NISA(ニーサ)のデメリットが気になって、イマイチ活用できていない。デメリットちゃんと知っていますか?

NISA 株式投資

株式や投資信託を買って、売却した際に利益があると、その利益に対して譲渡所得税20%+復興所得税が課税されます。

100万円の利益が出たとしても、手元に入るのは80万円ほど。20万円以上の税金を支払う必要があります。

少額非課税制度(いわゆるNISA(ニーサ))を利用すれば、年間120万円までの投資に対しては、譲渡所得税が非課税になります。このNISAのスタートと同時にNISA用の口座を開設したのですが、全然利用できていません。

NISAには、譲渡所得税が非課税になるというメリットもあるのですが、メリットばかりではなくデメリットもあるんですよね。そのデメリットを考えた場合に、なかなかNISAを使えていないというのが現状です。

スポンサーリンク

NISAのメリット

繰り返しになりますが、NISAのメリットは、何といっても株の売却益は配当に対してかかってくる税金が非課税になることです。ちょっと図解にしてみます。

譲渡所得税

20.315%の税金がかかりますので、大きいんですよね。税金。それが0円で済むので、良い制度ができたなぁと思います。

譲渡所得税NISA

2014年から2023年までの10年間、新規に購入した投資信託や株式について、毎年120万円を上限に、その配当や譲渡益に対して、最長5年間非課税にする制度です。

政府広報オンラインに分かりやすい図がありました。

NISA

最大で120万円×5年=600万円の投資に対して、非課税枠を活用することができます。家族でもすれば、もっと大きくなりますね。

NISAのデメリット

ただ、NISAにもデメリットがあります。大きくは3つです。

配当を郵便局で受け取ると課税されてしまう

株式を購入すれば、配当が入ってきます。この配当に対しても、非課税になるNISAですが、配当を受け取る方法によっては、課税されてしまいます

それは、「郵便局または銀行振り込み」を選択している場合です。

普通は、証券口座に入金してもらう方法(株式数比例配分方式)を選択すると思いますので、これはあまり気にならないデメリットです。

損益通算が使えない

株式で損を出すと、その損失をほかの利益と合算することができます。これが損益通算と呼ばれるものです。

例えば、

  • A証券会社で買った株で20万の損失
  • B証券会社で買った株で20万円の利益

この場合は、B証券会社で買った株は4万円の税金が取られて、手取りは16万円です。しかし、A証券会社では損が出ていますので、確定申告により、損益通算をすればこの税金4万円が戻ってきます。

また、損失は翌年から3年間、繰り越せるのです。

NISA、損益通算

NISAの場合は、この損益通算を使えないので(非課税制度だからいいとこどりはできないのです)、例えば、損が膨らんでしまった場合などは、損切りするのに躊躇しちゃうと思います。

利益を出すことを前提とした制度ですが、投資は利益がでないときもありますからね。

特定口座へ移すときがややこしい

NISA枠で購入した5年後には、特定口座に移管されます。このときに、注意点があります。

例えば、NISA枠で100万円で株を取得し、5年後に60万円に株価が下がった状態で特定口座に移管した場合、取得価格は60万円に改められます。

NISA

そのあと、株価がもとに戻って100万円で売却したとします。

すると、もともと100万円で取得しているので、100万円で売っても利益はかからないのが普通ですが、NISA枠で5年経過していると特定口座移管時の取得価格でみていくことになるのです。

例の場合であれば、60万円から100万円に値上がりしたとみなされ、差額の40万円に対して、税金がかかってしまうのです。

最初に投資した金額に戻っただけなのに、税金がとられてしまうのです。なんだか複雑な心境になりますよね。

NISA2

海外株式の配当も注意

海外の株式でETFなり配当をもらう場合、現地で源泉徴収されて、日本でも源泉徴収されます。これは二重課税になっているので、確定申告をすれば戻ってくるのですが、

NISAの場合は、課税されたまま

という落とし穴があります。海外の株式のほうが、連続増配銘柄(コカ・コーラとか)も強力な企業なので、NISAで保有したいと思いますが、NISAのメリットを使えないんです。なので、特定口座のほうがいいですね。

投資期間を定めずに運用したい

投資をする場合、あまり投資期間を定めずに運用したいと考えています。現にいま保有している株式も、しばらく保有する方針です。

ただ、NISAの場合は、長期投資には向いていないと思っています。短期で絶対に勝たないといけない投資方法とも言えますね。

なにせ、損益通算が使えないですし、特定口座移管時のデメリットがありますから。

ホントはNISAのメリットを最大限活かすことができれば、家計にもプラスになると思うんです。でも、一寸先は闇。勝てる投資って・・・IPOがそれに近い気がします。

私個人としては、投資期間を意識せずに投資しておきたいので、短期で結果を出すIPOをする場合にNISAを活用しようと思います。

SBI証券岡三オンライン証券は、IPO申し込み時に証拠金が不要なので、必須の口座だと言えます。特に岡三オンライン証券は、他と比べて穴場なので、保有しておくとチャンスあり、かもしれません。私も口座を開設しました。

逆に、長期投資をする場合は、追加投資しやすい環境があると尚よいので、セゾン投信などの投資信託を活用するのもいいと思います。

NISAのデメリット改善してもらえたら、全力で利用するんだけどなぁ。

では。

※証券口座の開設には、マイナンバーが必要です。

コメント

  1. たなぼた より:

    NISAって有期限なのがそうとうイマイチですよね
    私も色んなデメリット、特に特定口座に移した時のこと考えると、なかなか活用出来なかったんですが、投資額の上限が引き上げられたように制度が見直されること、恒久化される事を信じて使ってみようかと思ってます

    • ジン より:

      たなぼたさん
      こんばんわ。
      ホントに恒久化がのぞまれますね。なるほど、それを見越した投資というのは考えていませんでした。
      配当利回りが高い銘柄とかはNISAで保有したいんですが、びびってできていません。