NISAで100万円投資した年。なぜNISAを使い始めたのかまとめてみる。

NISA 株式投資

毎年、NISAの枠を余らせてはこの時期になってしまっています。

今年は優秀なほうで100万円ほどNISAを使って投資をしました。上限が120万円なので、もう少し使えそうですね。

NISA

税制改正で積立NISAも始まるようですが、ちょっと魅力が薄いような感じはします。20年間できるというのはいいんですが、現行のNISAと併用できないというのがデメリット

投資は長期投資をすべきとは思いますが、必ずしも長期がいいわけではないんです。お金を縛られるリスクもありますからね。

NISAで駆け込み需要が活発のようですが、年末だから投資するという考えはやっぱりしません。

スポンサーリンク

 NISAでの投資を積極化した理由

まずは、NISAとは?簡単に

NISAは、少額投資非課税制度。長い名称ですね。株式を売却して利益がでると譲渡所得税20%(復興所得税除く)がかかっちゃうんです。

少し前までは10%だったんですが、今は20%になっていますね。

100万円の利益が出たとしても、手取りは80万円。つまり、20万円は税金で持って行かれてしまうんです(復興所得税を除く)。

参考  株式を譲渡したときの税金(国税庁)

その譲渡所得税をタダにしてあげましょう!というのが、NISAです。

このNISAは年間の投資上限額が決められていて、現在は年間120万円までの投資が非課税の対象です。

制度開始から3年目になりましたが、年末には毎年のようにNISAの非課税枠を使い切ろうと、駆け込み投資が増えるようです。

NISA 株式投資

出典 日本証券業協会

NISAのデメリット

このNISAにも弱点があります。その1つが気になっていました。

損益通算ができないのです。

損益通算というのは、ざっくりいうと、利益と損失を一緒にして税金を減らすことができますよって制度です。

例えば、100万円の利益が出ていても、一方で100万の損失を出していれば、課税所得はゼロ円になるんです。

含み損の株は売却すべき?NISAではできない!損益通算を使えば節税につながる
この時期になるとぼちぼち考えますね。含み損を出している株の処分。日本の株式もまた下がる傾向な感じですが、私の保有銘柄はその流れを先取りして下がっております(オイオイ)。含み損はあま...

NISAは、利益が出た場合に税金がかからないというメリットがあるため、この損益通算制度が使えません。いいとこどりができないわけですね。

今まではこのデメリットを重視しすぎて、気になり過ぎて、NISAでの投資を積極的にはしてきませんでした。

≫≫ NISA(ニーサ)のデメリットが気になって、イマイチ活用できていない。デメリットちゃんと知っていますか?

NISAでの投資をしようと決意

しかし、今年は考えを改めました。

損益通算ができない・・・・損をすること前提での投資はやめよう。

単純ですが、これなんです。

損益通算ができるメリットはあるんですが、それは損失を出すこと前提です。それよりも、非課税メリットを活かした方が大きくなる。

投資に勝たないといけないわけですが、必ず勝てる投資はありません。

でも、自分のマインドから変えてみようと思ったんです。NISAの期限は5年間であるため、5年の間で勝てる投資をする。

100万円の投資でも、150万円になればNISAであれば手取りは50万円増えています。しかし、NISAを使わなければ、40万円です。

10万円も手取りが違うんですね(復興所得税を除いています)。

今年いくつか投資した企業のなかには、5割以上値上がりしている企業もあります。一方、10%ほど値下がりしているものもあります。

ただ、5年間で勝てればいいという気持ちでの投資。

NISAのメリットを最大限活かしていこうと思います。

NISA口座を持っている人の注意

2016年からマイナンバー制度が始まりました。

2017年の確定申告からマイナンバーの義務付けも始まります。

NISAは口座開設可能期間というのが決められていて、第一期間は2017年まで。

2018年に再度開設の手続きが必要となってきます(面倒くさい・・・)。

2017年9月末までにマイナンバーを提出することで、再度、NISAの口座開設手続きが不要になるんです。

ということで、2018年以降もNISAを利用する場合は、2017年9月末までにNISA口座を開設している証券会社にマイナンバーを提出しておくといいですね。

ちなみに、NISA口座の開設に関係なく、証券会社には2018年12月末までにマイナンバーの提出が義務付けられていますので、提出しないと。

おすすめ証券会社

投資をしている人は、もっと早くしておけばよかったと思う人は多いんですね。投資は自己責任ですが、投資から得られるものは多いです。

銀行口座と同じで、証券会社は複数口座を開設してもオッケーです。ただ、NISA口座はひとつだけです。

代表的な証券会社であれば、やはりSBI証券が使いやすくて一番です。どの証券会社を選べばいいか分からないという場合は、SBI証券の口座を持っておくといいでしょう。

また、新規公開株(IPO)といって利益の出やすい投資方法にも挑戦する場合は、岡三オンライン証券もおすすめ。

セゾン投信が楽天証券と組んで個人型DCに参入!選択肢が増えて嬉しい」にも書いたんですが、個人型DCを利用する場合は、楽天証券が良さそうです。

公式  楽天証券で口座を開設してみる

また、アメリカ株にも投資してみたい!という方には、マネックス証券がおすすめです。手数料が安いんですよね。私もアメリカ株投資デビューをしたんですが、色々と調べてどの証券会社がいいのか比較したときに、マネックス証券を利用することにしました。

投資のコストも敏感になってきますので、手数料が安いのは魅力的です。

NISAを今後も使っていく

来年もNISAを使って、積極的に投資をしていきたいと思っています。

松井証券のNISA口座で買い付け金額が多い銘柄が日経ヴェリタスに掲載されていました。

みずほFG、シャープ、キヤノン、三菱UFJFG、武田薬品工業、日本たばこ産業、小野薬品工業、日産自動車、セブン銀行、MonotaROが上位10位までの銘柄です。

私は、MonotaRO(モノタロウ)に注目していてここのところ、毎日のように指値を入れていますが、ささってくれません・・・(苦)。

投資のチャンスは、突然来るもの。その時をじっと待つ忍耐を持ちながら、のんびりチャンスをうかがいたいと思います。

ではでは。