やっぱり改悪!リクルートカードプラスがnanacoやモバイルsuicaへのチャージ対象外に!

リクルートカード2-min

ついに来たかという感じですが、国内最大の還元率を誇っていたリクルートカードプラスの電子マネー「nanaco」や「モバイルsuica」へのチャージが、ポイント対象外となることが決定されています。還元率0になります。

2016年9月16日(金)より、電子マネー「nanaco」、「モバイルSuica」へのチャージ分については、ポイント加算の対象外となります。

2016年9月16日以降の利用分ではないようですね。

  • 加盟店からの売上データが、2016年9月16日(金)以降にJCBへ到着した場合、2016年9月15日(木)以前のご利用であってもポイント加算の対象外です。

nanacoは、税金や公共料金の支払いに使えるということで節税対策の裏技としても大人気です。そのためには、nanacoチャージへのクレジットカードの選定がキーポイントになるわけですが、チャージできるクレジットカードで最高だったのがリクルートカードプラス。

漢方スタイルクラブカードに引き続いて、改悪になりました。

漢方スタイルクラブカードがnanacoチャージのポイント率を改悪!メインカードを変更すべき?
もういろんな方が書いているのでいまさらですが、愛用している漢方スタイルクラブカードがnanacoチャージの際のポイント付与率を改悪しました。現在の2,000円あたり7ポイント(1....

スポンサーリンク

リクルートカードプラスは新規申込も中止

還元率2.0%はいくらなんでも大盤振る舞いすぎたのかもしれません。

nanacoやsuicaへのチャージを対象外にするのに加えて、新規申し込みも中止されます。

リクルートカードプラス新規申込みおよび、リクルートカードプラスの家族カード申込みの受け付けを停止させていただきます。

  • リクルートカードプラスは、2016年3月15日(火)午前11:59時点で、リクルートカードホームページ受付完了分
  • 家族カードは、2016年5月15日(日)までに、JCBにて受付完了分

となっています。それ以降は、還元率2.0%のカードを保有することができなくなるので、今のうちにって方はラストチャンスですね。※注意

※ 受け付けは終了しています

それにしても、リクルートカードプラスは還元率2.0%と魅力的だっただけに、これだけ短期間で改悪、そして、新規発行を取りやめるのは残念ですね。ほかのブログでも続々と紹介されています。

リクルートカードプラスが改悪されました。 nanacoチャージ、モバイルSuicaチャージは2%のリクルートポイントが付与されていました。 しかし、2016年9

定期預金金利がこれだけ下がっているので、クレジットカードの使い方は、家計の手助けにもなりますし。

リクルートカードは健在

リクルートカード nanaco

悲報だけではありません。

リクルートカードは、これまで通り、nanacoチャージへのポイント付与は継続されることになっています。これは大きいことです。

リクルートカードは、年会費2,000円で還元率2.0%のリクルートカードプラス(JCB)と年会費無料で還元率1.2%のリクルートカード(JCBまたはVISA)の2種類が用意されていました。

我が家は、nanacoチャージ用のクレジットカードで漢方スタイルクラブカードを保有していましたが、nanacoチャージが1.75%から0.25%に改悪されたのに伴って、リクルートカード(VISA)を作成しました。

リクルートカードでnanacoチャージがお得。年会費無料で嬉しい還元率1.2%
家計から出ていくお金をちょっとでも少なくしたい。 nanacoへのクレジットカードチャージを利用するということは、家計節約に繋がるということは有名どころかと思います。特に、公共料...

リクルートカードプラス(JCB)を作られている方も、リクルートカード(VISA)との2枚持ちは可能です。カード会社が違うためですね。VISAは、三菱UFJニコスが発行しています。

このリクルートカードは、nanacoやモバイルsuicaへのチャージでのポイント付与は継続なので、ほっと一安心、というところでしょうか。

年会費無料でこの還元率はすごく魅力ですし、ポンパレモールを利用するとポイントがかなり貯まります。リクルートカード1.2%とポンパレモールでは常に3%ポイント付与があるので、4.2%確実に安くなります。それ以外でもキャンペーンをよくやっているので、それ以上のポイント付与もありますしね。

リクルートカードプラスの乗り換え先はどうする?

リクルートカード

リクルートカードプラスをメインにしている方は、nanacoチャージへのポイント還元率が0%になるため、次の乗り換え先を考える必要があります。

リクルートカードが1番!

リクルートカードが一番のようです。確かに、リクルートカードプラスをメインにされている方は、同じリクルートポイント(Pontaと統合)が付与されるリクルートカードが使いやすいのかもしれませんね。

私も作ったときにリクルートポイントをもらえたので、家計の節約になりました。リクルートカードはnanacoチャージもできて還元率も高いです。

そして、リクルートポイントが結構貯まるんですよね。私はじゃらんでポイント使って旅行に行きました。

リクルートカード還元率1.2%年会費無料

楽天カードも引き続き人気

そのほかは、安定している楽天カード(JCB)です。楽天デビットカードでも同じ効果が得られるので、こちらも人気が高いですね。

楽天市場などで使える楽天スーパーポイントは、ポイントの使いやすさもあって、不動の人気カードの地位を確立しつつあります。我が家は楽天カードをMastercardブランドで作ってしまったので、一度解約してJCBブランドに切り替えたいところですが、なかなかできていません。⇒解約しました!その時の方法は「楽天カードの退会・解約する方法とその手続きとは?ブランド変更する注意点」を参考にしてみてください。

公式 楽天カード

Yahoo!JAPANカード(JCB)も最近、人気を集めていますね。Tポイントが貯まりやすいですし、Tポイントは使い勝手もいいからです。やはり、ポイントの使いやすさは、クレジットカードを作るうえでは最も大事なことですね。

公式 Yahoo! JAPANカード

乗り換え先まとめ

まとめると、リクルートカードプラスの乗り換え先候補は、

となりますね。これから、固定資産税住民税などの支払いが出てきますので、nanacoの活用は家計の節約には必須です。そのためには、ポイント還元率の高いクレジットカードで、なおかつ、nanacoチャージでポイントが付与されるカードを持っておくべきですね。

漢方スタイルクラブカード、リクルートカードプラスと改悪が続いており、今後も出る可能性があることを踏まえると、複数持ちが対策として有効だと思います。

私はリクルートカード(VISAブランド)を作ってみました。年会費無料で、還元率1.2%はやはり大きいです。

では。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク