資産を増やす投資の手助けになる、ロボ・アドバイザーを比較してみた。

ロボットアドバイザー

金融とテクノロジーの融合をするフィンテック(Finteck)というサービスが続々と登場しています。ロボアドバイザーと呼ばれるもので、パソコンやスマートフォンから利用できる金融のサービスです。

≫≫ お金の預け方が変わる!?資産運用をロボに任せるサービスが出てきた

投資をしていると判断を迷わせるのが、感情です。今年で言えば、イギリスのEU離脱の国民投票、最近で言えばトランプに決まった大統領選。

イベント当日は、売りが売りを呼ぶ状況は、まさに感情がぐーーーっと動いたときですね。

そんなときに、自分の運用方針を愚直に守り、投資続けることは至難の業です。ましてや、初めて投資を始めようと思ったときには、なおさらですよね。

私も株式投資をしていますが、感情のコントロールが難しいと感じています。

ルールを守り、投資をし続けること。

そんなときに、ロボットアドバイザー(ロボアド)の存在が便利かもしれません。

スポンサーリンク

ロボアドバイザーが利用できるサービスまとめ

株式や債券、国内外にバランスよく分散投資をして、長く投資を続けるために、


  • 初心者にとってどんな資産を保有すればいいのか
  • それはどんな割合で保有すればいいのか
  • 初心者以外でも、リバランスの参考に
  • 複数の商品を売買する時間や労力の解消

過去の統計や投資理論に基づいて、投資家がどのくらいの損失に耐えられるかという診断を行い、その結果をもとに、資産配分を提示してくるんです。

マネックス証券「マネラップ」

マネックス証券は「マネラップ(MSV LIFE)」というロボアドのサービスを提供しています。自分の目標(プラン)に対して、どのようにお金を貯めていくのか、というのが分かるサービスです。

そうした診断に基づき、契約をし投資をしてくれます。


  • 最低投資金額は1万円~(1,000円単位)
  • 手数料 年間0.891%(税込)
  • 積立投資もできる

診断は「ためる」「たのしむ」「そなえる」の3つから選ぶことができます。例えば、「ためる」であれば、『マイホーム』を選ぶと、何年後に目標の頭金をどうやって貯めていくか、ということに対して、資産配分を選んでくれます。

マネックス証券 マネラップ

マネラップは、この目標に対してどう達成していくかということを重視しており、その達成率に合わせて、資産計画を作っていくことができるサービスです。

マネックス証券 マネラップ

診断結果が出たあとも、資産計画の修正は可能。

私の場合は、リスクを抑えつつも、相応以上のリターン獲得を目指すプランとなりました。

マネックス証券 マネラップ

≫≫ マネックス証券

楽天証券「楽ラップ」

楽天証券 ロボットアドバイザー

楽天証券もロボアドのサービスがあります。


  • 最低投資金額 10万円~(1円単位)
  • 手続きは、ネットで完結する
  • 手数料が安い(固定報酬型 年0.72%、成功報酬型 年間0.594%)

最低投資金額10万円から始めることができる楽ラップですが、質問がとってもおもしろいものでした。

「年始にデパートに行ったら福袋が売られていました」など、関係あるの?と一瞬思えるような質問もあります。

楽天証券 ロボットアドバイザー

  • 交流会に参加したところ、知り合いが一人もいませんでした。あなたはどうしますか?
  • 少し体の調子が悪いと感じました。どうしますか?

などもありました。答えはいずれも選択肢が用意されていますので、それに答えていくだけなんです。

楽天証券 ロボットアドバイザー

16問の質問を受け答えると、診断してくれます。

私の場合、「あなたに合った運用コース」では、「基本は慎重だけど、攻めの姿勢も忘れないあなたのためのコースです」と、株式重視をしつつの提案でした。

下落ショック軽減機能というのがあって、市場の急な下落時にも備えるような機能もついています。

カブドットコム証券「FUND ME」

カブドットコム証券 ロボットアドバイザー

カブドットコム証券は、スマートフォンで無料で利用できるアプリ「FUND ME」から診断することができました。

わずか30秒で完了し、シミュレーションは、資産構成比、地域別構成比、過去・将来チャートなどの視点から実施してくれる。

アプリのカラーやデザインがかわいらしいなぁと思っていたら、カブドットコム証券の女性メンバーが中心となって開発されたそうです。メインの利用者も女性を想定しているよう。

カブドットコム証券 ロボットアドバイザー

自分のリスク度合いが、年代別にでも表示してくれ、そのリスク度合いに応じた投資信託のポートフォリオを提案してくれます。

カブドットコム証券は、三菱東京UFJ銀行グループなので、同銀行との相性も良く、使いやすい証券会社でもありますね。

≫≫ カブドットコム証券

お金のデザイン 「THEO(テオ)」

お金のデザイン 「THEO(テオ)」

お金のデザインは、9つの質問に答えることで、ロボアドが運用プランを診断してくれて、リスク分散を実施しながら自動化されたポートフォリオを提案してくれるサービスを提供しています。

手数料は、年1.08%(税込)になっており、ETFの売買手数料や為替手数料は無料になっています。

お金のデザイン 「THEO(テオ)」

質問の答えによって、どれだけリスク許容度があるのかも見てもらえます。

興味深かったのが、その分散で、「過去どんな結果だったか」を見れること。これは、個人的には非常に勉強になるなぁと思いました。

もちろん、過去の相場が将来にも当てはまるわけではありません。

しかし、歴史は繰り返すと言います。それは投資でも同じことです。

お金のデザイン 「THEO(テオ)」

暴落時にどれだけの損失が出るのか、それを過去の統計から知ることができるのは、一つの判断材料となっていいですね。

≫≫ お金のデザイン

SBI証券「SBI ファンドロボ」

SBI証券

モーニングスターによる最新評価をもとに商品選定をしてくれる。

商品選定は、SBI証券が取り扱っている約350本が対象で、そこから絞り込んでくれて、投資信託を購入することができる。

手数料は無料で利用できます。

SBI証券 ロボットアドバイザー

このサービスも、過去1年前、あるいは、3年前に投資をしていたらどうなっているか?ということに対する結果を示してくれます。

SBI証券 ロボットアドバイザー

SBI証券はネット証券最大手です。

このサービスは無料で利用できて、そこから最適なファンドを選んでくれるので、参考にしてみるといいですね。

≫≫ SBI証券

松井証券

松井証券 ロボットアドバイザー

積立は500円から始められ、手数料0円で本格的な運用サポートを受けられる。始まったばかりのサービスです。


  • 手数料は無料
  • 積立投資ができる(500円から)
  • ポートフォリオは自由に変更できる

松井証券は、投資信託の販売を長らくしていなかったのですが、投資信託の再販売に向けて本気のサービスを出してきました。

8つの質問に答えるだけで、自分のリスク許容度や投資配分を示してくれます。

提案する信託報酬の平均は0.37%と低くなっていますね。インデックス投信など低コスト投信を中心にそろえています。

何より、画面が分かりやすくて、具体的にどんな投資信託に、どんな割合で、投資すべきかも一目でわかります。

松井証券 ロボットアドバイザー

松井証券の「投信工房」も、そのポートフォリオであれば、過去どういう結果だったのか、というシミュレーションをしてくれます。

「半年」「1年」「5年」「10年」と、短期間、長期間の両側面から見ることができるので、これが一番情報的にうれしかったですね。

同画面で将来シミュレーションも示してくれるので、参考にしやすいです。

松井証券 ロボットアドバイザー

松井証券は、このように投資をどうしたらいいのか、アドバイスをしてくれるタイプですね。

≫≫利用料0円!ロボアドバイザーが資産運用をトータルサポート◆松井証券の『投信工房』◆

松井証券

 投資の参考になる

ロボアドバイザーは、松井証券やSBI証券などのように「アドバイス型」と、お金のデザインやマネックス証券のように「投資一任運用」するタイプの2つに分けられます。

まずは、どんなものか?と知りたい場合には、「アドバイス型」を利用するといいですね。松井証券がとても参考になりました。

投資は、感情が入ると投資方針が崩れやすい。

そうしたことに対して、どんな資産配分なのかを過去のパフォーマンスやあなた自身のリスク許容度などから、資産配分を提案してくれるサービスを利用することで、感情に立ち向かえるのかもしれません。

私は、リスクを取り過ぎず、ぼちぼちリターンが出るような投資で進んでいきます。

ではでは。