30代のお金の話題は「稼ぐ」から「備える」に。お金が働く仕組みを導入しよう。

新聞 投資

30代になると、家庭を持ち、子どもを持つ人も多いですよね。先日、飲み会のときに仲間と話をしました。20代のときと違う話題が「お金」のことです。

20代のときには、「給料いくら?ボーナスいくら?」というように、時点時点のサラリーという”稼ぎ”に対する話題が多かったように思います。

30代半ばにもなると、そうした話題に加えて、「将来のお金に対してどう備えている?」という話題が増えてきました。さすがに、「いくら貯金あるの?」というストレートな質問はありませんが、”稼ぐ”から”備える”に意識がいくようになっています。

30代半ば。子育てサラリーマン。

住宅ローン、教育費、老後資金。お金の悩みは尽きません。あなたはどんな風に備えをしていますか。

スポンサーリンク

備えるお金の選択肢『資産運用』

将来の備えるお金の一つが、お金に働いてもらう『資産運用』ですね。

資産運用というと、お金にゆとりがある人がするものという意識がありましたが、そんなことはありません。

資産運用のなかでも、私が興味を持ち実践しているのが株式投資投資信託による投資です。初めて手を付けたのが、少額からでも投資ができる投資信託でした。

投資信託に絞って話をすると、最低投資額は500円からでも毎月積み立てていけるというのが魅力。

最低投資金額は証券会社によって違いますが、松井証券の『投信工房』を活用すれば、500円から可能。

お金は4つに分けておこう

投資の前に、今あるお金を4つに区分するのがいいですね。

●生活費

●使用用途が分かっている資金(3年以内に使う住宅資金など)

●緊急資金(生活費の6か月分~)

●使う予定のない資金

このうち、使う予定のない資金を投資に振り分けるのがリスクヘッジにもなります。

毎月の貯金のうち30%などという具合に割合で決めておくと投資しやすいですね。

人にもよりますが、生活費の6か月から1年分くらいのいつでも使える貯金が用意できれば、投資をしてお金を増やす取り組みをするといいですね。

我が家は、貯金が200万円くらい貯まった段階で毎月の貯金から投資にも一部振り分けていました。最初は、月1000円とか、2000円とかそれくらいの金額です。

たったそれだけでも、経済動向に驚くほど興味を持つようになったので、これだけでも効果がありましたね。

積立投資がしやすい「投資信託」

投資は心理的恐怖がとってもあります。

「値下がりしたときはどうしよう?」というのが一番ですが、値上がりするリターンがあるものは、必ず値下がりするリスクがあるものです。

預金と違うことを認識するのに抵抗はありますが、そんなもんだと思っちゃうことも大事です。

私も投資信託を始めた頃は、値下がること自体嫌な気持ちをもっていましたが、自然と慣れて、値動きをする資産だからこそ値上がり期待があるんだと思えるようになりました。

また、積立投資であれば値動きを気にすることなく、投資を続けられるというメリットがあります。

どんな商品を選べばいいのか

ロボアドバイザーを活用する

松井証券 ロボットアドバイザー

投資信託は、数千本という膨大な数の商品があるので、正直「何を選んだらいいのか分からない」というのが本音のところです。

最近は、「Ai」「フィンテック」という用語を聞いたことがあるかと思いますが、ロボアドバイザーによる投資診断や商品選定ができるようになっています。

投資は自分の心理を知っておくこと、値下がりするときに冷静に見ることができるのか、慌てて売ってしまうのか、心理はとても影響してきます。

いくつかの質問で、客観的に判断してくれるのがロボアドバイザーです。試してみたなかでは、松井証券がシンプルで一番わかりやすかったです。

なにより、投資家のコストである信託報酬が安い商品を中心に選んでくれるところがいいですね。手数料を稼ぐという金融機関の使命なので、それを否定するつもりはありません。

買う側の私たちにとっては、安いほうがいいわけで、安くてリターンが得らえるものがいいわけでして、そうした信託報酬の安いインデックス投信を中心にセレクトしてくれるのが松井証券の『投信工房』です。

松井証券

Pickup! 資産を増やす投資の手助けになる、ロボ・アドバイザーを比較してみた。

独立系ファンドを見てみる

ひふみ投信

インデックスファンドは、コストも安くて、長く続けていくには最適なファンドです。

一方、インデックスファンドのように市場平均を上回るリターンを求めるのが、アクティブファンド。アクティブファンドは、信託報酬がインデックスファンドに比べて高いこともあり、インデックスファンドのリターンに勝てないファンドも数多いことは事実。

市場平均よりも高いリターンを出しているファンドもあります。我が家も、ひふみ投信セゾン投信セゾン資産形成の達人ファンドに投資をしていますが、投資方針が明確で、分かりやすく、応援したい!と思って続けています。

こうしたファンドも一つは注目ですね。

Pickup! 初めての投資信託。長い期間の積立なら株式型のリターンが良いみたい。

 お金に働いてもらう!

新聞 投資

ギューン!と値上がりする期待はできませんが、のんびりカメさんのように投資して増やしていけるのがインデックス投信です。

ディフェンシブな投資をすれば、盛り上がっている、あるいはこれから盛り上がるであろう分野でのチャンスを見逃す可能性がある。投資家はバッターボックスでバットを担いだまま、ずっと球を見送りつづけることになりかねない。

ほかの投資家に比べてホームランの数も少ないかもしれない。

一方で、三振や併殺による攻撃終了を記録する回数も少なくて済むだろう。

年齢が上がるにつれて、三振や併殺による攻撃終了は避けなければなりません。稼いで取り戻す時間が短くなっていますからね。

教育費や老後資金を貯めていくにも、長い時間をかけることができるもの。明日、明後日に必要なお金ではありません。

そうした、「時間」を味方にできるメリットを活かせるのは、ベターな選択とも言えますね。

どんな商品を選んだらいいの?と迷ったら、一度、松井証券の投信工房を利用してみてください。無料で使えちゃいますよ。

≫ 松井証券の『投信工房』

早く始めるに越したことはありませんが、焦って、コストの高い商品を選ぶよりも、コストの安く、市場平均のパフォーマンス結果を得られるインデックス投信を積み立てるのもいいですね。

アメリカの 米国S&P500のように、銘柄の入れ替えが頻繁で、長期的に資産が増えているのでこうしたところを投資対象としているインデックスファンドがおすすめです。

一方、日本株(日経225)などは長期的には、右肩上がりで増えているとは言えないので、慎重な判断が求められそうです。

独立系のファンドに興味を持った方は、資料請求をしてみてくださいね。

≫ ひふみ投信を見てみる

≫ セゾン投信を見てみる

お金を増やす取り組み。それが、資産運用。大事なことは、続けていくこと。大きなダメージ(損失)を出さずに、適度に投資していくのがいいですね。

30代の私たちは、稼ぐことと同時に将来への備えを意識する年代です。サラリーマンの最大の利点は、時間を味方にできること。

証券会社のファンドマネージャーのように、決算に合わせて、利益を求めらることはありません。

年度末で、飲み会続きで話を聞いていると、意外と投資をしている人は少ない。労働収入だけではない収入の仕組みづくりは、早く手にしたものが強いですね。

ではでは。