お肉やお米がもらえるふるさと納税。駆け込みOK?発送月を選ぶと不便さ解消!

発送月 ふるさと納税

2016年のふるさと納税の受付は12月31日までです。税金は暦年で計算しますからね。

今年の年収が決まって、自治体の返礼品がもらえて、税金控除のチャンスです。

ふるさと納税の返礼品の還元率は30%~50%と言われますから、例えば、寄付額30,000円であれば9,000円~15,000円くらいの品物がもらえるわけです。

30,000円のうち、28,000円は税金控除されますので、人気沸騰しているんですね。

ふるさと納税は、年収や家族構成によって変わる限度額の範囲内であれば、複数の自治体にすることもできます。

私も実際やってみた感想ですが、これはお得!と言えます。

ただ、「食品を選ぶと冷蔵庫(冷凍庫)に入りきらない・・・」「こんなに食べきれない・・・」ということがありました。寄付をすると、早ければ1週間くらいで届くんですよ。

年内にふるさと納税をすると、年明けに届いて、ちょっと困る・・・ということもあります。そんなときに、発送する月を選んで納税できるサイトがありました。

これを利用すると、年内に寄付をして、返礼品をもらえるのは来年ということもできますね。

スポンサーリンク

発送月を選ぶ方法とは?

ふるさと納税(自治体への寄付)をすることで、もらえる返礼品。

季節によって、返礼品も変わってきます。例えば、果物であれば、マンゴーは暖かい時期、寒い時期はみかんなどと言った具合です。カニなども冬になりますね。

「せっかく年収も確定して、年内にふるさと納税をしたい・・・」という場合には、返礼品の発送月で選ぶと便利ですね。

【方法は2つ】

●年明け以降に返礼品を選ぶ方法

●年内に返礼品を選ぶ方法

いずれも年内にふるさと納税をして、利用することができます。

年明け以降に返礼品を選ぶ方法

年内に寄付をして、年明け以降に返礼品を選ぶ方法は、ポイント制を採用している「自治体」を選ぶことです。

ポイント制の自治体への寄付は、「ふるぽ」というサイトがあります。

ふるさと納税 ポイント ふるぽ

ふるぽを利用すると、1年または2年以内に使うことができるポイントがもらえます。

もらったポイントを有効期限内であれば、いつでも使うことができます。

返礼品は、ポイントを使うときに選ぶことができますね。

ポイントの有効期限間際にはメールで「有効期限が近付いている」ことは連絡してくれるので、忘れることはないとは思いますが、失効してしまうともったいないですね。

ただ、ポイントを使いたいタイミングで欲しい返礼品がないということもあります。実際、私の場合は、有効期限間際になってポイントを使いたいときに欲しいものがなく、無理やり使ったという苦い記憶が・・・。

人気商品は、すぐになくなりますしね。

年内に返礼品を選ぶ方法

もう一つの方法です。

年内に寄付をして、年内に返礼品まで選んでしまう方法です。こちらは、ポイント制と違い、申込時点で返礼品を選ぶので、「ほしい返礼品を選べない」ということがありません。

ふるさと納税 さとふる 返礼品 発送月

これは、「さとふる」というふるさと納税サイトで利用することができますね。

ふるさと納税に関するアンケートでは、認知度1位のサイトです。

さとふるは、「特集」で返礼品を選べるので迷ったときにも便利です。例えば、「お鍋特集」「ジュース特集」「日本酒特集」などです。

さとふる「特集」

話を戻して、発送月を選ぶ方法ですが、さとふるではこんな感じで返礼品が送られてくる月を選択して、返礼品を選ぶことができるんですね。

さとふる ふるさと納税

これを利用すると、年内に寄付も返礼品も選べるので、あとは待つだけなので、楽ですね。

クレジットカード決済をすれば、支払いの手間はありませんね。もつ鍋(春日市)を選んでみると、2月上旬に発送してくれるみたい。楽ちんです。

ふるさと納税 春日市 もつ鍋

寄付額に応じて、Amazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施していますね。

公式 さとふる

お肉やお米がもらえるぞ~

ポイント制の「ふるぽ」や発送月を選ぶ「さとふる」を使えば、人気のお肉やお米も年内の寄付で対応できますね。家電であれば、年中使えるものですが、食品は食べる時期にもよりますからね。

人気ブランド牛ももらえちゃう

岐阜県の各務原市 ふるさと納税

普段、なかなか買うのにはためらうブランド牛。自己負担2,000円で手に入るふるさと納税であれば、その敷居はグッと低くなりますね。


  • 【松坂牛】すき焼き用500g 三重県度会郡玉城町 寄付額1万円
  • 【飛騨牛】サーロインステーキ3枚 愛知県犬山市 寄付額3万円
  • 【飛騨牛】特選A5等級すきやき用 250g 寄付額1万円
  • 【米沢牛】サーロインステーキ1枚 山形県長井市 寄付額1万円
  • 【近江牛】サーロインステーキ2枚 滋賀県蒲生郡竜王町 寄付額2万円

などがありますね。

※「ふるぽ」や「さとふる」で取り扱いのない自治体もあります。


こうしたブランド牛以外に、切り落としなど「量」が豊富な返礼品を扱う自治体やハンバーグなど加工品を取り扱う自治体もありますね。

お米ももらえる

お米大好きな人にとっては、お米を選ぶことで食費を節約できますね。


  • 【はえぬき】60kg 山形県最上郡舟形町 3万円
  • 【幻の米】長野県飯山市 5,000円
  • 【つや姫】山口県酒田市 2万円
  • 【あなんの誉】長野県阿南町 1万円

お米は主食なので、返礼品でもらえるといいですね。最近、主食はパンというのが統計的にも出ていますが、私は「ご飯派」。やっぱり腹持ちはお米がいいですね。

ご飯大好き!!という方には、ふるさと納税でお得にお米をもらうと、日々の節約につながりますね。

まとめ

ふるさと納税はお得な制度です。使ってみた実感としては、これは利用しない手はないですね。

ポイント制も利用した感想で言えば、返礼品は後から選ぶ=欲しいものがない→ポイントを使わざるを得ないという状態でした。

このため、寄付をするときに、返礼品を選ぶ方が私はいいと思います。

そう考えると、寄付時点で発送月を選べるさとふるは便利ですね。

年内に返礼品も選んでしまえば、あとは届くのを待つだけです。

年末までAmazonのポイントが当たるキャンペーンもしていますので、この機会に利用してみましょう。

公式 さとふる

駆け込みでも、ふるさと納税のメリットを受けることができますね。

自治体にもよりますが、調べている限りでは多くの自治体が12月31日までにクレジットカード決済によるふるさと納税をすれば、平成28年分の寄付として取り扱ってくれますよ。

【追伸】

また、食べもの以外でもふるさと納税で生活の便利度をアップできる家電の取り扱う自治体もあるんです。家電は還元率も高くてお得度も高いですね。

家電の取り扱いが多い「ふるなび」というふるさと納税サイトが便利なので、一度、覗いてみてくださいね。

(参考記事)

≫≫ ふるさと納税・家電は還元率高い!家電が選べる「ふるなび」に登録しておこう

≫≫ ふるさと納税で掃除機(ダイソン・HITACHIなど)がもらえる自治体まとめ!

≫≫ ふるさと納税でパソコンがもらえる自治体まとめ!年収700万円超の方は必見

ではでは。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク
スポンサーリンク