貯金の貯め時ってある?貯金黄金期である独身時代から積立貯金癖をつけていこう!

photo credit: martinak15 via photopin cc

積立貯金をしていますか?それを継続できていますか?

できてるよ!と即答できた方は、素晴らしい!!積立貯金額を増やす方法を考えていこう。

今日は独身だけど全然貯金できないやって人に知ってもらいたい積立貯金のこと。なんてったって我が家は夫婦揃って独身時代の貯金に失敗したからこそ、やっておけばよかったことがあります。その経験を踏まえて。

photo credit: martinak15 via photopin cc

スポンサーリンク

独身時代は貯金黄金期の第一章

独身時代は働いて手に入るお金は自分のモノ、自由に使えます。自由に使えるからこそ、「貯める」ことを意識しないと貯金なんてできません。それでは後々後悔します。

独身時代の我が家

お金を意識するの「結婚」とか「引越」とか大きなイベントのようにまとまったお金がいる時だと思います。そのイベントは若い時はなかなか意識しづらいもので、それに向けた貯金ってなかなかできません。

我が家がまさにそれでした。結婚します!引っ越しします!お金ない!どうしよう!

そこから慌てて結婚式費用を貯金し始めるわけですが、まとまった額、100万円を貯めることにも時間を要します。毎月8万円貯めても1年かかります。

若い時から積立貯金をしていると、毎月の積立額も小さく負担感なくまとまった額を貯めることができます。

子どもが生まれてから分かったこと

独身時代は自由にお金が使えますが、振り返ると貯金黄金期であることが身を持って思いました。その時から積立を続けていけば・・・たらればはよくありませんが、毎月2万円でも1年間で24万円、10年で240万円にもなります。

後から貯めることはできるますが、早く貯金を始めた人に追いつくことはなかなか難しいです。子どもが生まれるとそのことを痛感します。お金を貯めることができる時期ってあります。そのひとつが独身時代です。

一度はじめてみよう!複利の計算。積立の力がよくわかります。

2人目の壁と感じる理由「経済的」が85.1%とダントツ!固定費30万円の我が家は絶望?

ネット銀行を活用した積立の仕方

我が家はネット銀行を活用して貯金をしました。少しでも有利な金利と思ったときに、ネット銀行に出会いました。それまではネット銀行って、なんとなく敬遠していました。目についたのは金利の高さ。

住信SBIネット銀行の自動資金移動を活用して、半年定期にどんどんしていきました。

141111-1 ソニー銀行

出典:ソニー銀行

我が家がやったのは、定期預金の活用です。

例えばこんな感じです。

4月の給料からの貯金は、6ヶ月後の9月末満期の定期預金に。

5月の給料からの定期は、5ヶ月後の9月末満期の定期預金に。

6月の給料からの定期は、4ヶ月後の9月末の定期預金に。

・・・・以下続く。

もう気づかれましたか?例で言うと、9月末に定期満期を合わせるのです。そうすると、4月~9月の給料からの貯金の定期満期が9月に来るので、一気に解約されてまとまった普通預金になります。それを今度は翌年の3月末満期の定期預金にします。

半年分のまとまった貯金を定期にするので、金利収入も大きくなります。大きいといってもしれてますが、しれてる金額の合計はそれなりになります。普通預金だけにしておくよりは大分とマシです。

このやり方のメリットは、定期にするので途中で寄り道をしない(解約しない限り使わない)こと。金利上昇時には金利上昇の恩恵が受けられる可能性を残せることです。

3年定期とかにしていて、その間に金利が上がると損した気分になりませんか?半年ごとに定期預金を変えるので金利変動にも柔軟に対応できます。デメリットは、低金利に推移すると前に預けたほうが高くてよかったなってことです。

金利変動は読めないので、これは結果論ですけどね。

投資信託による積立

積立貯金が順調にいくと、投資信託による積立投資も始めてみるべきです。投資というとギャンブル的なイメージがあるかもしれませんが、コツコツと積立ていくことのできる投資信託であれば定期預金よりも複利の力が大きくなります。

セゾン投信ひふみ投信は個人的には好きな投信です。

参考  セゾン投信の利回りは上昇!貯金以外の選択肢として持っておく投資方法とは?

参考  ひふみ投信で将来の資産形成に。設定来3倍に!東証株価指数よりはるかに大きなリターンを出している投資信託

販売手数料がゼロ円で、信託報酬が安い(1%以下)投信を見つけて少額から始めてみるといいです。元本割れの可能性はありますが長く積立ていきましょう!短期の変動は気にする必要はありません。

積立ほど楽で強いものはない

積立てを始める時期が早ければ早いほど、複利の力も合わさって貯金額は順調に増えていきます。

ちょっとコンビニ書い、ちょっと飲み会、ちょっとしたついで買いをやめるだけでも貯金余力は生まれます。

最初はちょっと窮屈な感じをするかもしれませんが、続けてみてください。窮屈さが心地良さに変わるときが来ます。

積立を続けることほど楽で貯まる方法はありません。1日でも早く始めたもの勝ちです。

では。