絶対やるべき!住宅ローンは複数の銀行で申込しても大丈夫なの?

t0nia-b / Pixabay

住宅ローンを複数申込をして審査を受けてもいいものなの?

住宅ローンを借りるときは初めての場合が多いので、いろんな不安が頭によぎります。私も住宅ローンを借りるときにはどうしたらいいのか?不安がありました。いや、不安ばかりでした。

そこで、色々と調べて勉強をしました。色んな銀行にも足を運びました。そこで見つけたんです。

住宅ローンを複数受けることができるサービスを。

我が家はそのサービスである住宅ローン一括審査申込というサイトを利用して複数の銀行から審査を受けることにしました。実際に受けてみて感じたことは、

複数の銀行から住宅ローンの仮審査を受けることはメリットが大きいということです。

スポンサーリンク

 複数審査を受けることはできるのか?

ijmaki / Pixabay

結論から言うと、これは個人の自由ですので、複数の銀行から事前審査を受けることができます。

住宅ローンは、事前審査(仮審査)⇒本審査と2段階の審査を受けて、初めて融資実行(住宅ローンを借りる)となります。

本審査をパスすれば、晴れて住宅ローンを借りることができるわけですが、審査に通らないと借りることはできません。

この審査には時間がかかります。

私の経験で言えば、

  • 事前審査に1週間
  • 本審査に1週間
  • あわせて2週間

これよりも短い場合も経験していますが、2週間くらいは見ておく必要があるでしょう。

フラット35の複数申込はできるの?

ちょっと気になるのが、フラット35ですね。フラット35は住宅金融支援機構が貸してくれるので、貸主は1つ。でも、いろんな銀行が販売しています。

これは、単にフラット35という商品の窓口販売しているだけなんです。

なので、複数申込することはできることになります。

公式サイトの案内も次のように書かれています。

差し支えありません。ただし、それぞれの申込みに応じて、申込書・収入証明書等の書類をご提出いただくことになります。
(書類を重複してご利用いただくことはできません。)
また、ご利用されない お申込みについては、金銭消費貸借契約前に辞退手続きをしてください。

フラット35の販売機関によって、金利や手数料が違うのでより有利なところで借りるのがいいですね。

フラット35で借りるのであれば、

(資料請求・事前審査をしておきましょう)

参考  8疾病保障を付けられるフラット35(住信SBIネット銀行)

複数申込をするメリット

A銀行で審査を申し込んで「審査が通らなかった・・・」となって、B銀行で改めて審査を受ける・・・と、なれば当然ながら時間がかかってしまいます。

しかし、複数同時に受けることでその手間と時間を省くことができるのは大きなメリットです。特に、中古物件の場合は、住宅ローンの事前審査にあらかじめパスしておくほうが、交渉上も有利ですし、売主・買主ともに判断を早くできるメリットがあります。

中古物件を見て回っていたときに、「住民ローンの事前審査にパスしている」と言ったほうが好印象でした。話がまとまりかけても、自分がいいと思った物件でも、最後に「住宅ローンの審査に通らない」となってしまっては元も子もありませんからね。

もちろん、複数受ければどこか1つは審査に通るというわけではありませんが。

web審査は20分はかかる

販売会社が提携している住宅ローンを利用する場合を除いて、最近はWEBから事前審査の申し込みをすることができます。

私も複数申込をしたんですが、20分~30分くらい申し込みをするのに時間がかかります。これは仕方のないことではありますが、2銀行、3銀行と受けるとなるとかなりの負担ですね。

その負担が1度で済むというのも大きなメリットです。

自分で選ぶ選択肢が増える

ここでしか借りない!って方を除いては、複数の銀行から審査を受けてパスすれば、「自分たちで選ぶ」という選択肢を持てます。

借換えの場合は、交渉材料にもなりますね。

私が複数の銀行から住宅ローンの審査を受けたかった一番の理由は、「自分で選びたい」というのが大きな要因です。

住宅ローンを借りるときには、販売会社が提携している住宅ローンでも事前審査を受けました。提携ローンのメリットもあるわけですが、「手数料がかかる」「提携先の住宅ローンの選択に限られる」というデメリットを感じていました。

あわせて読んでみる   ➡ 知らなきゃ損!提携住宅ローンってどんなメリット・デメリットがあるの?

イオン銀行などイオンユーザーには、メリットだらけの住宅ローンもありますが、こうした住宅ローンは提携住宅ローンでは紹介されませんからね。

あわせて読んでみる  ➡ イオン銀行の住宅ローンのメリットとは?イオンで日常の買い物する人はお得!

事前審査を受けてみる ➡ 公式イオン銀行

本審査も複数受けてもいいの?

事前審査を複数受けてもいいけど、本審査はどうなの?

これも本審査を受けなければ、貸してもらえるかわからないわけですから、保険の意味でも受けておきたいですよね。結論は、複数本審査を受けても問題はありません。

私も、事前審査を複数受けて審査に通過し、本審査も複数受けました。優柔不断だったので、最後の最後まで選択肢を持ち続けたかったのです。

住宅ローンは、人生の資金計画でもっとも大事なものです。悩んで当たり前。だからこそ、いろいろ比較をして選びたいですよね。

住宅ローン一括審査申込で申し込むと、一度に複数の銀行を受けることができます。

どんな銀行を複数受けることができるかは、「住宅ローン一括審査申込」で確認してみてください。私が受けたときよりも銀行数が増えているので、サービスも拡充されています。

一度で申請すると、銀行間の比較もできて住宅ローンの選択肢が増えます。審査にパスすれば、どこを選ぶかはあなたの判断でできるんです。これが大事。

自分で選んだ住宅ローンだからこそ、あとでの後悔がなくなるんですよね。そのためには、比較して選ぶ、ってことが大事なんだと思います。

私たちは忙しい。その貴重な時間を節約し、後での公開をできるだけ小さくする住宅ローンを選ぶためには、複数の銀行から審査を受けておくべきです。

1つしか受けない場合だと、審査に落ちた場合にまた最初から探さないといけません。複数受けておくとそうしたリスクも軽減できますね。

まずは、あなたも今すぐこの機会に事前審査をうけておきましょう。

▼住宅ローン一括申込の詳細はこちら▼

では。

あわせて読んでみる ➡ 住宅ローン仮審査は何を見ているの?一括審査で複数受けると手間が省けます。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク