マンション売却に必要なことってなんだろう?と思い、考えてみたこと。

マンション

いつかは自分の住むマンションを売ることもある。そう思って、マンションを購入しました。

マンションを売るのにその流れを知りたい場合は、Googleで「マンション 売却 手続き」などで検索すれば、出てきます。一読すると、「あ、なるほどね」と思えるはず。

今日は、そうしたマンション売却の手続きではなく、「売るためにはどうしたらいいのか」というのを考えてみたいと思います。

マンションを売るには、大事なのは不動産屋のいい営業マンに頼むこと。大手・地元の不動産屋問わず、いい営業マンはいいですし、悪い営業マンは悪いです。

そこで、売却の際に見積もり査定をしてもらうときには、一括で複数の不動産業者に頼むことができる一括サイトの利用が、手間も省けておすすめです。

スポンサーリンク

マンションを売るためには何が必要?

第一印象を重視する

マンションを買う際に、中古マンションを見に行くことが多かったので、自分がどんなマンションだったら購入したいのか?というのを考えておけば、売る側になったときに、その視点の逆を持っておけばいいですね。

不動産っておもしろいもので、第一印象というのがあります。

そのため、第一印象はとっても大事です。

この第一印象にとことんこだわることが必要です。

今ではSUUMOなど不動産サイトで見る人がほとんどですので、良い第一印象をもってもらうためには、

写真が大事

ですね。

不動産をネットで探しているときには、自分が住みたいイメージを持ちながらサイトを見ているので、写真が自分の持っているイメージと合致すると問い合わせしたくなります。

このため、写真を活用することは必須と言っても過言ではないと思います。

問い合わせてもらうために、イメージを持ってもらうためにも欠かせないものなのです。

購入時に写真を撮っておこう

このため、新築マンションを購入した人であれば、晴れた天気のいい日に、荷物が何も入っていないときに、写真をあらゆる角度から撮っておく、というのはかなり大事です。

中古マンションでも、引き渡しの際に、荷物を入れる前に写真を撮るというのは大事です。

あー写真撮り忘れたよってときには、荷物を整理して、写真を撮るといいですね。

物件を決めない人の理由に「生活感があるから」「部屋が汚いから」という意見があるので、写真を撮るときは余計なものが入らないようにしておくべきです。

人によっては、「家具を置いているほうが、具体的な配置や生活がイメージできていい」という声もあるので、家具が置いている写真が必ずしもマイナスになるとは限りません。

それでも、きれいにしておく、生活感をできるだけ消す、というのはすごく大事。

一括サイトを利用して、複数の不動産屋と会う

不動産業者によって、マンションの査定価格はバラバラです。一番高い査定をしてくれたところが、いい不動産屋というわけではありません。

最終的には、売却したときの値段が大事であって、査定額ではありませんよね。査定額はあくまでプロの目から見た判断のひとつ、です。

買う側にとって、それ以上の価値があると思ってもらえれば、査定額以上で買う人もいるワケで。

一括査定サイトでは、サイト利用者が360万人とトップクラスを誇る「マンションnavi 」がおススメです。最大9社から査定をしてもらうことができます。

野村不動産の仲介、三井のリハウス、東急リバブルなど複数の不動産業者から一度に査定を申し込むことができるんです。

マンション 不動産 売却

営業マンとの相性もあるので、会社の看板だけではなく、営業の人と相談できるか、という視点を持っておくといいですね。そのため、複数の不動産業者にお願いすることで、いい営業マンと出会える確率を高めておくといいですね。

私も登録しているんですが、これは地域によって紹介してくれる不動産屋が違うという特徴があってすごい勉強になります。

大手はもちろん、地域の不動産屋にも見てもらいたいですからね。査定を頼むときは一社ではなく、複数頼むのは必須ですが、マンションNaviが複数社選んでくれますよ。

マンションnaviは相場観を知ることができる

マンションnaviは、売却した場合、賃貸に出した場合と2つの情報を知ることができるのがメリットと言えます。

また、マンション名や地名で大体の相場観を知ることができるので、どのくらいで売れるの?という目安になります。自分たちでも、相場観を知っておくことは必要です。

なぜなら、買う側はまず間違いなく周辺不動産と比較し、相場観を養い、高くないか?というのを吟味しているからです。

マンションnaviは地図上でどのくらいで売れるのか?というのが、一目でわかるのでめっちゃ便利。

マンションナビ

例えば、関西で屈指の高級住宅街である芦屋市では、どのくらいの相場かを知ろうとすると、すぐにわかります。

マンションナビ

あれ、芦屋ってこんなものなのか?って思ってみたんですが、地図上で見ると立地によってかなり価格が高いところがありますね。

マンションナビ

売るときの目安に活用することができますね。

私はこうしたサイトを見たり、新聞折り込みのチラシの不動産情報に目を通したりすることで、住んでいる地域の相場観を養っています。

マンション売却はいつころが適正か?

築年数を見る人は多い

マンションを売るタイミングは難しいものがありますが、ひとつは、新築であれば、

築年数

です。最初にお伝えした不動産を探す際には、まず不動産サイトを検索します。そのときに、築年数で絞込をする場合は、「10年未満」とする人が多いんです。

そのため、築年数によって判断するというのも一つですね。

立地を重視する人も多い

10年未満というのは一つの指標ですし、何より大事なのが立地だと考えます。

マンション購入者のなかでは、「不満ダントツ1位!5人に1人がマイホーム購入で後悔していることとは?」にもあるように、立地に不満を持っている人が多いんです。

逆を言えば、立地に満足していれば、マンション購入の満足度は高くなると考えられますね。

売却時期

いつ、売却をしたいかは、家族の変動、資金、居住環境、隣人関係などその理由はさまざまなので、いつが適正かというよりは、売りたいと思ったときに売ることができる物件選び、というのが大事です。

そのため、物件の希少性が大事ということを教わりました。

つまり、その地域からの売り物件が少ないということ。

人気がある地域は売りたいと考える人も少ないですし、そもそもマンションを建つことが少ないんです。要は、マンションが建設できる立地はすでに建っているからですね。

私が中古物件を探していた地域では、人気のあるマンションは築10年間で売りが出たのはたったの2回という例もありました。

一括サイトを利用しよう

売却をまだ考えていなくても、マンションNaviを登録しているだけで、定期的に不動産市況についてメールが送られてきます。

流し読みをするだけでも、少しずつ知識は貯まっていきますね。

また、地域によって紹介してくれる不動産屋が違うという特徴があります。

大手はもちろん、地域の不動産屋にも見てもらいたいですからね。査定を頼むときは一社ではなく、複数頼むのは必須ですが、マンションNaviであれば、複数社選んでくれますよ。

マンションの一括査定を申し込んで見る

ではでは。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク