株価がグングン上がってる!持たざるリスクを意識すると損をする

By: Allan Ajifo

ジンです。

あなたは株式投資をされていますか。

2月19日に日経平均株価が終値で1万8,000円を超えて、なんと15年ぶりの高い値段をつけたようです。15年ぶりですよ。

こんなに株価が上がっているのならば、株式投資でも始めてみようかなって考えていると、実はそれは大きなリスクを抱えることになるかもしれません。

乗り遅れまい!と株式投資をした結果は・・・?

By: Allan Ajifo

スポンサーリンク

日経平均株価は15年ぶりの高値

日経平均株価

出所:SBI証券

15年前にはITバブルがあったころですね。2000年5月です。はい、全然記憶にありません。まだ二十歳やそこらのクソガキでしたから、株式投資なんていうものは全然しておりません。アルバイトと学生生活に明け暮れる毎日でした。

確かヤフーが1億円超えたみたいな会話をしていた記憶があります。

15年前に株式投資をして、そのあと買い増しもせずにずーーーと保有していたらようやく損がなくなったということですね。長いよーー。

では、これからも株価は上がっていくと思って買いにいきますか?

それ、持たざるリスクを意識

しているかもしれません。株式投資では「持たざるリスク」の気持ちが芽生えたときに損が生まれやすくなりますよ。

持たざるリスクとは?

「いま買わないと、持たざるリスクを負うことになる」

この気持ちはとてもやっかいです。特にどんどん株価が上がっているときに、相場を眺めていると「まだまだ上がる。もっと上がる。いま買わないと損をする。」こんな気持ちが膨らんできます。それでも、まだ躊躇しスパッと行動できないでうじうじし、さらに株価が上がっていくと「やっぱり上がっている。もう買おう。」ってなんて買い注文を出す・・・・。

このように、今回のような株式相場に追い風が吹いているときに、

今買わないと損だ!

ってこの感情が生まれたら黄信号です。いや、赤信号かも。

これが「持たざるリスク」を意識しているってことです。

持たざるリスクに踊らされるな

By: Larry Lamsa

持たざるリスクによって芽生えた気持ちで、株式相場に入ってしまうと痛い目にあってしまいます。

わたしはリーマンショックのときにちょうど株式投資に興味を持って始めたわけです(今振り返ると最高のタイミングですね)。そのときは、インデックス投信のセゾン投信で投資信託から始めたわけです。

インデックス投信の場合、2倍3倍!!って短期間でなることはありませんが、コツコツ積立投資をしていれば今回のように相場全体の恩恵もきっちりと受けることができます。

また、株式投資でも値動きは荒くなくても優良企業を安値で購入してドッシリ構えていれば上昇相場の恩恵を受けることができます。

順調よく資産が増えていたのですが、そこで欲が出ました。

もっと儲けたい!!

これがイケナイ気持ちでした。全然カッコ悪い行動を起こすことになったのです。

今回のアベノミクスが始まった2013年には株価が短期間で何倍にもなる銘柄がたくさん出ました。普段絶対に手を出さない銘柄たちです。

ちょっと買ってみようか・・・。おっ、利益が出た。またちょっと・・・・。まだまだ上がる。今買っておこう。

結果。

惨敗。

今でも多額の含み損を抱える始末です。

株式投資は自身の心理をきっちりと知っておく必要があります。

みんな買っているからそれいけ!買おう!!って気持ちは、心理学ではハーディング現象というようです。群衆心理行動ですね。

もうそれは自分の考えや心理で行動していません。他人と同じ行動をしてしまっているときには得てして良い結果は生まれない。

100万円損することは簡単だけど100万円増やすことは難しいよね
ジンです。 今週あたりが冬のボーナス支給日の方が多いでしょうか。今年の冬のボーナス平均支給額は58.5万円と昨年よりも増加していますね。また、このところは日経平均株価もうなぎ...

上げ相場に乗り遅れてもまた来る

上げ相場を逃しても、上げ相場って何回もきます。株価なんて上がったり下がったりするのですからね。この上げ相場は今回しかない!!って思った時は、そっとパソコンを閉じましょう。株価を見るのをやめましょう。

株式投資は資産形成の大事は柱だと思っています。退場することは考えていません。市場に居座り続ける根性こそがリターンを生むと思います。

市場に居座り続けるためには、どんな銘柄がいいか?投資信託がいいか?の前に自分の心理をきちんと知っておく必要があります。株価がどんどんあがったときにどんな心理でどんな行動をとるのか?また、逆の場合でどんどん下がっているときにどんな心理でどんな行動をとるのか?

これは経験しないと分からない

ことです。経験するためには、小さな金額で投資を始めて経験したことをきちんと記録を取るといいと思います。決していきなり大きな金額で投資をしないことが肝心です。

マネーゲームには参加しないこと。それは投資ではなく、投機です。ギャンブルです。

スカイマークが民事再生で破産!上場廃止で保有株はどうなるの?
【追記】スカイマークの動向について書きました。昨年(2014)年は、上場会社の破産が何年かぶりになかった年でしたが、今年(2015)は早々に出ましたね。 国内航空会社第3位のスカイ...

投資は長期投資に切り替え

長期投資で始めたころの記録を読み返して、今はどっしり構えているつもりです。

セゾン投信などのインデックス投信を利用したりするのもどっしり構える一手ですね。

誤った行動は反省して次に活かす。どんな経験も次につなげる。

投資は自分との心理戦。自分との闘いです。でも、人間の気持ちは弱いので、踏みとどまる仕組みや気持ちの持ち方を知ることが必要だなって思います。

日経平均株価が15年ぶり高値。あら、そう。そんな感じです。今は割安な企業を見つけにくいから違うことを勉強しておこう。そんな気持ちです。

焦って市場に参加することはしません。負け惜しみかもしれませんが、自分の心理を知ったからこその行動です。

株式投資に対する自分の心理を知ったからこそ、将来の暴落相場で果敢に攻めていくことができると思います。今はそのための準備資金をただただコツコツ貯めていくだけです。

あなたは今回の相場でどんな行動をとりますか。

自分の心理を知るいい機会ですね。

でわ。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. さすがに冷静な判断をされていますね。

    >今買わないと損だ

    株ではないですがFXではしょっちゅうやってます。
    ごく最近では今年の1月に(最近過ぎ)

    まだ、「投機」のFXではレバがかかっているので、高く掴んでも損切りして下で拾って利益を回復することが可能ですが、現物では難しいですね。

    現在、私が参戦または参戦予定の日本株・米国株・英国株はどんどん上がっています。

    ここまで上がるとちょっと買いにくいですね。

    確定拠出年金の積み立て投信も外国株20パーセント、国内外債権80パーセントを外国株を10パーセントに減らし、債権を90パーセントに増やしました。

    これだけ上がってくるようだと、株式を増やす人のほうが多いかもしれませんが、私はあえて、株式を減らし暴落に備えました。

    ギリシャ問題も本番はこれから、中国の株価バブルもいつまで続くかわからないです。

    • ジン より:

      しらいさん

      しらいさんはFXの知識も株の知識も豊富なので、おまけに情勢にもお詳しいですし、羨ましいです。
      私は最近、割安株というより『下がった時に買う株』を探してます。今は参戦しないかなぁて思ってます。

      長期保有。それが一番だと思ってます。