還元率1.75%→1.5%に改悪!漢方スタイルクラブカードもREXカードも下がります

悲しいお知らせです。高還元率のクレジットカードである「漢方スタイルクラブカード」と「REXカード」の還元率が揃って下がります。

2015年12月から還元率は1.75%から1.5%になりました。

我が家は漢方スタイルクラブカードを利用していたのでその改定内容と、代替で考えておきたい高還元率のクレジットカードについて、まとめます。

これからクレジットカードを作る方は、参考にしてみてください。

漢方スタイルクラブカードカードの新規受付が停止のお知らせ
2017年4月30日をもって新規受付停止になりました。
公式サイトより
今後は現金値引きに使えるのは、REXカード(還元率1.5%)になりますね。2017年10月より1.25%になります。

スポンサーリンク

漢方スタイルクラブカードのサービス改定内容

ジャックス 漢方スタイル-min

漢方スタイルクラブカードは、6月に実施したnanacoチャージ改悪(1.75%⇒0.25%)に引き続いて、すべての還元率も下がります。

nanacoチャージへの改悪内容については、詳しくはこちらに書いていますので、ぜひ読んでください。

もういろんな方が書いているのでいまさらですが、愛用している漢方スタイルクラブカードがnanacoチャージの際のポイント付与率を改悪しました。 現在の2,000円あたり7ポイント(...

今回、nanacoチャージの還元率は0.25%のままです。

2015年12月から1.5%の還元率に

漢方スタイルクラブカードは、利用金額(月間)2,000円(税込)ごとに7ポイント貯まるのですが、それが12月から6ポイントに下がります。

  • 2015年11月まで(2,000円ごと7ポイント)(還元率1.75%)
  • 2015年12月から(2,000円ごと6ポイント)(還元率1.5%

0.25%も下がることになりますね。

ちなみにリボ払いは同じ金額で9ポイント(2.25%)から8ポイント(2%)に下がります。リボ払いは、ポイント率が高くても余計な手数料を払わないといけないので利用しないでおきましょう。

ボーナスポイントも改悪に!こちらは2016年2月以降です。

漢方スタイルクラブカードは、年間利用ポイントに応じてボーナスポイントがもらえます。

こちらについても引き下げられてしまいました。

ボーナスポイントは、年間利用金額に応じて2パターンあります。

改定(1) ボーナスポイント 250ポイント

  • (改定前)
  • 年間ポイント2,000~3,499
  • 250ボーナスポイント(250P×5=1,250円分)
  • 概ね57万円から100万円未満の利用が必要

それが、

  • (改定後)
  • 年間ポイント2,000~3,499
  • 250ボーナスポイント(250P×5=1,250円分)
  • 概ね67万円から117万円未満の利用が必要

になります。還元率が1.75%から1.5%に下がるので、ボーナスポイント自体は変わらないですが、より多く利用しないとボーナスポイントをもらえなくなりましたね。

改定(2) ボーナスポイント 500ポイント ⇒ 350ポイント

  • (改定前)
  • 年間ポイント3,500ポイント以上
  • 500ボーナスポイント(500P×5=2,500円分)
  • 概ね100万円以上の利用が必要

それが、

  • 350ボーナスポイント(350P×5=1,750円分
  • 概ね117万円以上の利用が必要

になります。こちらも、還元率が1.75%から1.5%に下がるので、利用金額のハードルが上がりました。しかも、ボーナスポイント自体も下がりましたので、750円下がります。

ボーナスポイントの改定は、2016年2月以降となるみたいですね。

REXカードとの比較(年間利用を考えるとREXカード)

同じくREXカードも還元率は下がっています。REXカードは年会費が2,500円、漢方スタイルクラブカードが1,500円(いずれも税抜)かかるのですが、REXカードの場合、年間50万円以上で年会費が無料になるんですよね。

そのため、年間利用額が100万円くらいまではREXカードが有利。我が家は年間100万円くらいの利用額予想ですので、ボーナスポイントがある分漢方スタイルクラブカードのほうが有利だったわけです。

改定前の比較表です。

年支払額(円) 月支払額(円) REXカード 漢方スタイルクラブカード
100,000 8,333 -0.95% 0.13%
200,000 16,667 0.40% 0.94%
300,000 25,000 0.85% 1.21%
400,000 33,333 1.08% 1.35%
500,000 41,667 1.75% 1.43%
600,000 50,000 1.75% 1.48%
700,000 58,333 1.75% 1.70%
800,000 66,667 1.75% 1.70%
900,000 75,000 1.75% 1.71%
1,000,000 83,333 1.75% 1.84%
1,100,000 91,667 1.75% 1.83%

それが、今回のポイント改定によって、状況が変わりました。

年会費が無料になるREXカードのほうが若干有利になってしまいましたね。

改定後の比較表です。

年支払額(円) 月支払額(円) REXカード 漢方スタイルクラブカード
100,000 8,333 -1.20% -0.12%
200,000 16,667 0.15% 0.69%
300,000 25,000 0.60% 0.96%
400,000 33,333 0.83% 1.10%
500,000 41,667 1.50% 1.18%
600,000 50,000 1.50% 1.23%
700,000 58,333 1.50% 1.45%
800,000 66,667 1.50% 1.45%
900,000 75,000 1.50% 1.46%
1,000,000 83,333 1.50% 1.46%
1,100,000 91,667 1.50% 1.47%
1,200,000 100,000 1.50% 1.51%

年間100万円程度だと漢方スタイルクラブカードよりREXカードのほうが若干有利です。

REXカードの詳細は、以前こちらにまとめていますので、合わせて読んでみてください。

クレジットカードのポイントってなかなか貯まらないし、貯まったポイントの使い道に困るわぁーってことはないですか? そんなときに、キャッシュバックしてくれるポイント制度だと、何に使おう...

ジャックスカードはなぜ改定したのか?

nanacoチャージの改悪に引き続き、今回のサービス改定。ジャックスカードは、高還元率カードが多くて人気もあったと思いますが、還元率が高ければ高いほど、利益に結びつくくなるのは当然のこと。

ジャックスの決算内容(’15年3月期)を見てみました。

もしかして、赤字??

かな、と思いまして。

クレジットカード事業は、ショッピングとキャッシングと2つに分かれていますね。

ジャックス

クレカのショッピング事業は、なんと・・・

順調じゃねーか!

続いて、キャッシングを見てみると、

ジャックス2

これか!!

キャッシング部門はかなり下がっていますね。クレカ事業自体は、ショッピングが好調なので全体としては前年度よりも上がっているけど、キャッシングの下がり方に危機感を覚えているのでしょうか。

会員数も見てみた。

ジャックス3

これが一番の原因か!

新規会員数は増えているけど、やめる人が多いのか在籍会員数がどんどん減っています。

新規会員数がぐんと伸びているので、それ以上にやめられていますね。きっと、これですな。

ジャックスは、会員数の減少に危機感を覚えているんだと思います(推測)。会員数が減ればいずれ好調なショッピングにも影響がでるでしょう。その前に、ポイント還元率を下げてきたのかな。

クレジットカードはどれがいい?

我が家は、リクルートカード(VISA)をサブカードとして作りました。年会費が無料で還元率は1.2%と高いですしね。

ポンパレモールといってリクルートがAmazonみたいなサイトを作っているのでそちらでのポイント利用もできます。

ネットショップでは主にAmazonか楽天市場を使っているのですが、最近、リクルートが運営しているポンパレモールも利用を始めました。 というのは、リクルートカードを作ったことでリク...

ただ、漢方スタイルクラブカードもREXカードも還元率が改悪されたとはいえ還元率1.5%は十分に高い数字です。なにより、電気代や保険料など固定費の支払いに充てていれば、変更するのが面倒くさいです。その手間を考えれば、まだまだ利用してもいいと思っています。

Jデポはやっぱり便利ですしね。漢方スタイルクラブカードやREXカードの魅力は、Jデポという現金還元があること。ポイントの利用方法で頭を悩ます必要がありませんね。

それでも、還元率が下がったことで今までよりはお得度が減ることは事実。

これを機にクレジットカードを変更する場合は、


  • リクルートカード (還元率1.2%)年会費無料
  • 楽天カード (還元率1.0%)年会費無料 ※JCBブランドがnanacoチャージ可
  • JCB EIT (還元率1.0%)年会費無料 ※海外旅行保険が自動付帯
  • dカード (還元率1.0%)年会費利用ありで無料 ※iD利用でポイント2倍

が候補になります。

今後もクレジットカードのポイント改定はあるでしょうから、複数のクレジットカードを保有してリスクヘッジはしておくといいですよ。

楽天・Yahoo!・dポイントがねらい目

やはりなんだかんだいってポイントが使いやすい楽天カードYahoo! JAPANカードです。

カード作成時にポイントもたくさんもらえますし、家計の節約に直結するカードの王道です。

公式 楽天カード

公式 Yahoo! JAPANカード

また、最近できたdカードのdポイントも注目が高いです。

もともとドコモがドコモユーザー向けに発行していたクレジットカード「dcmx」が変更になってできたカードです。変更によりドコモユーザー以外でも作ることができるようになりました。

dポイントという新たな制度ができたので、カード還元率1%とdポイント1%でiD対応店舗では2%貯まります

また、ローソンではdカード(dカード GOLD)利用で3%OFFになります。

dポイントはPontaとも交換できるのでリクルートカードプラス(※発行中止)よりは、dカードdカード GOLD)のほうが家計の節約につながります。

今ならデビューキャンペーンをしているので、作るにはいい機会ですね。我が家も早速作りました。

公式 dカード

関連記事 Pontaとの交換もできる「ドコモのdポイント」が始まるよ。DCMXもdカードと生まれ変わってより便利に。

コメント

  1. 通りすがり より:

    リーダーズカード→REX CARDと使ってきましたが、改悪の知らせで乗換候補があるかネット検索してました。
    何故改悪したのか等、他のサイトに書かれていない推測をデータを元に書かれていて面白いですね。またよらせてもらいます。

    • ジン より:

      ありがとうございます。似たような記事が多いので、別の視点が必要だと思って書きました。これからもよろしくお願いします。