日経平均振り返り!今週は7年ぶりの高値更新!(2014年11月10日~11月14日

photo credit: LendingMemo via photopin cc

今週の日経平均株価は7年4ヶ月ぶりの高値となりましたね。今週も振り返りましょう。はやこの振り返りも5回目です。今週は消費税増税の延期など政治ニュースが目につきましたね。

NISAの非課税枠の期限も近づいてきましたが、最後にNISAの注意点をまとめました。

photo credit: LendingMemo via photopin cc

スポンサーリンク

11月10日(月)99円安の16,780円。利益確定売り続く。

売買代金は2兆円ちょい。円はドルに対して114円台でしたね。米の雇用統計の結果を受けて円高に触れたことや、利益確定売りが続いた様子。特に気になるニュースはなかったなぁ。

11月11日(火)343円高の17,124円。どんと上がった要因は?

売買代金は2.5兆円ほど。円はドルに対して115円半ば。GRIPの株式比率の引き上げや衆院解散の思惑が第二弾アベノミクスの期待から上がった様子。アベノミクスはもう伸び切ってるようなきがするけど。

11月12日(水)消費税増税延期なんてありえない!

72円高の17,197円で取引を終えました。売買代金は3.2兆円。円はドルに対して115.4円くらい。

消費税増税延期なんてありえない!って政府要人から発言があって続伸しましたね。

11月13日(木)7年ぶりの高値更新!

日経株価は3日続伸して、195円高の17,392円で取引を終えました。売買代金は2.5兆円ほど。円はドルに対して115円後半。騰落レシオは、98.49%でした。

消費税増税の延期や衆院解散の報道もあって午後から続伸しましたね。翌朝の新聞では、消費税増税が決まったような報道が出ていました。個人的には嬉しいですけどね、消費税増税延期。賃金が上がらない中で消費税増税は感じる以上に負担感を感じています。

黒田バズーカ第二弾から、日経平均株価は1,700円以上も上げてるんですね。たったの2週間ですよ?追加緩和ってすごいけど、その分いつか来る副作用も凄そうです。

この日の日経新聞でフラット35Sの金利優遇が0.3%から0.6%に拡大するのがほぼ既定路線の書き方でした。このとおりだとフラット35Sにするのはほぼ決まりかなぁ~。でもいつから?

11月14日(金)98円高の17,490円。7年4ヶ月高値!

大引けにかけてぐんと上がって17,490円の終値。7年4ヶ月ぶりの高値だそうです。売買代金は3.3兆円。騰落レシオは106.46%ともう買いたくない水準になってきました。円安が進みドルに対して116円を突破!そろそろ換金しようかな。

セブン-イレブンが国内2万店舗になるようです。生活インフラとしての機能を果たすコンビニは、セブン-イレブン一人勝ち?

消費税増税はほぼ決定のようですね。8%って計算は面倒くさいけど、上がるよりはマシだわ。

 NISAで買われた商品は?

日経新聞の報道によると、NISAの66.5%が投信、31.7%が株式、ETFはたったの0.9%らしいです(日本経済新聞2014年11月15日(土)朝刊)。

投信は毎月分配型投資信託のダイワ米国リートファンド。毎月分配型投資信託はタコ足配当の可能性や、分配金を受け取るごとに課税され複利効果が落ちるので、オススメではないですか、売りやすいのかなぁ。

株式は「みずほFG」「イオン」「住友商事」「武田薬品」「三井物産」が人気のようですね。

NISAの非課税メリットを受けることができるのは、利益を出した時だけ、ということもくれぐれも忘れてはいけませんね。損益通算もできませんから。

NISAのいいところと注意点

個別株の場合

・良い点 : 値上がり益と配当に対して非課税

・良い点 : 証券会社によって売買手数料が無料

・悪い点 : 課税口座と損益通算できない

投信の場合

・良い点 : 値上がり益と普通分配に対して非課税

・悪い点 : 特別分配金はNISA関係ない(そもそも非課税。と言うかそもそも特別分配金出す投信はダメです。関連記事「投信の分配金に警報!ホントは分配金ゼロのセゾン投信がいいわけ」)

・悪い点 : 非課税枠消化のための投資

最後はNISA関係ないやんけーって思われますが、証券会社からガンガン来る勧誘には乗らないでってことです。

このままNISA活用せずに一年を過ごしそうです。