1年ぶりに株式投資をしたら、誤発注でいきなり損失!お金の失うのは一瞬です。

dawnfu / Pixabay

株価の下落が止まりませんね。すっかり資産も目減り中です。

さて、今日は笑い話です。2015年は現金支出が多かったこともあり、株式投資は凍結してせっせと現金回復に励んでおりました。そんな最中、今年に入ってから株価は大幅の下落。。。

株価の暴落が止まらない。私が欲しい銘柄をピックアップしてみた
株価の暴落が止まりませんね。昨年末の終値が19,033円ですが、14,952円(2/12)まで下がっています。こんなに急激に下がるのも久しぶりに見た気がします。なんと、22%近くも...

これは久しぶりのチャンスかな、と思い株式投資を再開した矢先のことでした。

単なる笑い話ですが、笑い話では済まされない家計では大きな痛手となってしまいました。誤発注での損失は、株式投資を始めて8年間で3度目です。もうさすがに自分があほすぎますので、具体的に記録として残して、二度と誤発注はしないようにしたいと思います。

あなたはそんなことはないと思いますが、お気をつけくださいませ。

スポンサーリンク

誤発注はこうして起きた!

株式投資をするときは、証券口座のスマートフォンアプリを利用することがほとんどです。といっても、年に数回くらいしか売買をしないので、はっきり言って使い方を忘れてしまうんですね。

今回も、今回もその使い方をすっかり忘れているのが原因でした。

誤発注で出した損失は、

6万円!!

6万円貯めようと思ったらどんだけ大変か・・・。これで誤発注の合計損失は、15万円を超えてしまいました・・・。

自分がきちんと確認しておけば、防げた金額であり、再投資すればリターンも出ていた金額です。過ぎたことはくよくよしない!!(←違うか)

話を戻して、株価が下がっているなぁと思って、保有証券の買い増しを考えて、とある日に買い注文を出していました。

買い注文とは、例えば、20万円でこの株を買いますという発注をすることです。

さすがに株価が下がっているとはいえ、ここまで下がらないだろうというくらい低い金額で発注をしていました。

約定メールが来た

売買が成立すると、メールが届くシステムです。おそらく各証券会社は似たようなサービスをしていると思います。

日中は仕事をしていたので、スマートフォンがブルブルとメールが届いていることだけは分かっていて、「おっ、そんなに下がったのか。買い増しできてラッキー」と思って、お昼休みにスマートフォンアプリを立ち上げてみると・・・

あれ?

買い注文を出していた単価まで株価が下がっていない・・・

も、もしかして・・・!!!

またやってしまったかっ(誤発注)!!!

あわてて売買記録を確認すると、買うつもりが、

売却成立!

やっぱり!

完全に「買い注文」を出していたつもりが、「売り注文」を出してしまいました。結局、予期せぬ損切りをしてしまったのです。

誤発注の顛末

複数の証券口座を持っていますが、誤発注は3回ともマネックス証券で起きています。

※マネックス証券が悪いわけではありません

自分が二度と同じ過ちを繰り返さないように、画像付きで記録を残しておきますね。

マネックス証券で売買をしていた銘柄のうち、保有している銘柄を買い増ししようと保有銘柄から買い注文を出そうとしました。保有銘柄から発注をするのは、イチイチ検索をしなくていいいので楽ちんだからです。

マネックス-min

保有銘柄をクリックして、「注文」ボタンを押します。この段階で、私のなかでは「買い注文」を出すことしか考えていないので、ボタンが青色になっていることには気づいていません。

マネックス2-min

マネックス証券の場合、青色ボタンは「売り注文」なのです。注文方式も「現物売/通常」ときちんと出ています。ちなみに、「買い注文」のときは赤色ボタンになります。

でも、なかなか気づかないんですよね。

マネックス3-min

保有銘柄から買い注文を出す場合は、自動的に「売り注文」になっているのを一度、クリックをして「買い注文」に変更する必要があるんです。

マネックス4-min

結局、このクリックすることはすっかり忘れてしていまったので、誤発注をして損失を出してしまいました。

誤発注をしない対策

二度と誤発注をしない対策をしたいと思います。多分、同じことをやってしまいそうなので、絶対にしない方法です。

マネックス証券のスマートフォンアプリで売買しない。

これに尽きます。マネックス証券も保有銘柄以外の発注の場合は、まず「買い注文」なのか「売り注文」なのかを選択させるのですが、「保有銘柄」から発注するときは自動的に「売り注文」になっているんですよね。

SBI証券などほかの証券口座のスマートフォンアプリだと、保有銘柄から選択して売買をする場合でも、まず「買い注文」なのか「売り注文」なのかを選択する画面が出てくるので、間違えることはありえません。

私だけかもしれませんが、マネックス証券で3度も誤発注をしてしまいましたので、私とは相性が悪いと思い、スマホアプリで売買することをやめにします。追加で株を買うこともなく、保有銘柄を売る時期がくれば、マネックス証券で保有する日本株式はゼロにしようと思います。

※繰り返しますが、マネックス証券が悪いわけではなく、私の確認ミスによる誤発注です

お金を失うな

マネックス証券 投資

お金を失うのは簡単です。作るのは難しいです。

お金を失うことさえしなければ、消費に回したり、再投資できたりと人生を豊かにする選択肢を持つことができました。お金を失うことは、気分も落とすだけで何の得もありません。

世界一の投資家バフェットの言葉で、「お金を失うな。このルールを忘れるな」ってありますが、ホントにやってしまいましたわ。

これだけ書けば二度と誤発注はしなさそうです。

無理に失ったお金を同じ方法で取り戻そうとすると、更にお金を失うこともあるので、冷静さを欠かさないことも必要です。

あなたもお気をつけくださいませ。

来年は株式損失の確定申告をすることになりそうです。

【確定申告】株式投資で利益が出た人、損が出た人がやるべきこと
確定申告の時期ですね。アベノミクスが始まってから株式投資をしている人も多いかなと思いますが、私も例年、株式投資に関する確定申告をしています(今年はしませんが)。株式投資をしていると...

マネックス証券は別の理由で使い続けますが(また記事にします➡記事にしました!「アメリカ株で配当をもらい続ける!米国株の取引のおすすめ証券会社は?

)、個人的には、SBI証券GMOクリック証券岡三オンライン証券カブドットコム証券あたりが便利で使いやすいです。

では。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク