当選すれば10万円は儲かるか!?自動運転の大本命ZMPが新規上場!

ZMP IPO

気がづけば12月。トランプ相場で、株高が演出されていますね。しばらくこの流れは続くのではないかと勝手に思っています。

これに乗り遅れてはいけない、と思いつつも、ここは冷静にと思い、何もしていません。2歳の息子からは「もう乗り遅れているよ~」ってきつい一言も頂いていますので、動けていません。

そんななか、新規上場(IPO)のなかで、自動運転の大本命とも言われるZMPがついに上場します。個人情報漏えいのニュースが流れ、業績に影響を与えそうですが、長期的に見て投資したい案件です。

LINEJR九州と、今年は話題の新規上場がありましたね。IPOは、コツコツ申し込んでいますが、今年は当選という文字を見ていませんので、今度こそはぜひとも当選してほしいですね。

スポンサーリンク

新規上場!ZMPが超人気

上場日は12月9日です。

主幹事であるSMBC日興証券から申し込んでみましたが、

3万番台・・・・!!

ZMP IPO

に、人気過ぎるでしょ。

12月8日までブックビルディング期間(申し込みたい!と手を挙げる期間)まで時間があるというのに、すんごいですね。

マネックス証券でも申し込んで見ましたが、1万番台とすごい人気。

ZMP IPO

すでに、狭き門となっています。

IPO案件に申込をするときに、参考にしているサイト(96ut.com)では、Sランクと人気ぶりが分かります。

ZMPってなんの会社なの?

ZMP IPO

ZMPは、総合ロボット会社を目指している企業。

特に、自動運転が話題となっていますが、ZMPはそんな自動運転技術を有する企業です。

2015年5月にZMPは、弊社が開発する自動運転技術やノウハウを活用し旅客運送事業や関連したコンサルティング・ソリューションの提供を目的とし、株式会社DeNAとの合弁でロボットタクシー株式会社を設立しました。(ロボットタクシー設立の想い)ここで主にDeNAはインターネットサービスに関する技術開発を、ZMPは自動運転技術開発を担い、ロボットタクシー実現に向け動き出しました。 引用-ZMPホームページ

私は、注目している人も多いですが、自動運転技術を持つ企業への投資をしたいと考えています。

どんどん実用化が進んでいるなか、まさに次世代の技術であり、今後必要になってくる技術ですよね。

先日、モルフォという画像認識の技術を持つ会社にも投資をしたんですが、この会社はデンソーと提携し、自動運転の実現に向けて、技術を磨いているんです。

ZMPも自動運転を主に、ロボット技術を磨いている企業ですね。

ZMP IPO

「人が運転するあらゆる機会を自動化し、安全で、楽しく、便利なライフスタイルを創造する」

これがZMPが掲げる企業理念に掲げ、自動運転の実現に向けて日夜がんばっている企業です。

ZMP IPO

業績はどうなの?

ZMP IPO

順調に伸びてきていますが、ここ2年は赤字に転落しています。

けど、私はあまり心配していません。現在、自己資本比率は80%を超え、財務は盤石であると言えます。

公募価格は大幅アップに!

想定公開価格760円に対して、公募価格は1,040円が上限と事前予想より36%も上がりました。それだけ人気が高まっているということですね。

ZMPのこの12月期の連結純損益は3億1,300万円の赤字(前期は5,900万円の赤字)が見込まれていますね。

赤字企業をどう評価していくのか、というのが疑問点が残っています。しかし、公開価格の2.3倍をつけたサイバーダインも同様に赤字企業でした。

赤字=人気がない、ではなく、個別案件で具体的に中身を見ていくのが必要ですよね。

新規上場は利益を上げやすい

ZMPは、その株主名簿にJVCケンウッド、コマツ、ソニー子会社など、大手も名を揃えていますね。

大手企業も注目する技術がZMPにはありますね。

公開価格は上限いっぱいでつくでしょうから、2倍以上は上がるのではないかと思います。

ということで、たくさん申し込みました!

今年もいよいよ最後の月ですね。

80社以上上場し、勝率80%のIPO案件。そして、これだけ人気企業となれば、初値は大きく上がってくれるものでしょう。

最後にご祝儀で当選してほしいものですね。新規上場案件は、リスクも低くリターンも大きいことから人気なんですが、なかなか当選しません。なので、私のような弱小投資家は、コツコツ複数の証券会社から申し込むのが必要ですね。

自分が投資した会社が成長し、市場を作り、自分の懐も温めてくれると最高ですね。思いを込めながら、申し込みをしてみました。

申込会社、まずは申し込みが必要

私が申し込んだのは、SMBC日興証券のほかに、

➡ SBI証

➡ マネックス証券

➡ 岡三オンライン証券

お金をかけずに、IPO申し込みをやってみたい!という方は、証拠金不要でIPOへの申し込みができる岡三オンライン証券がベストですよ!

岡三オンライン証券の口座を開設してみる

ZMPの初値は、いったいいくらをつけるのか、私の当選の有無にかかわらず、今から楽しみです。

ではでは。

※投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. らいむ より:

    久々に覗かせていただきましたが、やっぱり面白い記事が多くて、早速IPOとモンベルのふるさと納税乗っかってしまいました( ̄▽ ̄)
    共働き育児で子供が小さいうちはなかなか調べたりする時間がないので、お気に入りのブロガーさんの記事は気になったら乗っかってみることにしてます。
    JINさんの投資や日々の暮らしtipsは等身大でちょっぴり楽しくて大好きです。
    これからも愛読させてもらいます⭐️

    • ジン より:

      らいむ 様
      いつもありがとうございます。
      IPOの件、お互い当選するといいですねっ!今年最後の大物かと思っています。
      モンベルもされたんですねっ!我が家にもポイントが届きました。
      とっても嬉しい言葉をかけて頂き、とっても舞い上がってしまいます。
      これからも、そうした記事を積み重ねていきたいですね。
      よろしくお願いいたします。