貧乏への道。お金を使うことに慣れ過ぎてはいけない。

お金

お金を使い過ぎた~って経験はありませんか。

収入があるとお金を使ってしまう。

ストレスが溜まるとお金を使ってしまう。

必要がないのに「これ、買っとく?」って買ってしまう。

とにかく、世の中にはお金を使わせる仕組みがすんごいです。子どもを持ってから、百貨店やショッピングモールに行くと、「子どもを立ち止まる」仕組みがすごいですよね。

もう、毎回、どこ歩いたらいいんだよ・・・って思うくらいです。子どもの目に入ると、「これ買ってー!」となりますからね。ただ、視界に入らないようにするのは、ほぼ不可能なくらい、巧妙にできています。

お金の使い方で人生は変わる。お金の使い方は癖になる。

スポンサーリンク

お金を使うのは癖になる

お金

お金の使い方を学ぶ機会って、多分ないですよね。授業で受けた記憶・・・ありません。でも、学生でアルバイトをし、自分で稼ぐことを知ってからは、毎日がお金の使い方の勉強です。

でも、ただただ入ってきた収入をそのまま流すように使っていては、何の学びもありませんよね。

私もお金の使い方は、失敗ばかりしてきました。結婚するまでは、消費と自己投資以外には使ってこなかったように記憶しています。

お金の使い方ってホント癖になります。

その癖って意識しないと、まず直りませんよね。いい癖だったらいいんですが、お金が貯まらない悪い癖は直すべきです。

外食費は家計の悪魔

そんな我が家も、悪い癖はあります。

それは、外食費。

夫婦共働きだと、週末はどうしても家事をしたくない気持ちが勝ってしまい、外食に頼ることもしばしば。これをなくすだけで、家計も豊かになれそうですが、外出するとどうしても「今日はお惣菜にしてしまおうか」「食べて帰ろうか」など、誘惑の意見をどちらかが発しては、実行してしまいます。

外食だと一回の食費に2,000円以上は使うので、結構な出費ですね。

こうした癖を自制していくにも、家計簿の存在って大事です。我が家はネット家計簿で、その場で付けるようにしていますが。

たまにはいいけど、常態化するのはよくない。まさに、お金を使うことに慣れ過ぎてしまう状態。貧乏への道になってしまう。

使い方を知ること

あなたのお金の使い方に癖はありませんか。

癖を直して行くには、

今月、使い過ぎたな(Do)➡飲みに行くのが多かったのか(Check)➡来月は、飲みに行くのを減らそう(Action)➡来月の予算はこれで回そう(Plan)という感じで、PDCAを回すのが必要です。難しく考える必要はないんですが、家計簿を見て反省するって大事です。

参考  貧乏なお金の使い方を止めれば、もっとお金は貯まるんだろうができていない現状。

使えるお金を少なくする

よく言われるのは、使えるお金を少なくしてしまおうという取り組み。いわゆる先取り貯金ってやつですね。

やっていますか?

先取り貯金をしていれば、使えるお金が少なくなるので、半ば強制的にお金を使わずに済みます。と言っても、クレジットカードや貯金取り崩しなどの裏技があるので、それらの対策も必要ですが。

先取り貯金で、一番、最強は給与天引きです。わが社にはこの制度がないので、この最強の貯金術を利用できません。

なので、住信SBIネット銀行じぶん銀行で利用できる無料で資金移動できる制度を利用しています。

住信SBIネット銀行 定額サービス

今のところ、特にじぶん銀行は貯金専用なので、ただただお金が貯まるだけの銀行になっています。繰上返済資金は、順調に貯まっていますね。住宅ローンを借りてから使い始めましたが、借入1年半ほどで150万円くらい貯まっています。

手間暇かけずに貯める

手間暇かけずに自動で貯める、そして、手を付けないってのは王道ですね。

ちなみに、私が使っている理由は、住信SBIネット銀行じぶん銀行も、セキュリティ対策のため、自分のスマホでわざわざ操作しないとATMとか使えないんですよ。

それ、するの面倒くさいので入金専用の銀行が出来上がっております。不便に感じるからこそ、引き出したりしないですね。

公式 じぶん銀行

言い訳を作らない

今月は足りないから、クレジットカードで買ってしまおうなど収入以上の消費をするのに、心の中で言い訳しまくります。

かつて、いや、今もたまに言い訳する自分がいます。

そんなときに、

「なんでそれが欲しいの?」自分にも、パートナーにも声をかけます。「これ、いると思う?」などなど、自分で決め過ぎに話をする。

ま、たいていの場合は、「いや、いらんやろ」ってなりますね(笑)

言い訳は根絶したいんですが、根絶までには至っておりません。

お金が増えるものに投資する

お金

最後に。

入ってくるお金を、消費をする、お金を使う、これだけでは単に貧乏な道を歩いているだけだと思うんですよね(自分への戒めの言葉として使っています)。

使ったお金が何を生むか。何を残すか。

こういうものには、どんどんお金は使うべきだと思う。消費が悪いわけではないけど、それだけでは・・・って感じです。

2つ。意識したいお金の使い方

それは、自己投資と資産運用。

仕事のスキルを上げる。(仕事に関連した)資格を取る。社内外のネットワークを作る、などなど自己投資をすれば、自分の年収が上がる要因にもなりますよね。

また、資産運用もしておきたいですね。

先日、日経新聞でセゾン投信ひふみ投信などで積立投資をしている人が多いことを知りました。こうした資産運用にお金をかけている人は多くなっています。

預貯金ではお金は増えません。リスク(値動き)もありますが、コツコツ積み立てて投資をしていくことも必要ですね。

参考  セゾン投信、ひふみ投信など直販投信に資金流入。投信積立はここがいい!

※投資は自己責任でお願いします

お金の使い過ぎないように、メリハリのある使い方、使い先を考えて投資(消費)する。

そうした積み重ねが、お金の満足感を得ることができますね。もっともっとお金の満足感が得られるよう、これからも、お金と真摯に向き合っていきたい。

ではでは。

貧乏なお金の使い方を止めれば、もっとお金は貯まるんだろうができていない現状。

将来の不安はあるけど「いまを生きるため」に「お金を使うべき」だと思うこと

この本は、人生本、思想本なのですが、お金のことも結構書かれていて勉強になりました。そこから、「お金を使うことに慣れ過ぎてはいけない」という文章を読んで、「はっ!」と気づかされました。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク