株価が下がったときこそ動じない!落ちるナイフを拾うからこそ利益が得られる。

niekverlaan / Pixabay
niekverlaan / Pixabay

日経平均株価が年初から5日連続で下がっています。これはなんと戦後初の出来事だそうです。すごいことですね。中国などの外部要因もありますが、これだけ下げがきついのも久しぶりです。

今の心境は、チャンス到来!って感じです。下がっているのに何言っているの?と、思われるかもしれませんが、下落相場こそチャンスが落ちています。

株は美人投票の側面もあるので、上がっている時は買いやすい心理にはなりますが、リターンを得るのが難しくなりますからね。

こういう下落相場こそ、コツコツ積立投資ができる投資信託や、配当利回りの高い企業に投資していくべきだと思います。

スポンサーリンク

中国のサーキットブレーカーが1週間で2回も

今年から導入された中国のサーキットブレーカー。これは、下落がきつい場合に取引を中止するというもの。7日はわずか30分で市場の取引が中止されました。それだけ下げがきつかったということですね。8日はこのサーキットブレーカー止めます!って言うんだから、中国もてんやわんやになっていますね。

こんなに株価が下がっているというのに意外と平常心です。下げは慣れっこ。というか、チャンス。下げた時こそが利益を得るための唯一のチャンスだとさえ思っています。

セゾン投信への買い増しを実行

セゾン投信資産形成

ということで、セゾン投信への買い増しを実行しました。セゾン投信は、大人気の投資信託のひとつです。特に、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、株式と債券をバランスよく投資する商品で人気を博しています。

この暴落でもあまり基準価格が減っていないのは、株価が下がると債券が上がって、損失を小さくしているからでしょう。

私が好きなのは、日本を含む世界の株式ファンドに投資するセゾン資産形成の達人ファンドです。今回もこちらに追加投資しました。

セゾン投信

と言っても1万円だけですけどね。

セゾン投信

1度にドカンと購入するよりも(そんな資金もないけど)、買い時を分散して購入するほうがリスク分散になりますので、ちょっとずつ買っています。

セゾン投信

セゾン資産形成の達人ファンドは、R&Iファンド大賞を2年連続で受賞しています。個人的にも信託報酬は高いのですが、好きなファンドなので投資をしています。

配当利回りの高い銘柄に投資

今の定期預金は0.2%程度と雀の涙ほどの金利しかつきません。株式投資のうち、配当利回り平均は1.6%程度ですが、配当利回りの高い企業もあります。

例えば、誰もが知っているキヤノンは4%を超えている高配当銘柄。キャッシュも豊富に有していますし、プリンターや一眼レフカメラで高いシェアを誇っている超優良企業ですね。電力自由化に伴い、子会社が電気も売り始めるようです。

最近、私が気になっているのが国際計測器という会社です。あまり聞いたことがないとは思いますが、配当利回りは4%を超えていて、自動車に欠かせないバランシングマシンという部品で高いシェアを誇る会社です。株価下落でも株価が好調なので、もうちょっと下がってほしいところです。

個人的には、丸三証券の配当利回りも高いので、100株ほど買おうかなと思っています。

証券口座は開設しておこう

お金を増やしていくには、株式投資の活用は不可欠です。と言っても、下落リスクもありますので、分散投資がベターです。大きく儲けようと思ってもなかなかうまくいくものでもありませんからね。

証券口座を開設するならば、手数料の安い大手ネット証券のいずれかがいいです。

SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券カブドットコム証券が大手ネット証券5社と呼ばれています。

公式  楽天証券で口座を開設してみる

カブドットコム証券は、株式手数料キャッシュバックキャンペーンを実施しているので、口座を開設するならば今がいいチャンスです。

カブドットコム証券は、主要ネット証券のなかでも、最も手数料が安い証券会社なので、無駄なコストを払う必要はありません。

手数料もちりも積もればなんとやらで、長く投資をしていくのであれば、気にしたいところです。

投資は感情に左右されないように

私は過去投資で失敗しています。その時の要因は、感情に左右されたこと。

株価を見ると、感情が揺さぶられます。下がる相場を見続けるとどんどん恐くなって、損を覚悟で売ったこともあります。でも、冷静になれば下落相場は当たり前なんです。保有し続ければ損をしなくて済んだ経験は数知れず・・。

なので、今は忍耐強い気持ちを持ち続けることを自分に課しています。

証券会社を複数持つと管理が煩雑になりますが、マネーフォワードだと一括管理できて便利ですよ。また、資産管理ツールのマネーフォワードでは、資産の状況をグラフ化してくれます。

マネーフォワード

下がっても、持ち続ければいずれ回復することもあります。

大事なことは、繰り返しになりますが、忍耐強く持ち続けることができる投資かどうか。

すぐに売りたくなるのであれば、そもそも投資なんてしなかったらいいんです。私が投資しているセゾン投信などやインデックスファンドなどの投資信託は、ドルコスト平均法を実践しやすい投資商品です。初めての投資であれば、まず一番手軽に始められる投資です。

私も7年前に初めて投資をしたのが、このセゾン投信でした。

今のような下落相場は恐い!って思いますが、逆の発想です。チャンスなんですよね。

だって、安く買えるわけですから。株のバーゲンセールをやっていると思えるような心境です。こんな心境になるまでには時間を要していますが。

初めての証券会社の口座開設は、セゾン投信や主要ネット証券会社がいいです。私はどれが一番いいのか分からなかったので、とりあえず全部口座開設しましたけど。

いつまで下がるか分かりません。でも、安いと思ったときにコツコツ買っておく。一気に投資をせず、現金を残しつつ投資と向き合っていきます。

ぐっすり寝ることができる投資。

私が心掛けていることです。株価が気になって、安心して寝られないなんて嫌ですからね。

これからも投資はやり続けていきます。

ゆうちょ銀行やかんぽ生命が年初来安値を付けていますが、配当利回りは上がっているので、ぼちぼちチャンスかなと思っています。

郵政3社新規上場!ゆうちょ銀行・配当利回り3.45%、かんぽ生命3.10%らしいのでぜひとも欲しいです
【この記事は、郵政3社の上場について書いたもので、8万人以上の方に読まれた記事です。その後も読んでいただく方が多いので、上場後の動向も追加しています。】 11月4日に新規上場する...

では。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. しらいゆうき より:

    >今の心境は、チャンス到来!

    さすがですね(@_@;)

    元日に48万の含み益があったFX・CFDが現在56万のビハインド(-_-;)

    ここまで下がるとは想定外。

    ポジションも一気に増えています。

    現物株もどんどん買い増ししていますが、ちょっと資金不足です(-_-;)

    • ジン より:

      しらいさん
      48万の含み益はすごいですね。こんなに下がるとは思いもしませんでしたが、私も金曜日に50万円ほど投資を実行しました。
      まだ底値じゃないとは思いますが、長い目で見れば安い時期に買えたのではないかな、と思います。
      私も同じように資金不足・・・。