2017年ボーナスのホントの使い方。貯金をしっかりするから、思いっ切り使える。

ボーナス

日本経済団体連合会が発表した2017円夏季のボーナス平均額は、91万7906円と前年比4.56%減と、前年を下回るのが5年ぶりの結果となっています。

90万円ももらえるだけうらやましいと思いますが、この時期はボーナスがもらえる時期でもありますね。

公務員は6月30日、民間は6月下旬から7月上旬が支給日です。

ボーナスの使い道は決まりましたでしょうか。

年に2回しかないボーナス。私は、やっぱりこのチャンスを活かして、貯金をすることが大事だと思っています。

それは、スパッッお金を使うために必要なことなんだと思います。

スポンサーリンク

貯金をガッツリできるとき

ボーナスの使い道は、毎年ダントツトップで「貯金」です。

毎月の赤字を補てんするという意味あいもあるかもしれませんが、ボーナスだからこそ自分にご褒美を買う・・・というのもいいですが、

しっかりと貯金もする

というのが、やっぱり大事です。

やはり年に2回しかない、まとまった金額を受け取れる機会です。

この機会を活かさず、いつ貯金をするのかと思うくらいでちょうどいいのかもしれません。

貯金だけもおもしろくないので、心とのバランスも必要です。

我が家は、夏・冬問わずに、ボーナス支給額の7割相当を貯金というなんとなくルールがあります。

夏のボーナスだけ見ると、2009年以降の推移では、79%が平均貯金率です。

2017夏ボーナス

振り返ると、冬よりも夏のほうが貯金にまわす率は高かったですね。

年間貯金額を加速度的にあげていく時期でもあります。

貯金率は高くても、金額は高くないときもあります。ボーナスの金額によって、変動するので、金額ベースでの目標ではなく、貯金率を目安にするほうがぶれなくていいと思います。

2017夏ボーナス2

今年の夏のボーナスは、来年より微増と勝手に推測していますが、支出を増やす予定なので、貯金額は減りそうです。

とはいえ、買い物もしたい

とはいえですよ。

貯金ばかりじゃ、年に2回しかないボーナス。毎月の消費と同じじゃメリハリがなくて、なんだかつまんない。

ボーナスのときくらい、気持ちがウキウキなって買い物をしたいというのも人情というものです。

貯金をある程度したあとは、できるだけ自由に使う!

もっと貯金できてたかも・・とかは考えない!

思い切って使ってしまう!ってのが、いいですね。

そのためにも、毎月の赤字補てんとならないように、毎月の家計って大事だと思います。

赤字補てんから始めると、その切り崩しのためにボーナスを使ってしまい、結局使えるお金が減ってしまいますからね。

夫婦で話し合うボーナスの使い道

話し合って決めるのが一番ですが、我が家の場合は毎年、「これだけ貯金するから、おこづかいはこれくらいでいい?」と聞いて、ほぼそれが通ります。

どんな方法がいいかは、家族それぞれですが、

お互いのボーナスの金額を見せ合い、

ボーナスの金額の多寡にかかわらず、平等にお小遣いを出す

というのは大事だと思います。

仕事内容によって、当然、ボーナスの金額が変わってきますが、家事や育児などのことも踏まえて、あくまで平等に。

どちらかというママ多めにするが、平和を生むw

ボーナスの使い道2017

ボーナス

買い物はミラーレス一眼レフ

さて、今回のボーナスの買い物。ボーナスの機会に、買うものを前々から決めていました。

こんな機会じゃないと買えない!と思って待ちに待ったボーナス。

その使い道は、

新しいミラーレス一眼!

参考  ミラーレス一眼の買い替え候補。ルミックス?ソニー?PEN?どこを選べばいい?

PanasonicのルミックスやオリンパスのPEN、ソニーなどをいろいろ見て回って、ルミックスに傾きながらも、結局ソニーのミラーレス一眼を買うことに。

今までのミラーレス一眼では、Wi-Fi機能がついていなかったので、今回のはWi-Fi標準装備。ということで、パソコンやスマートフォンにつなぐときに、いちいちコードを差し込んでデータを取り込むという手間がなくなります。

ということで、ボーナスが支給されたら早速買いに行きたいと思います。

買いました!最高に使いやすいです!

買い物ミラーレス一眼レフカメラIMG_5549-min

買い物ミラーレス一眼レフカメラIMG_5549-min

ソニーのミラーレスは7月31日までに買うと、キャッシュバックしていますよ!ヤマダ電機(2店舗で確認)はしていないみたいなので、ご注意を。

買い物ミラーレス一眼レフカメラIMG_5549-min

投資資金のタネ銭に

また、ボーナスの一部から投資資金にも回しています。

貯金できる金額のうち、20%くらいは投資資金としてプールするようにしています。ホントは、80%くらい回したいくらいですが、リスクを抑えながら、投資していくスタンスです。

突っ込みたくなる(投資したくなる)気持ちが芽生えてしまうので、そこは自制のため、投資資金を大きくし過ぎないようにも調整しています。

積立をしながら投資を続けていくと、将来大きなお金となっていくチャンスを得ることができます。

積立投信 10年3%

セゾン投信ひふみ投信に積立を続けていますが、ほったらかし投資ととっても楽ちんなので続けることができます。

そして、投資環境にもアンテナを貼ることができているので、効用は高いですね。

ひふみ投信は、人気の高い独立系の投信で、資金流入が続いている投信です。

≫ ひふみ投信を見てみる

家電積立貯金にも

ボーナス

今使っている家電も、ところどころガタがきています。

一番早くに調子が悪くなったミラーレス一眼。

洗濯機、冷蔵庫、炊飯器、テレビと大型家電も10年近くになっています。

特に、時短をしたいために、洗濯機の買い替えを考えています。

10万円以上する家電も多いので、今回のボーナスから家電貯金もつくっていきます。

ボーナスは、貯金を加速できるとき。

貯金ばかりじゃつまらないけれど、貯金は大事なのでしっかり貯めたあとに、負い目なく使い切る!ってのがスカッとしていいですね。

あなたの使い道は決まっていますか。

ではでは。

投資信託を始めて、お金が生む資産を作ろう!まずは資料請求から。

≫ ひふみ投信を見てみる

≫ セゾン投信を見てみる