貯金をやめたのです。

例えば、今月は手取り40%貯金できそうだなーって時は、あえて35%くらいに持っていく。 じゃあ、その5%はどこにいくのか?

消費に使うわけですよ。

誰だってお金を使うことは好きです。貯めるのは苦手でも好きです。

メリハリある消費を持つことは大事だと思う。 貯金することは大事なことだけど、 貯金のし過ぎで家族がギスギスしちゃったら意味ないでしょ?

手取りの10%は使途不明金OK

それから我が家は特別ルールが拡大しまして、 今では使途不明金手取りの10%ルールを採用しています。一応何に使っているかは把握はしていますが、ゆるーい把握。

ドンと使えよ!ってお金です。

いわゆる家計の緩衝材的な存在。家計の緩衝材は家族のギスギスも生みません。ギスギス家計はホントによくないです。節約節約・・・・節約疲れの反動消費。そうならないためにも、消費のためのお金を最初から設けておくんです。

これで我が家は貯金や節約しなきゃーーー!って恐怖観念から解放されました。

ギスギスしないことが一番だ!

photo credit: liliferret via photopin cc

photo credit: liliferret via photopin cc

家計管理をする理由はなんでしょう。

それは家族の幸せを作るためだと思う。

それは絶対に忘れてはいけない。あの喧嘩を繰り返してはならない。仲良くやるからお金も貯めやすい。 ストレスを貯め続ける貯金なんてこりごりだ。

貯金も家族との会話も楽しいものにしよう!そう思えたから我が家は、あえて何に使っているかわからんけどまぁいいか!という費目を設定しています。

今年に入ってからは、マネーフォワードのおかげで家計管理に対する時間が節約できて、把握もしやすくなっています。 それでも、設けているんですよ。費目設定で。

使途不明金」 もうちょっといいネーミングはないかな。

今月末には、来年の家計予算を組まれると思いますが我が家のようにあえて「使途不明金」を設けることで、もしかしたら貯金が増えるかもよ!?

また、支出管理ではクレジットカードの使い方次第で家計防衛になります。

セブンユーザーには最適のクレジットカードです。ポイントを有効に使えば、年数万円近くは節約できますよ。

では。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク